弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

時給

雇用主が最低賃金を満たさない時給で働かせることは違法です。また不当な時給の引き下げや昇給があれば、当初の労働契約を確認しましょう。ここでは時給に関するトラブル対処法についてまとめています。

時給に関する法律ガイド

時給とは:制度の内容と休憩時間の条件

給料を「一時間につきいくら」と定められている制度のことを、時間給制といいます。一般的には時給制とよばれ、アルバイトの報酬体系としては最も一般...

時給に関する法律相談

  • 月給の時間給換算について

    労働給料時給

    現在、勤務している会社と時給の計算方法について意見が食い違っているので確認です。 私は夜間専任として週4日勤務しています。一日の実働時間は9時間です。 法定労働時間の8時間で計算をし...

    2弁護士回答
  • 給料明細について時給が載ってない

    労働給料時給

    明細書に時給が書いてません これって違法ですか? 会社に書かせる方法ありますか? 会社に言っても載せてくれません

    1弁護士回答
  • 賃金の差額請求について質問

    労働給料時給

    アルバイトで給与を得たのですが、支給された給与に実際に勤務した時間と計算時間が合わず年間10万ほど金額が合いません。内容証明で請求したいのです。 そこで質問です。 1.計算方法は、...

    1弁護士回答
  • 時給 労働時間の切り捨てについて。

    労働給料時給

    パートで働いています。 時給の管理はタイムカード制であり、給与の加算は30分区切りです。 例えば、15時55分入室~20時53分退勤だと 16時から20時30分の4.5時間勤務したことになり 23分...

    2弁護士回答
  • アルバイトをすぐ辞めた時の給料支払について

    労働給料時給

    アルバイト先が雇用契約書と振込口座を教えると言ってるのに拒否してきます。求人募集では高時給をうたっていますが研修期間と同じ時給を1年以上もらってる人もいます。 どんどん人が辞めて...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

時給に関する解決事例

今浦 啓

今浦 啓弁護士

労働審判の活用で、未払い賃金の問題を早期解決しました。

1 ご相談内容 退職したアルバイト先から、2か月分の給料が支払われていない。 会社の言い分は、「勤務時間のうち一定の時間仕事をしていなかったから、仕事していなかった時間分の時間給を差し引くと、合計がちょうど2か月分となるからだ。」という。 労基署に相談に行っても、労基署が十分に対応してくれない。 自分が会社に...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. トイレに行くたび「殺すぞ」と暴言吐く上司...
  2. 酒席で会社から「解雇宣告」、「言った」「言...
  3. 改正「介護休業法」で取得の要件緩和…働く人...
  4. 「ほっともっと」店長は「名ばかり管理職」…...
  5. 「今日も会えて嬉しい」上司が恋愛感情むき出...
  6. 「会社員前提」の壁、乗り越えるための繋がり...
  7. まるで「道具扱い」、買い叩かれるクラウドワ...