弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

人事異動

人事異動のタイミングが突然であったり、減給が伴う場合は拒否したいと思うのが心情でしょう。ここでは人事異動に関するトラブル対処法を中心に、解説記事や具体的な法律相談を通してまとめています。

人事異動に関する法律ガイド

出向とは。給料や就業規則は出向先と出向元、どちらのルール?

出向とは配置転換や転勤とは異なり、企業間の異動です。元の会社との雇用関係を維持したまま異動するため、出向元と出向先との契約内容が重要となりま...

転籍とは?:出向との違い、給料、就業規則はどうなるのか

転籍と出向は、転籍出向と在籍出向のことであり、両者は全く異なる内容です。転籍の場合は現在の会社との雇用関係が終了してしまいますが、出向の場合...

転勤を拒否できるケースとは。拒否すると会社都合退職になるのか

いざ会社から転勤を命じられると、想定していた場合であっても「拒否できないかな…」と思う場合もあるでしょう。家を購入したばかりであったり、子ども...

出向と派遣の違い。労働契約と指揮命令関係のルール

出向も派遣も、本来労働契約を結んだところと別の職場で働いているという状況は同じです。ただし両者には明確な違いがあり、労働契約や指揮命令権に関...

在籍出向と転籍出向の違い。在籍出向のメリット・デメリットとは

在籍出向と転籍出向では、労働契約や働き方が全く異なります。在籍出向では元の会社(出向元)との契約が継続したままなのに対し、転籍出向では契約が...

転籍が拒否できるケースとは。解雇される可能性はあるのか

就業規則などの規定に転籍についての規定があったとしても、労働者は望まない転籍を拒否する権利があります。出向の場合は拒否できないケースもありま...

出向を拒否できるケースとは。出向を拒否して懲戒処分になったら

出向命令には必ず従わなければならない訳ではなく、事情がある場合や不当な場合は拒否できるケースもあります。また、出向を拒否して退職に至った場合...

不当な配置転換を拒否できるのか。退職となった場合は会社都合?

特に正社員の場合は配置転換がある可能性が高いですが、認識しているとはいえ実際に通達されると「不当な扱いなのではないか」と思うケースもあるでし...

人事異動に関する法律相談

  • 適応障害と勤務体系について

    労働人事異動転勤

    5年程前にパワハラを受け修正し職場復帰をしました。しかしまた後輩が上司になり適応障害を発症。 別の上司の好意により全てのストレスを無くし職場も移動させてもらいましたが仕事の成果が...

    1弁護士回答
  • 退職勧奨に時効はあるか

    労働人事異動

    社会福祉法人に勤める30歳の介護職(男)です。 離職票の提出に関する質問です。 使用者から退職勧奨を受けました。 2015年3月30日に、「女性職員に夜中に無言電話をしている」と濡れ衣を着せ...

    1弁護士回答
  • 転勤時の家賃負担について

    労働人事異動転勤

    状況: 私を含め、3人会社から転勤を命じられました。 転勤場所は3人とも同じです。 私以外の2人は会社が家賃を全額負担しています。 私だけは4割会社負担、6割自分負担です。 何故私だけ家賃...

    1弁護士回答
  • バス回数券の払い戻し期限超過(約4か月)を不承知の場合、払い戻しは出来るのでしょうか?

    労働人事異動出向

     昨年秋にバスを利用し回数券で降りようとしたら、運転手は、回数券を使えないので換金して欲しいが、今回はこの回数券を使って構わないとのことで、その場は済みました。  約5,000円分の...

    1弁護士回答
  • 会社の配置転換について

    労働人事異動配置転換

    会社の配置転換について 運送業で配車先が変わることは配置転換になるのでしょうか? 荷物の配達現場が千葉県だったところ,来年からは荷物の配達現場が東京になる場合です. いずれの場合...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

人事異動に関する解決事例

彌田 晋介

彌田 晋介弁護士

不当な異動命令の無効を争う!

会社において、自らには何も非が無く、上司の対応について、苦情を申し立てたところ、上司では無く、自身が他部署への異動を命令された。本人は、他部署で働くには、困難な状況にあり、元の部署に戻りたい気持ちもあったが、このまま同じ会社に残っても、人間関係がこじれてしまっており、事実上、仕事が出来ず、退社せざるを得ないこ...

人事異動の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「5回も退職勧奨」日立製作所の男性管理職が...
  2. 「お前の都合なんか知らん」子どもが生まれる...
  3. ファミマ過労死訴訟和解…コンビニFC本部は加...
  4. つわりで吐いても先輩女性からは「根性論」…...
  5. 2017年から「マタハラ防止措置」事業主に義務...
  6. 年末年始の休み希望出したら上司ブチ切れ…バ...
  7. 月100時間超の残業で「うつ病」、解雇された...