弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続手続き

相続手続きは遺言の有無や財産の種類、相続人の人数などによって異なります。期限がある手続きもありますので、全体の流れも含め、解説記事や具体的な法律相談を通して基礎知識を確認しましょう。

相続手続きに関する法律ガイド

家族が亡くなった際の年金に関する手続き - 遺族年金の種類と必要書類

成人であれば誰もが加入している「年金」。年金受給者が亡くなった際には、遺族が手続きを行わなければなりません。また未受給者であっても、遺族年金...

相続で必要な戸籍謄本の種類と取得方法

遺言書の検認や遺産分割など相続手続きの初期段階から、相続分確定後の名義変更などの段階に至るまで、戸籍謄本が必要となります。対象者も被相続人や...

家族が亡くなった際の介護保険の手続き - 保険証の返却と保険料の精算

亡くなった人が介護保険に加入していた場合に、遺族が行うべき手続きをまとめました。介護保険証の返却だけではなく、保険料の精算も必要です。保険料...

家族が亡くなった際の健康保険の手続き - 保険証の返却や葬祭費の支給

故人が加入していた健康保険の種類によって、遺族が行う手続きは変わります。遺族が故人の扶養に入っていた場合は、今までの保険が喪失してしまいます...

家族が亡くなった際の生命保険の手続き

家族が亡くなった際に行う生命保険の手続きは、死亡保険金の請求だけではありません。保険契約によって手続きが変わりますので、まずは生命保険の契約...

株式の名義変更に必要な書類。上場株式の場合は証券口座も必須。

株式を相続するためには、名義変更の手続きと証券口座の新規開設が必要です。証券口座については、すでに持っている場合は不要な可能性もあります。証...

自動車の名義変更に必要な書類。手続きをして、不要な自動車税は払わない

自動車を相続するためには名義変更が必要です。自動車を引き続き使用する場合も、廃車にする場合も必ず手続きをしましょう。管轄の各都道府県陸運局へ...

預金相続の名義変更に必要な書類と手続き

口座を持つ名義人の死亡事実が金融機関に伝わると、口座は凍結されて出入金ができなくなります。たとえ家族であっても、無条件ですぐに預金を引き出す...

相続の発生から遺産分割までの流れと手順、注意点

相続は人生で何度も経験するものではなく、どのように手続きを進めればよいのかわからないことも多いでしょう。トラブルに陥らないためにも、まずは相...

準確定申告とは:相続手続きの期限

「準確定申告」とは、年度の途中で亡くなった人についての確定申告を、家族が行うことです。必ず必要な手続きではありませんが、生前に確定申告を行っ...

相続手続きに関する法律相談

  • 兄弟での不動産相続 その後譲渡?

    相続相続手続き

    実父100歳が昨年6月に亡くなりました。実父の面倒は実妹、実妹の子供がみておりました。法定相続人は実母90歳と私、実妹です。財産は都心の住んでいた土地建物のみです。遺言書もなく自分自...

    3弁護士回答
  • 死亡後の土地売買手続きについて

    相続相続手続き

    先日,兄が急逝しました。彼には配偶者,子どもはいなく,(兄から見て)母親ときょうだいが存命です。きょうだいは全て結婚しています。 兄には僅かな預金と,土地を持っていました。生前,そ...

    7弁護士回答
  • 親戚の相続を受けるには

    相続相続手続き

    伯父の相続を甥の私にしたいとの事を言われました。伯父は離婚をしてお子さん達とも縁を切っております。伯父が、病気等になった時に私にお金を下ろしたりしてもらいたいとの事です。 しかし...

    2弁護士回答
  • 遺産の受け渡しについて

    相続相続手続き

    父が亡くなり、相続手続きをを進めているところです。 公正証書遺言があり、遺言執行者は私になっています。 遺言書の内容は、孫(亡くなった兄の子)に〇〇万円、それ以外を私に相続させると...

    3弁護士回答
  • 名誉棄損など法的手続き

    相続相続手続き

    父がなくなったこと葬儀の連絡がなく葬儀に参列も出来ませんでした❗法的手続きはとれますか?

    2弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

相続手続きに関する解決事例

高橋 賢司

高橋 賢司弁護士

【遺産整理】遠方で亡くなった方の不動産を処分する等して現金化して、遺産分割した事例

新潟に住んでいた叔父が亡くなり、自分たちが相続人になったようだが、全く交流がなく、何をどうしていいかわからない、というご相談でした。遺産は、不動産と預金と株があるようです。弁護士が代理人となって、まず、財産の調査からスタートしました。財産が確定した後に、不動産の売却手続、預金の解約手続き、株式の移管手続きを全...

野田 隆史

野田 隆史弁護士

遺産相続(解決事例)

預金、土地、建物などの遺産がありましたが、兄妹間で話し合いが進まずに、長い間、相続ができませんでした。家庭裁判所の手続を利用して、法律に基づいた相続をすることができました。遺産相続は、話し合いが進まずに何年も解決されないことがあります。そうすると、ますます解決が難しくなることがあります。そうならないために、早...

大和 幸四郎

大和 幸四郎弁護士

相続財産の預金がひきだせない。

戸籍謄本等必要な書類が取得できず、相続財産の預金がひきだせませんでした。すぐに行動していただき、半月ほどで預金を引き出すことができました。先生に頼まなかったら今でも預金を引き出せませんでした。本当に感謝です。よくある相談です。他人の戸籍謄本等は業務上の場合弁護士なら、取得できます。解決できてよかったと感じてい...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...