時給

雇用主が最低賃金を満たさない時給で働かせることは違法です。また不当な時給の引き下げや昇給があれば、当初の労働契約を確認しましょう。ここでは時給に関するトラブル対処法についてまとめています。

時給に関する法律相談

  • 最低賃金は守られているが、時給が安すぎる場合の交渉について

    知り合いから依頼をうけて、その知り合いの会社で勤務する事になりました。しかし、時給が、無資格の新卒と同じ額だとわかりました。国家資格所有で、その会社にも在籍する事で顧客への信頼...

    1弁護士回答
  • 業務委託契約破棄と支払いに関するトラブルについて

    資料作成代行を行う合同会社と業務委託契約を結び、業務を行いました。 報酬は時間給での計算とし、業務開始から2週間は試用期間を設けられ時給1,800円とされ、 それ以降は2,000円に上がると...

    1弁護士回答
  • 契約更新時の時給は次回更新まで有効ですか

    10月から最低賃金が上がります 契約社員として、9月に契約更新を行った 時の時給は最低賃金以下でした 10月からの時給は契約更新した時の時給なのでしょうか? もし上がらなければ、会社とし...

    1弁護士回答
  • 契約時間の変更は可能でしょうか?

    9時~18時の契約時間、休憩は70分ひかれます。 フルタイムパートとして働いていますが、半年ごと契約更新です。 10月からの契約更新において会社側からアンケート用紙が配られ契約内容の変更...

    1弁護士回答
  • 工場での受注減による給与補償について

    契約社員(時給)求人とは違う給与になった場合の質問です。 時給自体は変わっていませんが、請負のため取引先からの受注が減ったとの理由で勤務先の工場では毎日、雇用契約書の勤務時間よりも...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す