現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

雇用形態

正社員や派遣、パート・アルバイトなどの雇用形態ごとに、起きうる労働トラブルは異なります。ここでは雇用形態別の労働トラブルについて、対処法を中心にまとめています。

「雇用形態」の法律ガイド

新型コロナの影響で派遣先から中途解除や雇止めをされた場合の対処法

新型コロナウイルスによる経営状況の悪化を理由に、派遣先の会社から、派遣期間中に契約を解除されたり、契約を更新しない(雇止め)と言われたりした...

正社員のはずなのに「業務委託契約」を求められたときの注意点

「正社員として入社すると思っていたのに、契約書には『業務委託』と書かれていた」「正社員で入社したのに、途中から業務委託に切り替えてほしいと求...

契約社員が途中退職するとき会社に違約金支払う必要ある?【弁護士Q&A】

契約期間が決まっている契約社員が、契約期間中に退職することはできるのでしょうか。契約期間中に退職することを理由に、会社から違約金などを請求さ...

契約社員が新型コロナによる経営悪化を理由に雇止めにあったときの対処法

契約社員として働いている勤務先が、新型コロナウイルスによる業績悪化を理由に雇用契約を更新してくれない(雇止めされた)場合でも、必ず退職しなけ...

【新型コロナ】バイト先が休みになり出勤できなくなったとき休業手当は支払われるのか?

新型コロナウイルスの影響でバイト先が休業になり、出勤ができない状況になった場合、給料の代わりに休業手当を受け取ることができる可能性があります...

雇用形態に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識