相続人

遺言書に相続する人が指定されていない場合、民法で定められた法定相続人が相続します。法定相続人の相続順位や代襲相続など、相続人の基礎知識について確認しましょう。

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

「相続人」の法律ガイド

法定相続とは? 遺言がない場合の遺産の分け方の仕組みを詳しく解説

「相続」の手続きを進める上で、まず把握したいのは、遺産を受け継ぐ人、つまり「相続人」は誰かという点です。遺言がある場合は、原則として遺言で指...

「代襲相続」どんな場合に起こるのか…仕組みを詳しく解説

被相続人(亡くなった方)が死亡した時点で、本来の相続人(子・兄妹など)が死亡していた場合、その「本来の相続人」をとびこえて、孫やおい・めいが...

相続人がいない場合に「特別縁故者」として遺産を相続するための手続き

亡くなった人に相続人がいない場合、その人の財産はどのように扱われるのでしょうか。「亡くなった人と一緒に暮らしていた」、「亡くなる前に介護を行...

再婚相手の連れ子は自分の死後に財産を相続する権利があるのか

結婚するときに配偶者に連れ子がいる場合、将来自分が亡くなったときに連れ子は相続人になるのでしょうか。連れ子が相続人になる場合、自分の死後、ど...

行方不明の相続人の代わりに遺産分割協議を行う「不在者財産管理人」の選任方法

遺産の分け方を決める話合い(遺産分割協議)は、相続人全員の参加が必要です。相続人の中に行方不明の人がいる場合、その相続人に代わって遺産分割協...

未成年の相続人がいる場合の相続手続きの進め方と代理人の選任方法

遺産の分け方を決める話合い(遺産分割協議)は、相続人全員の参加が必要ですが、未成年者は、協議に参加することができません。そのため、相続人の中...

「法定相続人」が誰かを明らかにするために必要な戸籍の集め方

亡くなった家族が遺言を残していない場合、法律で定められた相続人(法定相続人)が全員で話し合って、遺産の分け方を決める必要があります。そのため...

法定相続の仕組みl遺言がない場合に相続人や遺産の分け方を決めるルール

亡くなった家族が遺言を残していなかった場合、「遺産を誰が相続するのか」「どの程度の遺産を相続するのか」といった点について、原則として法律のル...

遺言を残さないとあなたの財産を誰が相続することになるのか|「法定相続」の仕組みを詳しく解説

遺言書を残すなどの相続対策をしない場合、あなたが亡くなった後に、財産を「誰が相続するのか(相続人)」「どの程度相続するのか(相続分)」は、法...

認知症の相続人がいる場合の相続手続きと後見人・保佐人・補助人の選任方法

遺産の分け方を決める話合い(遺産分割協議)には相続人全員の参加が必要ですが、認知症などにより、自分の財産を管理するための判断能力が不十分な相...

相続人に関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

相続人の解決策を探す