弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

労働時間

「労働時間」とは、労働基準法上では休憩時間を除いた実労働時間を指します。労働時間の計算方法や適正な労働時間など、基礎知識について解説記事や具体的な法律相談を通してまとめています。

労働時間に関する法律ガイド

労働時間あたりの休憩時間の原則

一定時間を超えた長時間労働をする場合、労働者は休憩時間を得る権利があります。使用者は、途中付与、一斉付与、自由利用の三原則を守ったうえで、労...

法定労働時間とは

使用者は原則として、「1日に8時間、1週間に40時間」を超えて労働者に労働させてはいけません。ただし、36協定を結んだり、変形労働時間制や裁量労働制...

36協定とは:制度内容と締結に係る要件

通称サブロク協定と呼ばれる36協定は、残業時間に関する労使間の取り決めのことです。労働者を法定労働時間(1日8時間1週40時間)を超えて労働させる場...

出張手当(出張日当)とは:金額の相場

出張手当(出張日当)は、出張の際に支給される宿泊費や交通費以外にかかる食事や雑費などに当てられます。本来の職場外へ出向く負担に対する補助の意...

1年単位の変形労働時間制とは

1年単位の変形労働時間制を導入すると、労働基準法で定められた「1週40時間、1日8時間」のルールを超えて所定労働時間を設定できます。労使協定の締結...

欠勤の扱い

会社に出勤しない日があっても、全ての日が「欠勤」に該当するわけではありません。欠勤は、就業規則などで認められた休暇の権利を取得せずに休むこと...

無断欠勤を続けると解雇される?

連絡をせずに欠勤する無断欠勤はもちろんのこと、欠勤自体あまり印象のよいものではありません。ただし数日間無断欠勤をしたとしても、即解雇されるわ...

裁量労働制とは:制度とメリット・デメリット

裁量労働制とは、正確には「裁量労働みなし労働時間制」のことです。労働時間を、実労働時間ではなく「みなし時間」で計算します。労働基準法で定めら...

1か月単位の変形労働時間制とは

1か月単位の変形労働時間制を導入すると、労働基準法で定められた「1週40時間、1日8時間」のルールを超えて所定労働時間を設定できます。労使協定の締...

フレックスタイム制とは:メリット・デメリット

フレックスタイム制とは、労働者が出退勤時刻と1日の労働時間を自由に決定できる制度です。そのため「始業から必ず8時間労働すること」などの出退勤時...

労働時間に関する法律相談

  • 有給休暇と残業代についての質問です。

    労働労働時間勤怠欠勤

    私は、法人として登録していない個人事業主の店で働いています。休日は、お盆、年末年始、月曜の定休日のみ。正社員で保険は社保です。月曜が定休日の為、子供と休みが合わないので、月1回、...

    1弁護士回答
  • 36協定について教えてください。休憩時間残業など。

    労働労働時間36協定

    36協定について教えてください。 9時から19時、休憩2時間という約束で就職しました。契約書はもらってません。 しかし、入社してみると、8時半には来るようにいわれ、お昼休みも2時間とれ...

    3弁護士回答
  • 出張に関する法律について。

    労働労働時間出張

    出張に行ってくれと言われました。 僕は家の事情とかもあるので1ヶ月しか行けれません。それ以上伸びてしまうと無理です。と伝えました。向こうはわかった。と旅になるぞと出張大丈夫か?っ...

    3弁護士回答
  • 立退きに掛かる費用負担分についての相談です

    労働労働時間勤怠欠勤

    低学年の女児を養育しているひとり親家庭です。 築40年以上の木造アパートに8年半住んでいます(通路とベランダは若干傾いて倒壊の恐れありです) 不動産屋も知らされておらず、昨年末にいきな...

    1弁護士回答
  • 付き合い残業の強要と有休を取得させない上司について

    労働労働時間勤怠遅刻

    上司から付き合い残業をさせられています。 また、有休取得をあからさまに嫌がられます。 当方、管理職のため残業代はないのですが、上司はなかなか帰してくれません。 上司の仕事が終わる...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

労働時間に関する解決事例

大平 雄介

大平 雄介弁護士

会社の違法な時間外労働・解雇処分・パワーハラスメントを徹底糾弾!!

管理職の女性からの相談。 会社は,女性が管理職であることを理由として残業代を全く支給しないばかりか,就業規則の規定に反して試用期間の延長を繰り返し,遂には女性を解雇処分とした事例。 解雇処分後,直ちに地位確認・割増賃金請求・パワーハラスメントに対する損害賠償請求訴訟を提起。 会社の違法行為を徹底的に糾弾し,女性を復...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 酒席で会社から「解雇宣告」、「言った」「言...
  2. 改正「介護休業法」で取得の要件緩和…働く人...
  3. 「ほっともっと」店長は「名ばかり管理職」…...
  4. 「今日も会えて嬉しい」上司が恋愛感情むき出...
  5. 「会社員前提」の壁、乗り越えるための繋がり...
  6. まるで「道具扱い」、買い叩かれるクラウドワ...
  7. 「会社勤めはイヤ」自由な働き方の裏側にある...