現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

贈与

贈与には生前贈与・死因贈与・負担付贈与の三種類があります。ここでは贈与の種類や基本知識について、解説記事や具体的な法律相談を通して確認しましょう。

贈与に関する法律相談

  • 実家の土地名義が贈与されていました

    【相談の背景】 今まで実家は父親名義でした。 父は精神疾患があり、精神病院に20年以上入院しています。 私には弟がおり、弟は何の相談もなく 勝手に土地を自分の名義にし、家を解体、...

    2弁護士回答
  • 50歳以上で結婚した場合の親からの結婚資金の贈与

    【相談の背景】 50歳以上で結婚し、親など直系尊属から結婚資金を受け取った場合、1000万円に達していなくてももう非課税にはならず、必ず贈与税がかかるのでしょうか? 晩婚には考慮され...

    2弁護士回答
  • 教育資金贈与をした人の会社が倒産、自己破産した場合

    【相談の背景】 半年前に父(77才)から息子(10才)に、教育資金贈与(1,500万円)をしてもらいました。 父は会社を経営しておりコロナの影響で経営が悪化し、現在銀行から2億7千万の借入...

    1弁護士回答
  • お金の貸し借りと税金について

    【相談の背景】 1年前に知り合いの投資家に約200万円貸しました。この1年間でかなり利益が出るようになったらしく、感謝もこめて約300万円で返すと言われました。 この場合に税金がどう...

    1弁護士回答
  • 時効援用の要件が不明な場合について、どう判断されるのか?

    【相談の背景】 私には贈与された抵当権付き不動産(2002年に登記で原因は1998年)があります。 時効(援用)といきたいところですが、その要件となる弁済期が不明です。登記所で申請書を...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

贈与の解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識