弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

退職

使用者からの退職推奨や引き止め、退職金のトラブルなど、退職に関するトラブル対処法をまとめました。ここでは解説記事や具体的な法律相談を通して紹介します。

退職に関する法律ガイド

退職金はいくらもらえる?相場はどれくらい?

退職金制度とは、従業員が会社を退職する時に手当を支給する制度のことをいいます。退職金の給付額は、会社ごとによって異なりますし、学歴、勤続年数...

退職金制度の種類と対象者および支給条件について

退職金制度は法律で設置を義務付けられている制度ではなく、最近では退職金制度がない、あるいは従来の退職金制度を見直す企業が増加傾向にあります。...

退職時の有給消化をめぐるトラブルに巻き込まれたら

退職する時に、有給休暇の消費をめぐってトラブルになる場合があります。このようなトラブルを防ぐためには、充分な余裕を持って会社に退職届を提出し...

郵送で退職届を提出する場合の注意点

退職届は手渡しが基本ですが、入院や病気など、やむをえない理由がある場合には、郵送で退職届を提出することもできます。その場合は、添え状を同封し...

退職後も競業避止義務を負うのか

競業避止義務とは、労働者は在職する企業と競合する会社・組織に就職したり、競合する会社を自ら設立したりするなどの競業行為を行ってはならないとい...

離職票を発行してもらう手順と注意点

失業保険をもらうには、さまざまな手続きが必要となりますが、その際に最も重要なのが、離職票(雇用保険被保険者離職票)です。離職票は、「雇用保険...

自己都合退職でも、失業保険をすぐもらう方法

失業保険(失業給付、求職者給付)とは、退職して次の職場を見つけるまでの生活を救済することを目的とした保険制度です。自己都合退職の場合、3カ月間...

退職届の書き方と提出時期:"退職届"と"退職願"の違いとは?

退職届とは、退職の意思を表明するための書類です。退職する際には、まず退職したいという意思を上司に伝えることが大切です。また、退職届は退職予定...

退職の手続きを行うために必要となる書類や手続き

退職の手続きをスムーズに行うためには、必要となる書類や手続き、退職までかかる期間などについて、しっかりと確認しておくことが必要です。会社から...

会社都合で退職する時の注意点

退職届に記載する退職理由は、通常「一身上の都合」と記載します。しかし、会社都合で退職する場合には、「一身上の都合」と記載するべきではありませ...

退職に関する法律相談

  • 退職時の書類返還 一部 破棄してしまった場合

    労働退職誓約書秘密保持契約

    いつも大変お世話になってます。 アドバイスを頂きたく投稿させていただきました この度 クリニックを退職となる医師ですが、 入職時に秘密保持契約書に全ての秘密情報資料について 相手方の...

    1弁護士回答
  • 退職時職場から電話来たら

    労働退職退職届・退職願

    出社拒否について。 今の職場を退職する為弁護士に依頼し、退職の件での内容通知(有給休暇の件も含む)を郵送してもらいます。 そこで次の日から出社拒否しようと思うんですが、 1 退職届出し...

    1弁護士回答
  • 労働審判請求について

    労働退職期間

    「期限の定めの無い契約」の労働条件通知書が有りながら、期間満了、退職扱いされた場合 労働審判の申立書は「地位確認等の請求」で「賃金の請求」「雇止め無効」 で良いのでしょうか? 求め...

    1弁護士回答
  • 退職時の誓約書について

    労働退職誓約書

    退職時に、退職後の一年間同業種に就職しない誓約文に署名を求められました。 こちら、企業が退職者に法的に強制することができる書類なのでしょうか。

    1弁護士回答
  • 秘密保持及び競業避止義務に関する誓約書を拒否したい。

    労働退職誓約書競業避止義務

    雇われ社長として2年勤務していましたが今回退職する事になりました。実際は、社長オーナーの別会社の社員として給料をもらっていました。給料には、雇用保険が引かれています。退職するにあ...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

退職に関する解決事例

和氣 良浩

和氣 良浩弁護士

【労災事故】当初の示談を無効にして30倍の賠償金を獲得した事例

 工場でバルブを製造する仕事に就いていました。バルブを吊り上げようとクレーンを捜査したところ,クレーンの吊り具に不具合があったため,バルブが落下して右足関節骨折の傷害を負いました。1年以上治療を続けましたが,右足関節が半分も曲がらず後遺障害10級の認定を受けました。治療が終了したこともあり会社に復帰しようとしたと...

岡本 直也

岡本 直也弁護士

元従業員による営業秘密漏洩問題

退職した従業員が営業秘密を持ち出した。営業秘密をライバル企業に持ち込んだようである。何とかできないか。 弁護士が会社を訪問して大量の社内資料を整理したり、パソコンのデータを復旧するなどして不正競争防止法に規定されている「営業秘密」に該当させるための資料を収集した。その上で、刑事告...

山川 典孝

山川 典孝弁護士

交渉により残業代300万円を支払ってもらってケース

退職後、本人自身で残業代の請求をしていたが進展がなく、代理人に依頼することとした。こちらの計算では600万円ほどの残業代になったが、早期解決を図るということで300万円で和解した(交渉での和解)。裁判を起こせばある程度の金額は取得できる見込みがありましたが、本人がそこまでは望まないということで交渉で解決しました。

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. うつ病から復帰後、昇進の打診…「ストレス、...
  2. 社長が同僚に「お前は赤ちゃん以下」と罵声…...
  3. 「社会保険料が高くなるから、春に残業するな...
  4. 実績、選考状況の嘘…就活で経歴「盛る」学生…...
  5. ほっともっと店長「名ばかり管理職」訴訟、静...
  6. 残業、月100時間未満「過労死なくならない」...
  7. 部下を慰めるため「頭ポンポン」したらセクハ...