遺言の効力

弁護士監修記事 2018年09月30日

遺言書が見つかったときに確認すること l 遺言書が複数見つかった場合の対処法も解説

遺言書が発見された場合、遺言書の形式によってとるべき手続きが変わってきます。また、遺言書が複数発見されることもあり、その場合は、「どの遺言書が有効なのか」ということを調べる必要があります。この記事では、遺言書が見つかったときに確認することや必要な手続き、複数の遺言書が見つかった場合の対処法について、詳しく解説します。

目次

  1. 遺言書の形式
    1. 公正証書遺言が見つかった場合
    2. 自筆証書遺言が見つかった場合
  2. 複数の遺言書が見つかった場合
  3. 遺言書が有効かどうかを確認する
  4. 有効な遺言書が複数ある場合は内容を確認する
    1. 内容に食い違いがある場合
    2. 内容に食い違いがない場合

遺言書の形式

遺言書の形式には複数ありますが、主に利用されているのは次の2つの形式です。

  • 被相続人が公証人という法律の専門家に依頼して作成する「公正証書遺言」
  • 被相続人自らが作成する「自筆証書遺言」

公正証書遺言が見つかった場合

公正証書遺言は公証人が作成するため、無効となる可能性は低いですが、一定の条件を満たしていない場合には、無効になることがあります。

公正証書遺言の有効性を確認する方法については、この記事の下の「次に読みたい記事」で詳しく説明しています。

自筆証書遺言が見つかった場合

自筆証書遺言が見つかった場合は、すぐに開封してはいけません。「検認」という手続きを家庭裁判所に申し立てる必要があります。

検認をしないで開封したり、相続手続きを進めたりした場合には、5万円以下の過料というペナルティーを受ける可能性があります。

自筆証書遺言が見つかった場合に検認を行う方法については、この記事の下の「次に読みたい記事」で詳しく説明しています。

検認が済んだら、遺言書が有効かどうかを確認します。 自筆証書遺言が有効となるための主な条件は、以下のとおりです。

  • 被相続人が遺言書の全文を自分で書いている(自書)
  • 被相続人が自書した日付がある
  • 被相続人が自書した氏名がある
  • 押印がある
  • 訂正がある場合には、被相続人がその箇所を変更したことが書かれていて、署名・押印がある
  • 1つの遺言書に2人以上の遺言が書かれていない
  • 遺言書を作成した時、被相続人が15歳以上(遺言能力があった)
  • 公序良俗に反していない

自筆証書遺言の有効性を確認する方法については、この記事の下の「次に読みたい記事」で詳しく説明しています。

複数の遺言書が見つかった場合

複数の遺言書が見つかった場合、以下のような対応が必要です。

  1. それぞれの遺言書が条件をみたしているか確認する
  2. 遺言書の内容に食い違いがあるか確認する

確認した結果、遺言の内容によって、どの遺言書に従うべきかが決まります。

  1. 有効な遺言書と無効な遺言書があれば、有効な遺言書の内容に従う
  2. 有効な遺言書が複数あり、書かれている内容に食い違いがある場合、日付が新しい方の遺言書に従う
  3. 有効な遺言書が複数あり、内容に食い違いがない(異なる内容でもそれぞれ両立する)場合、それぞれの遺言書に従う

遺言書が有効かどうかを確認する

2通以上の遺言書が見つかった場合、それぞれの遺言書の有効性を確認します。有効な遺言書と無効な遺言があれば、有効な遺言書の内容に従います。 自筆証書書遺言が複数見つかった場合には、すべての遺言書を検認しましょう。

有効な遺言書が複数ある場合は内容を確認する

有効な遺言書が複数ある場合には、それぞれの遺言書の内容に食い違いがあるかどうかを確認します。

内容に食い違いがある場合

遺言書の内容に食い違いがある場合、遺言書に書かれた日付を確認します。日付が古い方の遺言書は無効となり、新しい方の遺言書に従うことになります。 たとえば、「遺産の全部を長男に相続させる」と書かれた遺言書と、「遺産の全部を次男に相続させる」と書かれた遺言書が見つかったケースです。 2つの遺言書の日付を確認した結果、もし「遺産の全部を長男に相続させる」と書かれた遺言書の日付の方が古ければ、遺産は次男が相続します。

日付が全く同じ場合、内容が食い違っている部分は無効になると考えられています。無効になった部分の遺産の分け方については、相続人同士の話し合いで決めることになります。

内容に食い違いがない場合

遺言書の内容に食い違いがない場合、どちらも有効な遺言書となるので、それぞれの遺言書に従います。 たとえば、「預貯金は長男に相続させる」と書かれた遺言書と、「不動産は次男に相続させる」と書かれた遺言書が見つかったケースです。 このケースでは、2つの遺言書の内容に食い違いがない(それぞれの内容が両立する)ので、それぞれの遺言書に従い、預貯金を長男が、不動産を次男が相続します。

次に読みたい記事

遺言書を見つけても開封してはいけないの?裁判所で遺言書を開封する「検認」手続き

遺言書を見つけると早く中身を確認したくなりますが、開封する前に裁判所で「検認」という手続きを行う必要があります。 * 検認とは * 検認手続きの流れ ...

自筆証書遺言が有効か無効かを確認する8つのポイント

遺言書の検認が終わったら、遺言書が有効か無効かを確認しましょう。自筆証書遺言は自宅で手軽に作れる反面、偽造できてしまうリスクがあることから、有効な...

公正証書遺言が有効か無効かを確認する6つのポイント

公正証書遺言は公証人という法律の専門家が作成するので、無効となる場合は多くありません。しかし、一定の条件を満たしていない場合には無効になることがあ...

あわせて読みたい関連記事

【相続】家族が亡くなったらやるべき手続きと相続の流れ

ご家族が亡くなった後、すぐにやらなければならない手続きがあります。また、これから始まる相続の手続きについても準備をしていく必要があります。 * 家...

家族が亡くなったとき葬儀が終わった後にやるべき手続きと進め方まとめ

家族が亡くなったとき、葬儀が終わった後でやるべき手続きと進め方をまとめました。 * 公共料金などお金に関する手続き * 運転免許証の返納などお金以外...

遺言書がある場合の遺産の種類と遺産の価値を評価する方法

相続するとき、遺言書がある場合でも、どんな遺産が残されているのかを調べる必要があります。 * 何が遺産にあたるか * どのように遺産を探せばよいのか ...

遺言書がある場合に相続手続きを自分で行うための手続きガイド

遺言書がある場合の相続手続きは自分で行うことができます。 * 預金の相続手続き * 不動産の相続手続き * 自動車の相続手続き この記事では、このよ...

相続税を申告する手続きの流れまとめ

相続税の手続は原則として、一定の期限内におこなう必要があります。一方、相続税の手続きを進めるためには、遺産の価値を評価した上で、税務署に申告して納...

解決までの流れ

解決までの全記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言を扱う弁護士を探す

遺言の効力に関する法律相談

  • 自筆遺言書の検認と指紋について

    裁判所で検認をする際、立ち会う人はみんなで遺言書の原本を見ることが出来ると聞きますが、 1. 素手で触るのでしょうか?あるいは手袋などを用いるのでしょうか? 2. 検認済みの遺言書原...

    1弁護士回答
  • 自分が死んだ時に元嫁の子供に出来るだけ相続させたく無い場合。

    出来るだけ現嫁と子供に相続させたい。 私には12年前に離婚した元嫁と子供が1人います。離婚届を渡した12年前より1度も面会してません。申し訳無い言い方ですが元嫁にも子供にも情も何もあり...

    1弁護士回答
  • 自分の死後の子の養育者を遺言で指定できますか?

    4年前に離婚しシングルマザーとして5歳の子を育てています。親権・養育権ともに私にあります。 元夫と子は定期的に面会交流しており、良好な関係です。 この度、元夫が再婚することになりま...

    1弁護士回答
  • 遺産相続の協議中に相続人のひとりが亡くなった場合

    相続に関しての質問です。 父が亡くなり自筆遺言書が出てきました。 検認済みです。 法定相続人は母、私、妹の3人です、 妹は弁護士を依頼し遺言書の無効を訴えると言ってます。 母と私...

    2弁護士回答
  • 前妻の公正証書と遺言書どちらが効力ありますか?

    夫は前妻との間に公正証書を作成しています。 内容はローン残がある夫名義の住宅を売却までは前妻が住むことができ、残債を返却した残金は半分づつ分けるというものです。 夫は自分にもしも...

    1弁護士回答

相談を絞り込む

遺言の効力の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...