弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

人事評価

人事評価は企業の従業員に対する評価で、賞与額の決定にも影響します。不当な評価を受けた場合、意義を唱えたい、訂正したいと思うのは当然の心情です。人事評価のトラブルに関する対処法を紹介します。

人事評価に関する法律ガイド

昇給・昇格とは

昇給とは「処遇が良くなること」です。具体的には定期昇給を指し、就業規則などで保障されている、定期的にもらえる給料が上がります。昇格とは、社内...

不当と思われる降格人事にどう対処するか

基本的に人事権は使用者(会社)が持っているので、労働者は降格人事を拒否することはできません。ただし、降格人事は使用者が自由に行えるものではな...

正社員なのに昇給がない会社は違法か

労働基準法には、昇給に関する規定はありません。働いている会社の就業規則などに規定がなければ、昇給がなくても法律違反ではないのです。昇給を望む...

降格・減給とは:降格・減給が認められるケース

降格とは、使用者が労働者の職位または職能資格を低下させることです。遅刻欠勤が多いなど、本人に労働者としての問題がある場合や、役職の責任を果た...

「減給処分の限度」とは:減給できる賃金の上限金額

就業規則における服務規定違反などに対する制裁手段として、本来受けとれる賃金から一定額を差し引くことを減給といいます。ただし使用者が労働者に対...

不当と思われる減給にどう対処するべきか

使用者から一方的に減給すると言われても、あいまいな返事はしないほうがよいでしょう。最低賃金の水準が満たされていると、場合によっては双方の合意...

人事評価に関する法律相談

  • 人事権の濫用の訴え提起

    労働給料人事評価昇格・昇給

    不当な署名捺印を求められたのを断ったら昇格で一人だけ外され、これ以上逆らうともっと不利益な事になると課長にいわれたのですが、人事権の濫用の訴えを起こすこれは可能でしょうか。

    1弁護士回答
  • 納得できない人事評価

    労働給料人事評価降格・減給

    営業職で勤続27年の50歳男性です。今回、人事考課が下がり降格・減給となりました。評価が下がったのだから当然とも思われますが、評価の仕方に納得できない事がありご相談したいと思います...

    1弁護士回答
  • インセンティブ契約の支払い拒否について

    労働給料人事評価昇格・昇給

    退職した会社とインセンティブ契約を結んでいましたが、根拠もなく勤務態度が悪いから支払う義務がないとの一点張りで支払って頂けません。 勤務態度については、転職活動(役員の許可済)以外...

    2弁護士回答
  • 総合職と一般職の職種一本化

    労働給料人事評価昇格・昇給

    総合職、一般職の垣根をなくし職種を総合職に一本化する新人事制度が導入されることなりました。それに伴い、経過措置として一般職は一般職に留まる選択も与えられていますが、昇格者につい...

    1弁護士回答
  • 転籍先の2年目、給与カットの減額40%、且つ職務変更での減額あり、違法性で請求可能ですか?

    労働給料人事評価降格・減給

    中途採用、雇用契約時に月額を設定頂き入社、営業職としてグループ内の異動あり、 度重なるグループ企業内の出向、転籍時での待遇面の変更は無く継続対応でした。 各企業の基本給、役職、手...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

人事評価の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. JR西「人為ミスは責めない」非懲戒制度、積極...
  2. 上司の私的な誘い拒否→「社会人失格」と書か...
  3. うつで「休職」、交通死亡事故で「罰金刑」…...
  4. 「強制参加の社員旅行」なのに「有休使って」...
  5. 赤字招いた同族経営批判で突然の解雇、上野学...
  6. MRから単純作業の職種に配転、降格・退職勧奨...
  7. 国会対応などで過酷な「霞が関不夜城」、過労...