弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

時給

雇用主が最低賃金を満たさない時給で働かせることは違法です。また不当な時給の引き下げや昇給があれば、当初の労働契約を確認しましょう。ここでは時給に関するトラブル対処法についてまとめています。

時給に関する法律ガイド

時給とは:制度の内容と休憩時間の条件

給料を「一時間につきいくら」と定められている制度のことを、時間給制といいます。一般的には時給制とよばれ、アルバイトの報酬体系としては最も一般...

時給に関する法律相談

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

時給に関する解決事例

今浦 啓

今浦 啓弁護士

労働審判の活用で、未払い賃金の問題を早期解決しました。

1 ご相談内容 退職したアルバイト先から、2か月分の給料が支払われていない。 会社の言い分は、「勤務時間のうち一定の時間仕事をしていなかったから、仕事していなかった時間分の時間給を差し引くと、合計がちょうど2か月分となるからだ。」という。 労基署に相談に行っても、労基署が十分に対応してくれない。 自分が会社に...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「5回も退職勧奨」日立製作所の男性管理職が...
  2. 「お前の都合なんか知らん」子どもが生まれる...
  3. ファミマ過労死訴訟和解…コンビニFC本部は加...
  4. つわりで吐いても先輩女性からは「根性論」…...
  5. 2017年から「マタハラ防止措置」事業主に義務...
  6. 年末年始の休み希望出したら上司ブチ切れ…バ...
  7. 月100時間超の残業で「うつ病」、解雇された...