弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続人

遺言書に相続する人が指定されていない場合、民法で定められた法定相続人が相続します。法定相続人の相続順位や代襲相続など、相続人の基礎知識について確認しましょう。

相続人に関する法律ガイド

相続順位とは:法定相続人と法定相続分

民法では、相続が発生した場合に相続人になれる「法定相続人」が指定されています。遺言書があればその内容が優先されますが、遺言書がない場合は「法...

代襲相続とは:適用する条件と再代襲相続について

被相続人が亡くなる前に、相続人となるはずだった人がすでに亡くなっていた場合などに、本来の相続人の子や孫が代わりに相続できる制度です。このとき...

相続する権利のある人とない人:養子、内縁の妻、半血兄弟など

特別なケースの相続の場合に、相続権がある人・ない人についてまとめました。相続人不存在の場合や、相続人の欠格・廃除の扱いについて、また特別縁故...

相続人不存在の定義とその際の手続きについて

被相続人に法定相続人がいない場合や、全員が死亡している場合、遺言書がなければ相続財産を受け継ぐ人がいないことになります。ただし戸籍を確認して...

相続人の欠格・廃除の条件と手続方法

法定相続人でも相続資格を失う可能性があります。相続欠格の条件に当てはまった場合や、被相続人によって相続廃除の手続きが行われた場合です。相続放...

養子の相続順位と法定相続分

養子縁組の届出を出すと、本来の血縁のある親子と同じ関係になります。養子も養父母の相続権を持ち、相続順位と法定相続分についても実子と同じです。...

相続人調査とは:調査が必要なケースと調査方法

遺言書の有無に関わらず、「遺産を分けるべき人は誰なのか」を確認する意味でも、相続人調査をしてから相続手続きをしたほうがよいでしょう。法定相続...

非嫡出子の相続順位と法定相続分

結婚していない男女の間に生まれ、一定の条件を満たす子を「非嫡出子」といいます。相続が発生した場合、非嫡出子と嫡出子で相続順位や法定相続分に一...

未成年の相続人がいるケース:特別代理人を選任し遺産分割協議を進める手順

遺産分割協議は、未成年者も含めた法定相続人全員の同意が必要です。ただし未成年の相続人が遺産分割協議に参加する場合は、さらに法定代理人である親...

内縁の妻・夫に相続権はあるのか?

正式な婚姻関係にない内縁の妻や夫は、相続権を持ちません。夫婦同然の生活を送っていたとしても婚姻届を出してない限り、正式な婚姻関係ではありませ...

相続人に関する法律相談

  • 知らない間に婚姻届を出され死亡した場合

    相続相続人

    ふと疑問に思ったのですが、知らない間に婚姻届を出されて受理され、それを何十年も気づかないで過ごしていて、出された人が死亡した場合。 出した人物に遺産の相続権はあるんでしょうか? ...

    2弁護士回答
  • 相続人から排除する方法はあるのでしょうか?

    相続相続人

    経緯が書ききれないので簡単に質問させていただきます。 同居人(相続人の一人)が被相続人の財産に損害を与えるような過去が発覚した場合 相続人から排除する方法はあるのでしょうか?また...

    2弁護士回答
  • 親子間兄弟間の不動産侵奪罪にあたりますか。

    相続相続人

    3年前に亡くなった父親の所有する連続する違う地番の二筆の土地のうちの一筆を亡父と賃貸契約を結んで長男が借りておりましたが、その賃貸契約した土地を越えて他の相続人の遺言書により指...

    1弁護士回答
  • 相続後、土地の通行料はどうすればよいか。

    相続相続人権利

    母の土地を相続することになりました。 家の前に道(他人の土地)があるのですが、母は生前、 年に一度いくらかのお金を土地所有者の銀行口座に振り込んでいました。 10年ほど前に裁判をし、...

    2弁護士回答
  • 生前に交わされた書面を相続者が反故に出来るのでしょうか。

    相続相続人

    A=口頭で委任した人 B=Aの子供たち E=委任された人 F=Eの子供たち(当方含む) 相続人代表を決める時、A、Eに加えてそれぞれの子供たちも同席した状況でAはEに口頭で委任し...

    6弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

相続人に関する解決事例

安藤 達也

安藤 達也弁護士

先々代より相続手続きをされることなく放置された不動産を、多数の相続人に対し妥当な相続を行ったケース

不動産(建物)が、かなりに老朽化している状況で、倒壊の危険性もあったので、そこに居住していた一部の相続人か遺産である建物を処分し、土地も売却したいという意向がありました。相続人だけでも、何十人といるケースでしたので、当初は円満解決を目指し、相続人全員に建物の相続分を放棄して、土地を売却し、分け合うことを目指し...

赤瀬 康明

赤瀬 康明弁護士

【遺産を受け取る方】被相続人の兄弟姉妹が遺産の大部分が自分たちのものであると争ってきた事案

ご依頼者様は、晩年、被相続人と結婚しました。ご依頼者様は、身体が不自由になった被相続人の看病を献身的に努めてきましたが、被相続人が亡くなり、その兄弟姉妹が自身の相続分を求めて、しかも、晩年の離婚を理由に遺産の大部分を請求してきました。弁護士の介入により、法律に則り遺産分割協議手続きを進めるとともに、兄弟姉妹に...

山中 大輔

山中 大輔弁護士

金銭管理を行っていた相続人の預金引出しに関し,使い込みの疑いを晴らす

お母様が亡くなったため,その相続人であったお子様方3名(長女,次女,長男)において,遺産分割が行われました。 お母様は,晩年認知症を患っており,長女様がその介助を行っていたものの,お母様が認知症を患った後に,多数回に分けて,お母様の預貯金の引き出しがあり,その金額が高額でした。 そのため,金銭管理を行っていた...

相続人の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  2. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  3. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  4. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  5. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  6. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  7. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...