弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

給料

給料の未払いや、昇給の可否など、給料に関するトラブルは様々考えられます。給料トラブルに遭った場合の対処法について、解説記事や具体的な法律相談を通して確認しましょう。

給料に関する法律ガイド

賞与とは:制度について、ボーナスとの違い

賞与とは、決まった期日に支払われる定期給とは別で支払われる付加的な給料です。法律の定めにはないため、支払われなくても違法ではありません。個人...

昇給・昇格とは

昇給とは「処遇が良くなること」です。具体的には定期昇給を指し、就業規則などで保障されている、定期的にもらえる給料が上がります。昇格とは、社内...

給料の未払い分を請求する方法

使用者は労働者に対して労働の対価として給料や賃金を支払います。労働基準法では支払いに関して5つの原則を定めており、違反すると罰則対象となります...

「賃金」とは:「賃金」に含まれるもの・含まれないもの

労働基準法においての「賃金」とは、使用者が労働者に対して「労働の対償」として支払う全てのものを指します。ここでいう「労働の対償」は幅広く解釈...

給与明細とは:項目一覧と読み方

給与明細書には様々な情報が記載されています。会社によって細かい項目は記載がない場合もありますが、主に4つの項目について記載があります。大きく分...

住宅手当とは:制度の内容と金額の相場

住宅手当とは、会社が労働者に住宅費用を補助する目的で支給するものです。福利厚生の一部ですが、住宅手当を設けるか否かは任意です。そのため、支給...

扶養手当とは:制度の内容と金額の相場

扶養手当は家族手当とも呼ばれ、扶養義務のある労働者の生活を考慮した手当です。ただし支給に関して法的義務はないので、全ての会社に扶養手当が存在...

不当と思われる降格人事にどう対処するか

基本的に人事権は使用者(会社)が持っているので、労働者は降格人事を拒否することはできません。ただし、降格人事は使用者が自由に行えるものではな...

正社員なのに昇給がない会社は違法か

労働基準法には、昇給に関する規定はありません。働いている会社の就業規則などに規定がなければ、昇給がなくても法律違反ではないのです。昇給を望む...

通勤手当とは:制度の内容と金額の相場

通勤手当とは、通勤に必要な費用を補助する目的で支払われる給料のうち、交通費の一部です。通勤手当を採用している会社は9割弱と多いですが、法的に義...

給料に関する法律相談

  • 給与振込口座指定について

    労働給料

    とある派遣会社を利用してパチンコ屋で勤務してるのですが、給与振込について質問です。 派遣会社より仮にAという銀行の口座を指定されているのですが、私はBという銀行の口座のみをもだてお...

    1弁護士回答
  • 給料未払いによる損害賠償

    労働給料

    給料の未払いが発生しました。未払いが原因で発生した損害に対して賠償金を請求することはできますか? 具体的に、未払いが原因で、ローンが払えなく金融機関で借りた資金の利子を払っていた...

    2弁護士回答
  • 業務命令で帰宅した場合、賃金は発生するのか?

    労働給料

    業務命令について質問です。 9時出勤に対して8時55分頃に出勤したところ社長より業務命令として帰れと言われました。 さらに、ヒゲが長いという理由により来るな、今日は会社に入って来るな...

    3弁護士回答
  • 離婚調停時の休業保障について

    労働給料歩合制

    離婚調停時に仕事を休まなければならないことについて。 請負業で運送業を勤めています。 離婚調停の申立人は嫁さんで相手方が私になります。 請負業なので福利厚生もありません。 離婚調...

    2弁護士回答
  • 給与未払い請求について

    労働給料

    給与の未払いについてご相談いたします。 現在、会社は辞めていますが辞める前の10か月分の給与(約200万円)が支払われていません。 労働基準監督署にも相談して支払うように言っても...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

給料に関する解決事例

峯岸 孝浩

峯岸 孝浩弁護士

わずか3日間の交渉で,6か月分の給料を獲得した事例

Sさんは真面目な青年であり,仕事も熱心でした。 しかしながら,勤務先では一番年下でした。 ある日,勤務先に社長が親族が1人入社したため,社員が1人余ってしまいました。 なんと社長は,一番年下という理由だけで,Sさんを解雇しました。困り果てたSさんは,当職に相談しました。 当職が解雇無効を争ったところ,交渉開...

浅野 英之

浅野 英之弁護士

アルバイトの給料の未払い分を内容証明郵便によって満額獲得したケース

ご相談者は、ある会社でアルバイトを行なっており、引っ越しを機にアルバイトを辞めたところ、辞めた月のアルバイト代が振り込まれず、未払いのままであるということでした。 もちろん、たとえ辞めた月であったとしても労働分の賃金は正当なものとして払われるべきものです。 しかし、ご相談者がいくら未払い分を催促しても振り...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. トイレに行くたび「殺すぞ」と暴言吐く上司...
  2. 酒席で会社から「解雇宣告」、「言った」「言...
  3. 改正「介護休業法」で取得の要件緩和…働く人...
  4. 「ほっともっと」店長は「名ばかり管理職」…...
  5. 「今日も会えて嬉しい」上司が恋愛感情むき出...
  6. 「会社員前提」の壁、乗り越えるための繋がり...
  7. まるで「道具扱い」、買い叩かれるクラウドワ...