弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続人

遺言書に相続する人が指定されていない場合、民法で定められた法定相続人が相続します。法定相続人の相続順位や代襲相続など、相続人の基礎知識について確認しましょう。

相続人に関する法律ガイド

相続順位とは:法定相続人と法定相続分

民法では、相続が発生した場合に相続人になれる「法定相続人」が指定されています。遺言書があればその内容が優先されますが、遺言書がない場合は「法...

代襲相続とは:適用する条件と再代襲相続について

被相続人が亡くなる前に、相続人となるはずだった人がすでに亡くなっていた場合などに、本来の相続人の子や孫が代わりに相続できる制度です。このとき...

相続する権利のある人とない人:養子、内縁の妻、半血兄弟など

特別なケースの相続の場合に、相続権がある人・ない人についてまとめました。相続人不存在の場合や、相続人の欠格・廃除の扱いについて、また特別縁故...

相続人不存在の定義とその際の手続きについて

被相続人に法定相続人がいない場合や、全員が死亡している場合、遺言書がなければ相続財産を受け継ぐ人がいないことになります。ただし戸籍を確認して...

相続人の欠格・廃除の条件と手続方法

法定相続人でも相続資格を失う可能性があります。相続欠格の条件に当てはまった場合や、被相続人によって相続廃除の手続きが行われた場合です。相続放...

養子の相続順位と法定相続分

養子縁組の届出を出すと、本来の血縁のある親子と同じ関係になります。養子も養父母の相続権を持ち、相続順位と法定相続分についても実子と同じです。...

相続人調査とは:調査が必要なケースと調査方法

遺言書の有無に関わらず、「遺産を分けるべき人は誰なのか」を確認する意味でも、相続人調査をしてから相続手続きをしたほうがよいでしょう。法定相続...

非嫡出子の相続順位と法定相続分

結婚していない男女の間に生まれ、一定の条件を満たす子を「非嫡出子」といいます。相続が発生した場合、非嫡出子と嫡出子で相続順位や法定相続分に一...

未成年の相続人がいるケース:特別代理人を選任し遺産分割協議を進める手順

遺産分割協議は、未成年者も含めた法定相続人全員の同意が必要です。ただし未成年の相続人が遺産分割協議に参加する場合は、さらに法定代理人である親...

内縁の妻・夫に相続権はあるのか?

正式な婚姻関係にない内縁の妻や夫は、相続権を持ちません。夫婦同然の生活を送っていたとしても婚姻届を出してない限り、正式な婚姻関係ではありませ...

相続人に関する法律相談

  • 祖父名義の不動産を売却して分割相続する際について。

    相続相続人

    5年前に亡くなった祖父名義の不動産を売却して、相続人分で分割相続することになっております。 現在5年分の固定資産税を滞納しているようなのですが、段取りとしていずれかの相続人に名義...

    2弁護士回答
  • 生活保護、植物状態の母。代襲相続はできますか?

    相続相続人代襲相続

    私の母は10年ほど前から持病で生活保護を受けており、去年脳幹出血で倒れ、現在入院中、植物状態です。 私含め親族とは宗教トラブルがあり疎遠な為、現在後見人を立てている最中です。 そん...

    2弁護士回答
  • 個人再生の一括返済について(履行テスト中)

    相続相続人

    お世話になっております。 6社より約600万円の債務があり個人再生申し立てを行いました。現在は履行テスト中です。 亡くなった親名義の不動産(祖母が居住)がありましたので(相続人は私と...

    5弁護士回答
  • 相続における「葬儀費用」「遺品整理費用」等の負担は?

    相続相続人

    父が亡くなり、相続人である私と妹で貢献度などの観点から全遺産を6:4で分けることに合意しました。 私は、葬儀および、父が住んでいた遺品整理費用などを差し引き、残った額からの、6:4の...

    4弁護士回答
  • 相続における不動産売却の分配について

    相続相続人権利

    去年8月に夫が急逝し、今年の春には子供の進学に合わせ実家に帰る予定です。 その際旧姓に戻すことを義両親に伝えると激怒し、もう他人だと激昂してます。 遺産相続は無事終わり、あとは家を...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

相続人に関する解決事例

坪田 園子

坪田 園子弁護士

兄弟間で遺産分割の協議が整わないため遺産分割調停申立をした事例

父が亡くなり、長男、Bさん(二男)、三男が相続人となった事例です。長男と三男が結託して、Bさんに一方的な内容の遺産分割案をBさんに押しつけてくるので、Bさんは納得できず、分割協議が難航していました。 Bさんの自宅の敷地が相続財産であったため、Bさんとしては早期に遺産分割を完了したいと考え、弁護士を立てて遺産分割調停...

藤井 真樹

藤井 真樹弁護士

遺産分割により約2500万円の預金を取得

ご相談者であるAさんは,他の共同相続人のBさんからご親族が亡くなられたことを聞き,遺産分割の提案を受けていました。 遺産の内容を見ると不動産と預貯金があり,不動産が固定資産税評価額にして約600万円程度あり,預貯金は約4400万円ありました。 Aさんは,一度は,Bさんの提案する遺産分割の内容でかまわないと感じ...

宮原 哲朗

宮原 哲朗弁護士

依頼者以外に20名以上の相続人が,多数の地域に分散しておられた事件。多数の相続人と粘り強く交渉を行い,また納得が得られなかった方に対する調停の申立で,最終的に解決に至った事案。

依頼者は70歳代の男性で相続人の1人だった。依頼者以外に20名以上の相続人がいて,それらの相続人は多数の地域に分散していた案件。相続人のそれぞれの思惑,利害,感情が異なっていた。血縁の遠い親族はほとんど関心を示さない反面,血縁の近い相続人は,被相続人との過去の様々な経緯や,被相続人相互の不信感等々が複雑に絡あってい...

相続人の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...