最低賃金

最低賃金は全ての労働者の賃金に適用され、最低賃金を下回っている場合、労働者は使用者に不足分を請求できます。ここでは最低賃金に関するトラブルや対処法についてまとめています。

最低賃金に関する法律相談

  • 労働基準法 最低賃金

    【相談の背景】 学校法人関係者です。オープンキャンパスの際、学生に手伝ってもらっているのですが、1日3,000円(8時間くらい)をバイト代として支給しています。時間換算すると最低賃金を...

    1弁護士回答
  • 生活保護受給について

    【相談の背景】 生活保護受給者です。 色々あって仕事を辞めて生活最低賃金を下回る事を生活福祉課の担当に伝え支給してもらうようお願いしたのですが振り込んでくれる様子がありません。 ...

    1弁護士回答
  • ゲームの大会の人件費について

    【相談の背景】 100人規模でゲームの大会を開催しようと考えています。 1000円から1500円の参加費を徴収し、会場費、機材の購入費、スタッフの人件費(最低賃金換算)に充てたいと考えてい...

    1弁護士回答
  • 退職した会社の給料について

    【相談の背景】 正社員として勤務していた会社を5月上旬に退職しました。勤務日数は4日間です。末締め翌月20日払いでしたので、本日5月分が振込まれたのですが、金額が1万もありませんでし...

    1弁護士回答
  • 派遣の当日待機業務の給料の考え方

    【相談の背景】 神奈川県で登録型単発派遣をしています。給料は全て時給制です。 本題ですが 突然の欠員補助のため「自宅待機業務」というものに割り当てられることがあります。 自...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識