相続の法律ガイド

「相続」に関する基本的な知識の解説や、トラブルに遭った際の対処法をまとめました。

197件の記事が見つかりました 1 - 50件目

遺言が残されていない場合の遺産相続の手続きの流れ…法定相続の仕組み

亡くなった家族が遺言を残していなかった場合の相続のルールについては、「遺産を誰が相続するのか」「遺産をどのように相続するのか」といった点が法...

相続を「争続」にしないために…知っておきたい手続きの流れ

家族の誰かが亡くなると、悲しみにひたるのもつかの間、死亡届の提出や葬儀の準備などに追われることになります。その中で忘れてはならないのが「相続...

相続放棄とは…借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった人)の借金などマイナスの財産も相続することになります。マイナスの財...

「相続放棄」とは? 借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった方)の借金などマイナスの財産も引き継ぐことになります。マイナスの財...

遺言が残されている場合に自分で相続税額を計算する方法

相続の手続きを進める際、相続税が課税されるのかどうか、かかるとすれば、いくらかかるのかということが心配になる人もいるでしょう。この記事では、...

遺言が残されていない場合に自分で相続税額を計算する方法

遺産の調査をして遺産の評価額がわかったら、相続税がいくらかかるのかを計算しましょう。あらかじめ相続税を計算しておくことで、遺産を分けるための...

相続税が課税されるかを判断する基準…「基礎控除」の計算方法

遺産を受け継ぐことになると、相続税の負担が心配になる人もいるでしょう。相続税には非課税枠があり、相続税がかからない場合があります。この記事で...

遺留分 | 遺言書に書かれた遺産の分け前が少ない場合の対処法

遺言書を確認すると自分の取り分が少なかった、または全然なかったーー。このような場合、「遺留分」という最低限の取り分を他の相続人などに主張して...

遺留分とは? 相続人の最低限の取り分とその請求方法

「遺産は全て長男に相続させる」ーー。親族は多数いるのに、そんな遺言が残されていた場合、長男以外の人はまったく遺産をもらうことができないのでし...

法定相続とは? 遺言がない場合の遺産の分け方の仕組みを詳しく解説

「相続」の手続きを進める上で、まず把握したいのは、遺産を受け継ぐ人、つまり「相続人」は誰かという点です。遺言がある場合は、原則として遺言で指...

不動産や美術品・骨董品などを所有している人におすすめする4つの相続対策

不動産や美術品・骨董品などは価値が人によって異なるので、評価額を決めるのが難しい財産です。このような財産を所有したまま亡くなった場合、相続人...

内縁の夫婦がパートナーに財産を残したいときおすすめの相続対策

内縁の夫婦は法律上の夫婦でないため、お互いに相続権がありませんが、適切な対策をしておくことで、パートナーにきちんと財産を残すことができます。...

同居の子ども、息子の妻…特別に財産を残したい相手がいる場合におすすめの相続対策

自分の財産を誰に残すかということを考えるとき、家事や介護をしてくれる息子の妻など、お世話になった人に残したいと考える人もいるでしょう。相続対...

相続税対策を考えている人におすすめの相続対策

もし自分が亡くなった場合に相続税がかかると知ったら、節税に興味をもつ人もいるでしょう。節税対策としては、生命保険、生前贈与、養子縁組などの方...

相続の流れと遺言を探す方法

葬儀が終わって落ち着いたら、亡くなった方の財産を引き継ぐための相続手続きを進めていきましょう。相続手続きは遺言書があるかどうかによって大きく...

遺産相続の手続きを弁護士に依頼するメリットと費用の目安

遺産相続は、様々な事柄を調査し、相続人同士で話し合って決める必要があります。手続きに時間がかかったり、相続人同士で話合いがまとまらずにトラブ...

相続で弁護士のサポートを受けた方がよいケースとメリット

家族の誰かが亡くなり、相続の手続きを行うとき、弁護士のサポートを受けることを検討する人もいるでしょう。この記事では、弁護士への依頼を検討した...

遺産分割で親族がもめないために「遺言」で決めておくべきこと

「相続」は、ときに「争族」とも呼ばれるほど、財産の取り分などをめぐって、親族間で争いになることが少なくありません。自分の死後そうならないため...

【相続】家族が亡くなったらやるべき手続きと相続の流れ

ご家族が亡くなった後に必要となる手続きや相続の流れについて詳しく解説します。まずは、すぐにやらなければならない手続きをチェックしましょう。「...

家族が亡くなったとき葬儀が終わった後にやるべき手続きと進め方まとめ

家族が亡くなったとき、葬儀が終わった後でやるべき手続きと進め方をまとめました。電気・ガス・水道など、放っておくと料金が発生してしまう手続きや...

「代襲相続」どんな場合に起こるのか…仕組みを詳しく解説

被相続人(亡くなった方)が死亡した時点で、本来の相続人(子・兄妹など)が死亡していた場合、その「本来の相続人」をとびこえて、孫やおい・めいが...

【法定相続】遺言がなかった場合の遺産の種類と評価する方法

家族が遺言を残さず亡くなった場合、「誰が遺産を相続するか」だけでなく、亡くなった家族が「どのような遺産を残しているか」も調査する必要がありま...

公正証書遺言を作成したいときはどのような手順を踏めばよいのか

公正証書遺言とは、法律の専門家である公証人に作成してもらう遺言書です。自分で作成する自筆証書遺言に比べて、無効になるリスクが低いといったメリ...

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

音信不通だった親が孤独死…相続の手続きの進め方【弁護士Q&A】

家族の誰かが亡くなると、相続の手続きを進めることになります。では、「長年音信不通だった家族が孤独死した」という知らせが届いた場合は、どのよう...

相続税を申告しなければならないケースと申告書の書き方

相続税は、申告することで税額が確定します。相続税を支払わない場合でも、配偶者の税額軽減などの特例を受ける場合には申告しなければなりません。こ...

相続税を納める5つの方法と手続き | クレジットカード払いはできるのか

相続税を納める方法は、窓口で支払うだけでなく、インターネットバンキングや、クレジットカード払い、コンビニ払いも選べます。この記事では、それぞ...

【相続】遺言執行者に選任された場合の職務内容と手続きの流れ

遺言執行者に選任されたとき、実際に何をするのかわからない人も少なくないでしょう。遺言執行者は、遺言書に書かれた内容を実現するために必要な手続...

遺言執行者が選任された場合の手続きの流れと相続人ができること

遺言執行者が相続手続きを行う場合、きちんと手続きが行われているのか気になる人もいるでしょう。この記事では、遺言執行者の職務内容や義務、遺言執...

遺言書がある場合に相続手続きを自分で行うための手続きガイド

遺言書がある場合の相続手続きは自分で行うことができます。この記事では、預金、不動産、自動車などの財産ごとに必要な手続きを詳しく解説しています。

遺産分割協議の進め方l遺産の分け方を決める話し合いの流れを解説

「誰に相続する権利があるのか(法定相続人)」と「残された財産はなにか(遺産)」が明確になったら、具体的に遺産をどのように分けるのか相続人全員...

遺言の内容を実現する「遺言執行者」の役割・選任する方法

亡くなった方が遺した遺言書にしたがって、預貯金や土地の名義変更などの手続きを一手に引き受けるーー。そんな役割をもつのが「遺言執行者」と呼ばれ...

相続財産をどう分けるのか…失敗しない「遺産分割協議」の進め方

いざ相続がはじまった時に、遺言がなかった場合には、相続人同士の話し合いで「遺産をどう分けるか」を決めていきます。この話し合いを「遺産分割協議...

1人の相続人に財産を独占させたくない…「遺留分」を請求する方法

全ての財産を1人の相続人に相続させるという内容の遺言書が見つかった場合、他の相続人は一切財産を相続できないのでしょうか。こうした疑問について「...

土地を相続する際にどのようにその価値を評価すればよいのか

土地を相続するとき、遺産の分け方によっては、「土地をどのように評価するか」が重要になります。1人の相続人が土地を受け継ぎ、他の相続人にお金を支...

遺留分とはl遺言で相続人の取り分を決めるときに注意するポイント

遺言書では、財産の分け方を自由に指定することができますが、相続人には、財産をもらうことができる最低限の取り分として、「遺留分」が認められてい...

相続放棄申述書は他人の代筆でよい?各項目の書き方も弁護士が解説

相続放棄をするためには、相続放棄申述書という書類を作成して家庭裁判所に提出する必要があります。ここでは、相続放棄申述書の作成方法や、記載事項...

家族に残す土地に相続税が生じるかを調べる方法を解説

あなたの土地を家族が相続するときに、「相続税が生じるかどうか」、「相続税の金額はどのくらいか」ということを事前に知っておきたいという人もいる...

相続の不公平を調整する「特別受益」のルール・相続分の計算方法

亡くなった方(被相続人)の生前、特定の相続人が多額の援助を受けていたーー。このようなケースで、形式的に相続のルールをあてはめると「特定の相続...

判断能力がない人を支援する「成年後見制度」〜支援内容と利用までの流れ

判断能力が衰えた人の財産を、家庭裁判所に選ばれた人が本人に代わって管理する「法定後見制度」は、判断能力の程度によって、「成年後見」「保佐」「...

【成年後見制度】「任意後見」の仕組みと後見人を選ぶ手続きの流れ

将来自分が認知症などの影響でものごとを正常に判断することができなくなってしまったら…。そうした事態に備えて、本人の判断能力が十分あるうちに、自...

親の介護をしていれば他の兄弟より多く遺産をもらえるのか

遺言を残さずに親が亡くなった場合、兄弟同士の遺産の取り分はそれぞれ同じ割合になります。では、親が残した遺産を兄弟で分け合うとき、「兄弟の中で...

家族が相続の手続きをスムーズに進められるように生前にできる対策

「自分は財産も少ないし、家族は仲がよいし、遺言書を残さなくても相続で揉めることはないだろう」と考える人もいるでしょう。しかし、相続の手続きは...

【成年後見】法定後見人の報酬の決め方と任意後見人の報酬の相場

任意後見人への報酬は、本人と任意後見人とで自由に決めることができます。親族などが後見人になる場合には無報酬のケースも多いようですが、支払われ...

自筆証書遺言の作成を詳しく解説l遺言が無効にならないための作成のポイント

自筆証書遺言は、自分の手書きで作成する遺言書です。「時間や場所を選ばずに気軽に作成できる」「無料で作成できる」といったメリットがありますが、...

被相続人が借りていた土地を相続するときの評価方法について

亡くなった家族が土地を借りていた場合、相続人は被相続人の「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになります。この記事では...

家族信託を利用した相続対策をわかりやすく解説 | 具体例と注意点

相続対策を検討している人の中には、家族信託(民事信託)に興味がある人もいるでしょう。「自分の財産を受け継ぐ人を、後々まで決めておきたい」など...

認知症対策を目的とした家族信託をわかりやすく解説 | 具体例と注意点

「最近、判断能力が落ちたかもしれない」「いつか振り込め詐欺などの被害にあうのではないか」と心配な人もいるでしょう。家族信託を利用すると、子ど...

遺産の分け方がまとまらなかったら…遺産分割調停・審判の手続きの流れ

遺産の分け方について、相続人同士の話し合いではまとまらない場合、家庭裁判所で、裁判官と調停委員を交えた「調停」という手続きで遺産の分け方の合...

あなたが借りている土地(借地権)に相続税が生じるかを調べる方法

あなたに、他の人から借りている土地がある場合、家族はあなたが亡くなった後、「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになり...

1 2 3 4

相続に関する法律相談

  • 遺産分割の申し立て人 譲渡証明書

    近日中に遺産分割調停申立を家裁へ提出予定です。 その際、相続人から相続人への相続分譲渡証明書を提出致します。 万が一譲渡人が譲渡証明書の無効を訴えてきた場合、譲渡証明書は無効にな...

    3弁護士回答
  • 相続放棄の後の故人のお金について

    今日、相続放棄の手続きを家庭裁判所にしてきましたが亡くなった父の家から10065円出てきました。このお金はさわったらいけないと聞きました。このお金はどこに持っていけば良いのでしょうか。

    1弁護士回答
  • 相続放棄後に見つかった財産について

    私の兄弟(Aとします)が亡くなりました。事情によりAの子と私は2人とも相続放棄をしました。それ以外の相続人はいません。手続後に私とAの親名義の土地が出てきました。Aは長男であるため親...

    7弁護士回答
  • 遺産分割の割合変更は可能?

    被相続人は死去しております。遺言書はありませんでした。 法定相続人が4人居ます。 その中の1人にどうしても遺産分割をさせてくないのです。 その1人は相続の放棄及び譲渡はしないと本人は...

    4弁護士回答
  • 認知症の疑いがある親の定期預金解約

    親が認知症の疑いがあります。定期預金の解約は 認知症と診断されたら できないと きいたことがありますが、子が 手続きをする場合は どうしたらよいですか? 親の介護に 預金を使いた...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す