弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

給料

給料の未払いや、昇給の可否など、給料に関するトラブルは様々考えられます。給料トラブルに遭った場合の対処法について、解説記事や具体的な法律相談を通して確認しましょう。

給料に関する法律ガイド

残業代の計算、最低賃金…給与についておさえておくべき法的な基本ルール

普段なにげなく受け取っている会社の給与。給与明細の中身などあまりチェックしないという人もいるでしょう。ですが、最低賃金の目安や残業代の計算の...

「年俸制は残業代なし」はウソ? 年俸制の仕組みと残業代が発生するケース

給料というと「月給制」が一般的ですが、最近では成果主義を背景に「年俸制」を導入している企業も増えてきました。年俸制で働く労働者の中には、一般...

未払い賃金立替え払い制度とは? 制度が利用ができるケースと必要な手続き

残業代を払ってもらえないまま、会社が倒産してしまった…。そんな場合でもあきらめることはありません。会社に代わって国が未払い残業代を払ってくれる...

給料に関する法律相談

  • 残業代未払いの会社からの残業指示について

    労働給料人事評価降格・減給

    月40時間の残業をしております。 残業代を請求しても残業代の支払いはありません。 会社曰く「そんなもの請求するな」「皆請求せずにやっている」「お前の仕事が遅いからだ」というありきた...

    1弁護士回答
  • 何ヶ月も勤務時間より早く帰るように指示されています。

    労働給料時給

    契約社員です。 半年契約、時給1.000円、週5回の勤務で、勤務時間は17時30分から20時30分までの契約なのですが、作業の効率化により、19時45分頃には仕事が終わり、勤務時間よりも早く帰るよ...

    1弁護士回答
  • パート数日退職給料未払

    労働給料

    パート扱いで雇用。 タイムカードなし!残業つかず パワハラ等もあり、このままでは働けないと 四日間勤務して退職 迷惑かけたから給与は要らないでしょ!と その旨の文章作成強要され、意思...

    1弁護士回答
  • 業務委託契約書よりも実際に支払われた報酬額が少なかった場合の解決法

    労働給料

    とある企業とヨガ講師として業務委託契約を結んで就業しました。 その企業の基準で1レッスンあたりの報酬額が講師の満たす条件により数段階に分かれており、 そのランキングを元に契約書を...

    1弁護士回答
  • 罰金刑の分納及び給料の差し押さえ

    労働給料

    無免許運転で二度目の罰金刑で50万の督促状が届き、先日収納担当者に今日の10時に半分納付来週半分を提案されましたが、間に合いません。 会社とは相談中ですが検察担当者に分納または給...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

給料に関する解決事例

藤本 隆英

藤本 隆英弁護士

【給与減額】給与の減額について,会社との話合いで解決した事例

相談者は,勤務先から突然に異動命令を受け,異動後の給与は,従前の3分の2程度に減額されました。減額前の給与をもとに,住宅ローンを組んでいたことから,支払いにも困るようになりました。 一方で,できるならば,現在の勤務先で勤務を継続したいという希望がありました。 弁護士は,受任後,勤務先に連絡して,代表者と協...

浅野 英之

浅野 英之弁護士

アルバイトの給料の未払い分を内容証明郵便によって満額獲得したケース

ご相談者は、ある会社でアルバイトを行なっており、引っ越しを機にアルバイトを辞めたところ、辞めた月のアルバイト代が振り込まれず、未払いのままであるということでした。 もちろん、たとえ辞めた月であったとしても労働分の賃金は正当なものとして払われるべきものです。 しかし、ご相談者がいくら未払い分を催促しても振り...

峯岸 孝浩

峯岸 孝浩弁護士

わずか3日間の交渉で,6か月分の給料を獲得した事例

Sさんは真面目な青年であり,仕事も熱心でした。 しかしながら,勤務先では一番年下でした。 ある日,勤務先に社長が親族が1人入社したため,社員が1人余ってしまいました。 なんと社長は,一番年下という理由だけで,Sさんを解雇しました。困り果てたSさんは,当職に相談しました。 当職が解雇無効を争ったところ,交渉開...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. レッスン料天引きで報酬ゼロ、事務所やめられ...
  2. 「うろちょろするな!」同僚を怒鳴り、退職に...
  3. 「殺すぞ」上司からの連続的なパワハラで自殺...
  4. 発売前のiPhoneXを従業員の娘がYoutubeに公開...
  5. ブラック企業だけど…入社3日で3人が「集団バ...
  6. 「ポイント乞食」大量購入で数十万円分ゲット...
  7. NHK受信料の合憲性、最高裁で弁論「契約の自...