歩合制

実力・成果主義の会社では、歩合制の場合もあります。ただし「完全歩合制」でも、最低賃金の基準を満たしていないと違法となりますので注意が必要です。歩合制のトラブル対処法について紹介します。

歩合制に関する法律相談

  • 個人事業主契約による報酬の支払い延滞の責任請求について

    配達員として個人事業主契約を結んでいます。 2019年10月初めに、支払われるべき追加報酬が、期日までに支払いが出来ないことが判明したのですが、それに対しての責任は取れないとのこと回答...

    1弁護士回答
  • 給与未払い、完全歩合給、パワハラについて

    彼氏が勤めてる会社の事で。 彼は完全歩合給の営業職をしています。日曜以外、毎日8時間以上は勤務しています。 タイムカードは切る時と切らない時ばらつきはあります。 経費は自腹で、歩合...

    1弁護士回答
  • 完全歩合の賃金の歩合の詳細がわからないままでも未払金は回収できますか?

    トラックドライバーです。 歩合制で運賃の40%が給料ということで入社し、5年ほど経過しております。 しかし、給料明細には合計の支給金額のみが記載されており詳細の運賃がわかりません...

    1弁護士回答
  • 7月より給与未払い発生中

    個人事業主扱いの配送業です。 7月計算ぶんからの売上金(社員、従業員の給与に相当)が給与口座に振り込まれていません。 一部の同じような仲間も、一部で遅延が発生していると聞いていま...

    1弁護士回答
  • 顧客の横取りをされ、給与を取り返したい

    営業をしている者です。 成績に応じて歩合給がつきます。 社内のルールで、ある人から契約をいただいた場合、その担当者がまだ在籍している場合 顧客からの申し出がない限り他の人は当たって...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す