相続

親族が亡くなると、悲しむのも束の間、7日以内に市区町村へ死亡届を提出したり、葬儀の準備をしたりと、手続きに追われることになります。そうした中で忘れてはならないのが、相続の手続きです。遺産が少なくとも、名義変更などの何らかの相続手続きは発生するものです。まして故人に借金がある場合には、3か月以内に相続放棄の手続きをしないとその借金を背負うことになってしまいます。

また、相続は「争族」と言われてしまうほどに、親族間のトラブルの多い問題です。親族と言えども、お金が絡むと遺産分割協議はまとまらず、軋轢は生まれてしまうもの。正しい知識を身につけ、トラブルへの対処法や弁護士に依頼すべきタイミングを把握しましょう。

相続手続きをしたい方 のための やること診断

最大で「8」の質問に答えると今するべきことがわかります

Q1 どちらをお考えですか?

Q1 亡くなった方(被相続人)の葬儀はすんでいますか?

Q1 相続税を払う必要があるかどうかの確認は済んでいますか?

Q1 遺言はありましたか?

Q1 遺言が有効かどうかの確認は済んでいますか?

※わからない場合は「いいえ」を押してください

Q1 遺産の分け方は具体的に書かれていますか?

※割合しか書かれていない場合は「いいえ」を押してください

Q1 遺言に書かれた内容のとおりに遺産を分配できそうですか?

※遺言の内容に納得できない場合は「いいえ」を押してください

Q1 遺産の内容と価値を把握していますか?

Q1 遺言がないとき誰が遺産を受け継ぐか知っていますか?

Q1 遺産の内容と価値を把握していますか?

Q1 どの遺産を誰が受け取るかは決まっていますか?

Q1 遺産分割協議書は書きましたか?

今のうちからできる対策をしましょう。

認知症の対策や、相続人の確認方法、財産の整理方法、節税対策などについてご紹介します。

解決までの全記事を見る

家族が亡くなったときにすることを確認しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「亡くなった直後に行う手続き」

記事を読む

相続税を払う必要があるか確認するために今のうちに計算しておきましょう。

相続税が課税される場合、金額と支払う人を確定させるために、誰がどの遺産を引き継ぐのかを決めておく必要があります。相続税は10か月以内に申告する必要があるので、課税されるかどうかによって遺産分割のタイムリミットが大きく変わってきます。課税対象になるか早めに判断しておきましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「相続税が課税されるかを調べる」

記事を読む

遺言を探しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺言を探す」

記事を読む

遺言が有効かどうかを確認しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺言を見つけたときの対処法」

記事を読む

遺言の内容に納得できないときにとれる手段があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺言と異なる方法で遺産を分けたい場合に必要な手続き」

記事を読む

誰がどの遺産を引き継ぐか決める方法を紹介します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺言に遺産の取り分しか書かれていない場合の遺産の分け方」

記事を読む

相続の手続きをしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「名義変更などの手続き」

記事を読む

どのような遺産があるか調べましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺産の調査方法」

記事を読む

遺言がない場合の相続のルールを確認しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「相続人や遺産の分け方を決めるルールとは」

記事を読む

どのような遺産があるか調べましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺産の調査方法」

記事を読む

遺産をどのように分けるのか相続人全員で話し合いましょう(遺産分割協議をする)。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺産の分け方を決める話し合いの流れ」

記事を読む

相続の手続きをしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「相続した財産の名義変更を自分で行うための手続き」

記事を読む

遺産分割協議書をつくりましょう。

相続税の申告や登記など、さまざまな場面で必要になるので、必ずつくりましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「「遺産分割協議書」の作成方法」

記事を読む
一つ前の質問をやり直す

「はじめからやり直す」ボタンを押すと
すべての結果がリセットされます

はじめからやり直す

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

「相続」の法律ガイド

遺言が残されていない場合の遺産相続の手続きの流れ…法定相続の仕組み

亡くなった家族が遺言を残していなかった場合の相続のルールについては、「遺産を誰が相続するのか」「遺産をどのように相続するのか」といった点が法...

相続を「争続」にしないために…知っておきたい手続きの流れ

家族の誰かが亡くなると、悲しみにひたるのもつかの間、死亡届の提出や葬儀の準備などに追われることになります。その中で忘れてはならないのが「相続...

相続放棄とは…借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった人)の借金などマイナスの財産も相続することになります。マイナスの財...

「相続放棄」とは? 借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった方)の借金などマイナスの財産も引き継ぐことになります。マイナスの財...

遺言が残されている場合に自分で相続税額を計算する方法

相続の手続きを進める際、相続税が課税されるのかどうか、かかるとすれば、いくらかかるのかということが心配になる人もいるでしょう。この記事では、...

遺言が残されていない場合に自分で相続税額を計算する方法

遺産の調査をして遺産の評価額がわかったら、相続税がいくらかかるのかを計算しましょう。あらかじめ相続税を計算しておくことで、遺産を分けるための...

相続税が課税されるかを判断する基準…「基礎控除」の計算方法

遺産を受け継ぐことになると、相続税の負担が心配になる人もいるでしょう。相続税には非課税枠があり、相続税がかからない場合があります。この記事で...

遺留分 | 遺言書に書かれた遺産の分け前が少ない場合の対処法

遺言書を確認すると自分の取り分が少なかった、または全然なかったーー。このような場合、「遺留分」という最低限の取り分を他の相続人などに主張して...

遺留分とは? 相続人の最低限の取り分とその請求方法

「遺産は全て長男に相続させる」ーー。親族は多数いるのに、そんな遺言が残されていた場合、長男以外の人はまったく遺産をもらうことができないのでし...

法定相続とは? 遺言がない場合の遺産の分け方の仕組みを詳しく解説

「相続」の手続きを進める上で、まず把握したいのは、遺産を受け継ぐ人、つまり「相続人」は誰かという点です。遺言がある場合は、原則として遺言で指...

相続に関する法律相談

  • 亡くなった母の妹が、預貯金の使い込みが発覚・・

    亡くなった母は、6年前に他界しています。 母の妹(叔母)が、勝手に預貯金をおろしていた場合、 損害賠償請求などの法的な手続きは出来ますか?

    4弁護士回答
  • 遺産分割協議書の継承について

    非相続人は父、相続人は私と兄の2名です。 預金に関して、法定配分で遺産分割協議書を作成しました。 その際、万が一に備えて後から見つかった父の借金(負の財産)についても共同負担ですと明...

    2弁護士回答
  • 遺言書をつくりなおさなければならないのでしょうか?

    先日、遺言書を作成いたしました。  内容としては、甥のわたしに、不動産のマンションを遺贈し、預金は妹に相続するという内容です。 そこで、質問です。 生前にこのマンションを叔母が 売...

    3弁護士回答
  • 相続した遠方の家を手放したい

    遠方に相続した実家を手放したいのですが、どこに相談したら良いのでしょうか? 元々相続したくなかったし、もう誰も住んでいない空き家です

    1弁護士回答
  • 私の死後、妻と子供2人に田んぼ、山林の相続放棄

    私の死後、妻と子供2人に田んぼ、山林の相続放棄をさせることを考えてます。 ①相続放棄の順位は、妻、子供、兄弟までですか? ②放棄すると、土地にかかる、固定資産、土地改良区の賦課金は払...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す