弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

ハラスメント

「ハラスメント」とは様々な場面で考えられる、嫌がらせ・いじめを指します。セクハラ・パワハラ・マタハラなど定義される言葉は増え続けています。ここではハラスメントの定義について確認しましょう。

ハラスメントに関する法律ガイド

どこからが「パワハラ」?基準と相談先、対処法まとめ

「上下関係が絶対的」「休日や深夜でも業務連絡がある」……そんな状況が普通だと思って働いていませんか?もしかしたら、それは「パワハラ」なのかもし...

パワハラをやめさせるには?正しい知識と対処法

検索結果に表示される要約文。全角120文字前後仕事で正当な評価をされず、身体・精神にも影響を及ぼしかねないパワハラ(パワーハラスメント)。事案の...

これってパワハラ?事例別に見るパワハラ行為のポイント解説

上司の指導が行き過ぎると精神的にも身体的にも相手を追い詰め、職場の環境を悪化させてしまうだけ。業務上の指導とパワハラの違いはどこで線引きされ...

パワハラかも?と思ったら。相談窓口一覧

パワハラを受けてしまったら、誰に相談したらよいでしょうか?会社内に相談窓口を設けている企業も多数ありますが、小さな職場では相談自体がためらわ...

どこからが「パワハラ」? パワハラセルフチェックリスト

パワハラとは、職権などの優位性を背景に、本来の業務範囲を超えたところで他人に不快感を与える行為です。人格や尊厳を侵害する言動や行動が、仕事の...

パワハラの相手に立ち向かう:タイプ別の対策・対処法

パワハラには大きく分けて六つの種別が存在します。実際は職場環境や上司などの性格により、ケースバイケースがほとんどですが、自分の職場で起こって...

マタハラ(マタニティハラスメント)とは

マタハラ(マタニティハラスメント)とは、妊娠、出産、育児休暇の取得などを理由として、解雇、雇い止め、降格などの不利益な取り扱いを行うことです...

パワハラを訴える:過去の裁判から学ぶパワハラの裁判例

相手の尊厳を攻撃するパワハラは、悪質な例では命を落とす人までいます。早期に司法判断を仰いで、被害を最小限に食い止めたいものです。また、裁判例...

パワハラを受けて退職へ:失業給付金にも影響を及ぼす退職時の注意点

パワハラ被害を認めてもらったものの、結局は職場に居づらくなり、退職の道を選ぶこともあるかもしれません。そういう場合は、前を向いて進むことも大...

パワハラで訴えるには?訴訟の準備と裁判にかかる費用について

検索結果に表示される要約文。全角120文字前後パワハラ問題を当事者間で解決できない時は、訴訟で解決を図ることが必要な場合もあります。時間と費用を...

ハラスメントに関する法律相談

  • 職場内でのヒアリングすることはパワハラか?

    労働ハラスメントパワハラ

    これがパワハラに当たるか? 職場内において、A社員がB社員に対してC社員のことを性的な事も含めて誹謗中傷していることを知りました。 そのため、 社長とC社員は、B社員に対して具体的に...

    2弁護士回答
  • パワハラメールを証拠に上司を異動させる方法ある?

    労働ハラスメントパワハラ

    上司からのパワハラメールを証拠に、上司を異動又は退職に追い込む手順や方法にていて教えてください。 パワハラメール内容は、死ねとかゴミとかそんな類のテキストで、CCに他の上司や部下も...

    2弁護士回答
  • パートが社員をパワハラ告訴できるのか?

    労働ハラスメント

    私の知り合いのはなしです。 彼女はパートで1年近く働いています 入社して1ヶ月頃から社員からイジメにあっていると相談され、 実態がわからないのでボイスレコーダーで録音して聞かせてほし...

    2弁護士回答
  • パワハラによる健康障害について

    労働ハラスメント職場いじめ

    会社の先輩からのパワハラによるストレスで、気管支炎を患い、その後初期の脳梗塞が見つかりました。 それぞれ、過度なストレスが原因ではないかと、医師には言われています。 パワハラは、...

    2弁護士回答
  • 嫌がらせを個人を訴える事について

    労働ハラスメント職場いじめ

    職場で嫌がらせを受けています。 同僚や直接な上長から執拗な嫌がらせを受け、3ヶ月で約40キロ体重が減少しました。 それでも嫌がらせはエスカレートしたため、 やむなく休職となりました。 ...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

ハラスメントの中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「5回も退職勧奨」日立製作所の男性管理職が...
  2. 「お前の都合なんか知らん」子どもが生まれる...
  3. ファミマ過労死訴訟和解…コンビニFC本部は加...
  4. つわりで吐いても先輩女性からは「根性論」…...
  5. 2017年から「マタハラ防止措置」事業主に義務...
  6. 年末年始の休み希望出したら上司ブチ切れ…バ...
  7. 月100時間超の残業で「うつ病」、解雇された...