弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

人事異動

人事異動のタイミングが突然であったり、減給が伴う場合は拒否したいと思うのが心情でしょう。ここでは人事異動に関するトラブル対処法を中心に、解説記事や具体的な法律相談を通してまとめています。

人事異動に関する法律ガイド

出向とは。給料や就業規則は出向先と出向元、どちらのルール?

出向とは配置転換や転勤とは異なり、企業間の異動です。元の会社との雇用関係を維持したまま異動するため、出向元と出向先との契約内容が重要となりま...

転籍とは?:出向との違い、給料、就業規則はどうなるのか

転籍と出向は、転籍出向と在籍出向のことであり、両者は全く異なる内容です。転籍の場合は現在の会社との雇用関係が終了してしまいますが、出向の場合...

転勤を拒否できるケースとは。拒否すると会社都合退職になるのか

いざ会社から転勤を命じられると、想定していた場合であっても「拒否できないかな…」と思う場合もあるでしょう。家を購入したばかりであったり、子ども...

出向と派遣の違い。労働契約と指揮命令関係のルール

出向も派遣も、本来労働契約を結んだところと別の職場で働いているという状況は同じです。ただし両者には明確な違いがあり、労働契約や指揮命令権に関...

在籍出向と転籍出向の違い。在籍出向のメリット・デメリットとは

在籍出向と転籍出向では、労働契約や働き方が全く異なります。在籍出向では元の会社(出向元)との契約が継続したままなのに対し、転籍出向では契約が...

転籍が拒否できるケースとは。解雇される可能性はあるのか

就業規則などの規定に転籍についての規定があったとしても、労働者は望まない転籍を拒否する権利があります。出向の場合は拒否できないケースもありま...

出向を拒否できるケースとは。出向を拒否して懲戒処分になったら

出向命令には必ず従わなければならない訳ではなく、事情がある場合や不当な場合は拒否できるケースもあります。また、出向を拒否して退職に至った場合...

不当な配置転換を拒否できるのか。退職となった場合は会社都合?

特に正社員の場合は配置転換がある可能性が高いですが、認識しているとはいえ実際に通達されると「不当な扱いなのではないか」と思うケースもあるでし...

人事異動に関する法律相談

  • 人事異動の内示を断りたいですが可能でしょうか

    労働人事異動

    異動の内示をされました。 外部資金をとった個人持ちの仕事があり、異動先で続けることは難しいです。管理職には、個人的努力で個人持ちの仕事を遂行するよういわれました。異動の理由が、夫...

    1弁護士回答
  • 自己破産と出向の注意点について

    労働人事異動出向

    現在、コンサルティング会社へ勤務しております。会社の制度として、金融機関へ出向する制度があります。 私は、自己破産手続き中なのですが、手続き中と、手続き後であれば、どちらの段階で...

    1弁護士回答
  • 事業譲渡に伴う大幅減給は法律的にOKですか?

    労働人事異動転籍

    事業譲渡時に大幅な減給を強要されています。 事業譲渡後に部署の責任者ではなくなるという理由で現在60万(うち役職給10万)を40万にという話で、飲めなければ辞めてもらうしか無い、という...

    1弁護士回答
  • 賃貸契約(重要事項説明)後の契約取り消しに関して

    労働人事異動転勤

    東京に転勤のため、 福岡から東京へと賃貸マンションを探しに行きました。 賃貸マンションの契約時に際し、 仲介業者(M社)を通し、物件Aに対し、 ・「申し込み」「重要事項説明書」の記載...

    2弁護士回答
  • 不当と思われる異動に関しまして

    労働人事異動

    現在デスク業務で勤務をしている40代の女性です。 今度の4月より6年間のアルバイト雇用から契約社員として同業務を行う予定で話が進んでいたのですが、契約社員になるにあたり上司を通じて突...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

人事異動に関する解決事例

彌田 晋介

彌田 晋介弁護士

不当な異動命令の無効を争う!

会社において、自らには何も非が無く、上司の対応について、苦情を申し立てたところ、上司では無く、自身が他部署への異動を命令された。本人は、他部署で働くには、困難な状況にあり、元の部署に戻りたい気持ちもあったが、このまま同じ会社に残っても、人間関係がこじれてしまっており、事実上、仕事が出来ず、退社せざるを得ないこ...

人事異動の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 恋人の有無、結婚予定、家族の職業・・・採用...
  2. WOWOW「6歳子役」を未明まで働かせ謝罪、「働...
  3. 「有休消化して退職したい」→上司「前例ない...
  4. 昼休み中に電話番、来客対応を強制…その分の...
  5. 春から新社会人のはずが、まさかの「留年決定...
  6. 社会保険逃れ? 雇用主変更、6年半で67回も…...
  7. 新人女性教員自殺、高裁も「公務に起因」認定...