弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産分割

遺産分割を行うためには、故人の財産内容を正確に把握する必要があります。相続人が複数いる場合は遺産分割協議となりますが、話し合いがまとまらなければ調停・審判・訴訟と進むケースもあります。

遺産分割に関する法律ガイド

遺産分割協議とは:協議が必要になるケースとその流れ

遺産分割をする際に相続人で話し合うことを、遺産分割協議といいます。遺産分割協議、協議書の作成ともに必須ではありません。ただし相続人が複数いる...

代償分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、相続人の一部が現物を取得したうえで...

遺産分割協議書の書き方:書式や必要書類、記載事項

遺産分割協議書の作成は必須ではありませんが、登記や預金などの名義変更時に必要になる場合があります。正確な記録を残すとトラブル防止にもなります...

遺産分割調停とは:調停の流れと手続き方法

遺産分割協議にて話がまとまらなかった場合、遺産分割調停によって相続分を決定できます。遺産分割調停は裁判所を介して行う手続きですが、調停成立の...

遺産分割協議証明書の書式・書き方

遺産分割協議証明書は遺産分割協議書とは異なり、遺産分割協議の内容を証明するものです。協議書の場合は1枚の書類に相続人全員の署名捺印が必要ですが...

遺産分割協議書での預貯金の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、特に遺産分...

換価分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、不動産などの遺産の一部または全部を...

遺産分割協議書での自動車の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、自動車の名...

数次相続の場合の遺産分割協議書

相続開始後に遺産分割が必要な場合で、遺産分割が終わらないうちに相続人の誰かが亡くなってしまうと、新たな遺産分割が発生します。このような状況を...

遺産分割審判とは:審判の流れと手続き方法

遺産分割調停が不成立となった場合、自動的に遺産分割審判へと移行します。新たな申立て手続きは不要で、通常であれば審判についても調停を行った裁判...

遺産分割に関する法律相談

  • 亡き父の動・不動産の相続分割方法で兄弟で冷戦中、2つ質問します

    相続遺産分割相続財産 分割方法

    父と同居していた兄が、相談なく司法書士に依頼し全てを相続しようとしていました。 「印を押さない」ことで阻止したのですが、このあと話し合いに応じません。 相談1 「しばらく冷却期間...

    1弁護士回答
  • 相続人5人の別々の弁護士さん

    相続遺産分割遺産分割調停

    親が亡くなった時の遺産分割でもめ、相続人が5人いる場合それぞれの主張も違いますので、それぞれがバラバラに弁護士さんを依頼した場合、調停、裁判はどのように進んでいくのでしょうか? ...

    3弁護士回答
  • 家事事件手続法200条2項による申立書の謄写

    相続遺産分割

    遺産分割調停の相手方です。申立人から申立をされて、現在のところ、調停期日の連絡もまだ来ない段階です。家裁から調停前の財産保全仮処分の審判正本が送達されてきました。相続財産内の不...

    3弁護士回答
  • 遺産相続審判終了後と抗告の対応について

    相続遺産分割遺産分割調停遺産分割審判

     先日、遺産相続の審判が終結しました。 その際、審判確定後から2週間以内に遺産(銀行口座の現金のみ)を一括で私が受け取った後、各遺族に等分で分配するよう家庭裁判所から指示が出され...

    1弁護士回答
  • 遺産分割協議書VS修正した合意書

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    すべて質問者が相続する旨の遺産分割協議書が作成されました。(各自署名、実印押印、印鑑証明書あり。) しかし、生前、預金債権を着服していた相続人の一人が引渡しをしないので弁護士に取立...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

遺産分割に関する解決事例

赤渕 由紀彦

赤渕 由紀彦弁護士

相続人の一人が遺産を独り占めしようとしたのに対し、遺産分割調停を利用して、納得できる解決をすることができました

札幌在住の40代女性であるSさんは、3人兄弟の末っ子でした。何年も前にお母さんは亡くなっていましたが、ついにお父さんも病気で亡くなってしまいました。 お父さんが亡くなってしばらくし、生活も落ち着いてきたころ、お父さんの遺産の整理が問題になりました。 お父さんには、土地・建物のほか、まとまった金額の預金などの財産が...

鈴木 祥平

鈴木 祥平弁護士

兄弟間の感情的な確執をどのように解決するべきなのか? 相続をめぐる家族模様

 当初、私の所に来た依頼者(兄・60代)は、亡くなった父親の遺産である実家の土地・建物を取得することを望んでおり、弟に対し、遺産分割の協議をして欲しいという申入れをしました(依頼者は、父親と同居をしておりました。)。  しかし、兄と弟の間で昔からひきづっている感情的な対立がありました。依頼者(兄)としては、遺...

新井 哲三郎

新井 哲三郎弁護士

独身のまま亡くなられた弟の遺した財産の処分方法について

兄弟の人数が多く、連絡がとれる親族間では弟の財産形成に寄与した依頼者に多めの額を分割することが合意できているが、連絡のつかない相続人や代襲相続人もおり、今後どう進めたらいいのかわからないという状況でした。 まず戸籍の調査を行いました。その結果、依頼者の御父様が御母様とは再婚だったことがわかり、以前の...

遺産分割の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...