弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

歩合制

実力・成果主義の会社では、歩合制の場合もあります。ただし「完全歩合制」でも、最低賃金の基準を満たしていないと違法となりますので注意が必要です。歩合制のトラブル対処法について紹介します。

歩合制に関する法律ガイド

歩合制とは:完全歩合制との違い

歩合制とは、成績や業績に関わらず必ず得られる(固定の給料)基本給と、個人の出来高や業績に応じて支給される(変動する給料)歩合給を合わせた給料...

歩合制に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

歩合制に関する解決事例

鳥居 孝充

鳥居 孝充弁護士

「赤字だから」という理由で給料を支払わなかった会社から労働審判により相当額の解決金を勝ち取った事例

ご相談者(ある小規模企業の労働者)は、新規部門の立ち上げを任され、社長からは「固定給部分のほか、売上げに応じた歩合給を支払う」という約束をしてもらったのですが、しばらく赤字の期間が続いたことから、社長が前言を翻し、「部門の粗利が経費を下回っているので、歩合給部分は支払えない」と述べて歩合給を払わず、さらに、固...

小出 康夫

小出 康夫弁護士

労働審判での労働者有利の審判を、一般訴訟事件に持ち込んで会社側有利に逆転させた事例

勤務態度が悪く、他の従業員からも嫌がられている営業職従業員から、歩合の手当の支払い及び慰謝料の支払いを求められ、労働審判を起こされた会社から相談を受けた。 労働審判の代理人を依頼された。会社の担当者等から事情を聞くと、労働審判を申し立てた営業職従業員は、職場の機密をライバル会社に漏らしたり、会社の備品を勝手に...

金子 直樹

金子 直樹弁護士

【不当解雇・残業代】強制執行を逃れた会社名義の変更を許さず、残業代・付加金、解雇無効に伴う賃金を全額回収した事案

 相談者は、運送業を営む会社に勤めていましたが、言動が乱暴であるなどとして、一方的に解雇されました。  話を聞くと、残業代もまったく支払われていないようでした。 この案件を引き受けてから、労働審判を起こしましたが、相手方が異議を申し立てたため、通常の裁判に移行しました。  裁判で会社側は、解雇は有効であり、残...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「痴漢」で逮捕されたことが会社にバレて、配...
  2. 介護保険法改正で自己負担が2割から3割に…背...
  3. うつ病から復帰後、昇進の打診…「ストレス、...
  4. 社長が同僚に「お前は赤ちゃん以下」と罵声…...
  5. 「社会保険料が高くなるから、春に残業するな...
  6. 実績、選考状況の嘘…就活で経歴「盛る」学生…...
  7. ほっともっと店長「名ばかり管理職」訴訟、静...