弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産相続

親族が亡くなると、悲しむのも束の間、7日以内に市区町村へ死亡届を提出したり、葬儀の準備をしたりと、手続きに追われることになります。そうした中で忘れてはならないのが、相続の手続きです。遺産が少なくとも、名義変更などの何らかの相続手続きは発生するものです。まして故人に借金がある場合には、3か月以内に相続放棄の手続きをしないとその借金を背負うことになってしまいます。

また、相続は「争族」と言われてしまうほどに、親族間のトラブルの多い問題です。親族と言えども、お金が絡むと遺産分割協議はまとまらず、軋轢は生まれてしまうもの。正しい知識を身につけ、トラブルへの対処法や弁護士に依頼すべきタイミングを把握しましょう。

相談
ガイド

相続の手続き

相続の手続きは、遺産の把握から始まり、親族間で遺産分割を経て、登記の変更や相続税の申告を行います。相続手続きの流れや期限、必要書類、起こり得るトラブルを知り、スムーズに手続きを行えるよう備えましょう。

高齢の夫婦が、パソコンを操作している女性に相談をしている写真

遺言

相続において遺言の持つ効力は非常に大きく、正しい遺言書があれば遺産分割で揉めることもないでしょう。しかしその効力の大きさ故に、有効性をめぐっては訴訟が起きるほど。遺言について正しい知識を身につけましょう。

高齢の女性が遺言書を書いている写真

相続と借金

相続すると、被相続人(故人)の借金などのマイナスの財産も背負わなくてはなりません。相続放棄をすることで、借金からは開放されますが、プラスの財産も相続できなくなります。メリット・デメリットを比べ、慎重に判断しましょう。

若い夫婦がスマートフォンをいじっている写真

相続人と相続分

遺産分割協議には相続人全員の参加が必要になるため、まずは誰が相続人になるかを知らなければなりません。相続人の続き柄によって相続分も変わり、遺留分や特別受益をめぐったトラブルは多くなっています。

女性2名と男性2名が横に立って並んでいる写真

遺産分割

遺言がない場合、まずは相続人全員で遺産分割協議を行います。話し合いがまとまり遺産分割協議書が作成できればよいのですが、遺産の評価や分割方法をめぐるトラブルになり、調停や審判、訴訟まで発展する可能性もあります。

車と家とピンのおもちゃが置いてある写真

贈与

相続とも切っても切れない関係にあるのが贈与です。生前贈与が相続時にトラブルになることもしばしばあります。また、約束を守ってくれないから贈与を取り消したいといった相談も多くなっています。

女性が、家のミニチュアを持っている写真

相続に関する法律ガイド

遺言が残されていない場合の遺産相続の手続きの流れ…法定相続の仕組み

亡くなった家族が遺言を残していなかった場合の相続のルールについては、「遺産を誰が相続するのか」「遺産をどのように相続するのか」といった点が法...

相続を「争続」にしないために…知っておきたい手続きの流れ

家族の誰かが亡くなると、悲しみにひたるのもつかの間、死亡届の提出や葬儀の準備などに追われることになります。その中で忘れてはならないのが「相続...

相続放棄とは…借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった人)の借金などマイナスの財産も相続することになります。マイナスの財...

「相続放棄」とは? 借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった方)の借金などマイナスの財産も引き継ぐことになります。マイナスの財...

遺言が残されている場合に自分で相続税額を計算する方法

相続の手続きを進める際、相続税が課税されるのかどうか、かかるとすれば、いくらかかるのかということが心配になる人もいるでしょう。この記事では、...

遺言が残されていない場合に自分で相続税額を計算する方法

遺産の調査をして遺産の評価額がわかったら、相続税がいくらかかるのかを計算しましょう。あらかじめ相続税を計算しておくことで、遺産を分けるための...

相続税が課税されるかを判断する基準…「基礎控除」の計算方法

遺産を受け継ぐことになると、相続税の負担が心配になる人もいるでしょう。相続税には非課税枠があり、相続税がかからない場合があります。この記事で...

遺留分 | 遺言書に書かれた遺産の分け前が少ない場合の対処法

遺言書を確認すると自分の取り分が少なかった、または全然なかったーー。このような場合、「遺留分」という最低限の取り分を他の相続人などに主張して...

遺留分とは? 相続人の最低限の取り分とその請求方法

「遺産は全て長男に相続させる」ーー。親族は多数いるのに、そんな遺言が残されていた場合、長男以外の人はまったく遺産をもらうことができないのでし...

法定相続とは? 遺言がない場合の遺産の分け方の仕組みを詳しく解説

「相続」の手続きを進める上で、まず把握したいのは、遺産を受け継ぐ人、つまり「相続人」は誰かという点です。遺言がある場合は、原則として遺言で指...

相続に関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

相続の中から絞り込んで解決策を探す

相続の手続き

遺言

相続と借金

相続人と相続分

遺産分割

贈与