弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士にかかる費用:料金体系と相場

弁護士にかかる費用:料金体系と相場

弁護士に依頼しようと思っても、費用面が不明なままでは相談しづらいでしょう。弁護士にかかる費用にはいくつかの料金体系があり、様々な費用が組み合わさって構成されています。どのような費用があるのか確認し、弁護士に問い合わせる際の参考や目安にしてください。

以下では弁護士にかかる費用の相場と、それぞれの費用の支払い時期の目安を確認しましょう。

目次

  1. 弁護士にかかる費用の料金体系と相場
  2. 弁護士にかかる費用の内訳
  3. 依頼前でも後でも費用について弁護士に聞いてよい

弁護士にかかる費用の料金体系と相場

弁護士にかかる費用には、主に以下の項目があります。必ず全ての費用が必要となる訳ではありませんが、どのような費用があるのか確認しておきましょう。

なお、支払い時期に関してはあくまでも目安であり、弁護士との契約内容によっては前後する場合があります。実際に依頼する際は必ず確認してください。

弁護士費用の支払い方法

法律相談をする場合は、相談時に相談料がかかります。法律相談のみの場合は、基本的に相談料以外の費用はかかりません。正式に依頼する場合は、依頼前までは相談料がかかりますが、依頼後は相談料は不要となります。

なお、相談料以外の弁護士費用の支払い方法は以下の3通りです。

一般的な支払い方法

最も一般的な支払い方法です。

  • 弁護士費用=着手金+(成功)報酬金+実費(+日当)

一般的には、着手金は依頼時に、報酬金、実費、日当は事件終了時に支払います。日当はかからない場合もあります。

手数料を支払う方法

一般的な支払い方法以外にも、一定額の手数料と実費を支払う方法があります。

  • 弁護士費用=手数料+実費(+日当)

手数料の支払い時期は弁護士との契約内容によって異なります。依頼時の場合もあれば、事件終了時の場合もあります。実費と日当は事件終了時に支払いますが、日当はかからない場合もあります。

タイムチャージ(時間制)

弁護士の稼働時間を時間給にかけて支払う方法もあります。

  • 弁護士費用=タイムチャージ料金×時間+実費

この場合、日当は必要ありません。時間制報酬も、支払い時期は弁護士との契約内容によって異なります。依頼時の場合もあれば、事件終了時の場合もあります。実費は事件終了時に支払います。

弁護士にかかる費用の内訳

各費用の詳細は以下のとおりです。

相談料

法律相談時に発生する費用です。法テラスを利用した場合や、初回相談の場合は無料の場合もあります。

  • 相場:無料または5,000~10,000円/1時間
  • 支払い時期の目安:相談時

着手金

正式に依頼する際に発生するため、結果的に依頼人の依頼通りにならなかったとしても支払う必要があります。返金はされません。経済的利益の額が高いほど高額になります。

示談交渉を依頼して、既に着手金を支払っているにも関わらず、その後訴訟になった場合は別途着手金が発生する可能性もあります。一連の事件で何度も着手金を支払う場合もあるので注意しましょう。

  • 相場の具体例: ・離婚訴訟の場合は20万円以上 ・遺産分割調停/請求の場合は30万円以上 ・交通事故の示談交渉の場合は10万円以上
  • 支払い時期の目安:依頼時(委任契約書を作成するとき)

(成功)報酬金

成功報酬の意味合いが強く、結果によって金額が変わります。経済的利益の額が高いほど高額になります。

  • 相場の具体例: ・離婚訴訟の場合は30万円以上 ・遺産分割調停/請求の場合は経済的利益の10%程度 ・交通事故の示談交渉の場合は15万円+賠償額の8%
  • 支払い時期の目安:事件終了時

経済的利益とは

着手金や報酬金に関わる経済的利益とは、弁護士が介入することによって得られた「経済的な利益」のことです。

例えば、訴えられた場合に1,000万円の慰謝料が700万円に減額されれば、経済的利益は300万円です。訴えた場合は少し複雑です。500万円の示談金が700万円に増額されて終了となった場合、経済的利益は200万円と考える弁護士もいれば、700万円と考える弁護士もいるので確認が必要です。

ただし着手金は依頼時に支払われるので、結果を先に予想することはできません。請求額を経済的利益とみなす弁護士もいれば、実際に得られた金額との差額を採用する弁護士もいます。何をもって経済的利益の額を計算するかは、弁護士に確認したほうがよいでしょう。

時間制(タイムチャージ制)報酬

1時間あたりいくらという報酬の支払い方です。弁護士によって時間給を定めており、事件解決に要した時間の分だけ支払います。「着手金+報酬金」とは別の支払い方法なので、一般的には着手金や報酬金との併用はされません。

  • 相場:5,000〜30,000円/時間(弁護士によっては更に高額になる場合もある)
  • 支払い時期の目安:事件終了時の場合もあるが、弁護士との契約内容によって異なる

手数料

資料作成や債務整理、遺言執行の手続きなどの1回程度で終了するような事務的な手続き依頼をした場合に発生する費用です。「着手金+報酬金」とは別の支払い方法なので、一般的には着手金や報酬金との併用はされません。

  • 相場:内容証明作成の場合は2〜3万円程度
  • 支払い時期の目安:依頼時(委任契約書を作成するとき)の場合もあるが、弁護士との契約内容によって異なる

実費

問題解決のために実際にかかったお金です。具体的には、出張費・出頭費・交通費・宿泊費・通信費・申立印紙代・郵便代などが該当します。

  • 支払い時期の目安:事件終了後

日当

日当は必ず発生するものではありませんが、出張日当や出頭日当がかかる場合があります。

出張日当は、遠方へ出向く必要があるなど、実質1日拘束するような業務を行ってもらう際に発生します。出頭日当は、裁判所の期日や示談交渉の場など、事務所外での事務処理の現場に出頭するごとにかかる費用のことです。

  • 支払い時期の目安:事件終了後

依頼前でも後でも費用について弁護士に聞いてよい

依頼内容や弁護士によって費用は異なります。経済的利益の計算方法や、費用の支払い時期や支払い方法に至るまで、不明な点があれば弁護士に質問しましょう。

弁護士ドットコムの弁護士検索では、各弁護士の料金表を見ることが出来ます。料金表を基準に、実際いくらかかるのかを弁護士に問い合わせるとスムーズでしょう。

なお、経済的に余裕がない場合でも、条件を満たせば法テラスの利用によって費用の不安なく弁護士へ依頼ができます。法テラスについて詳しくは「弁護士に無料相談ができる?法テラスとは」をご覧ください。

分野ごとの弁護士にかかる費用の相場については、下記リンクをご覧ください。

依頼前に知っておきたい弁護士知識

依頼前に知っておきたい弁護士知識