弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産分割

遺産分割を行うためには、故人の財産内容を正確に把握する必要があります。相続人が複数いる場合は遺産分割協議となりますが、話し合いがまとまらなければ調停・審判・訴訟と進むケースもあります。

遺産分割に関する法律ガイド

遺産分割協議とは:協議が必要になるケースとその流れ

遺産分割をする際に相続人で話し合うことを、遺産分割協議といいます。遺産分割協議、協議書の作成ともに必須ではありません。ただし相続人が複数いる...

代償分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、相続人の一部が現物を取得したうえで...

遺産分割協議書の書き方:書式や必要書類、記載事項

遺産分割協議書の作成は必須ではありませんが、登記や預金などの名義変更時に必要になる場合があります。正確な記録を残すとトラブル防止にもなります...

遺産分割調停とは:調停の流れと手続き方法

遺産分割協議にて話がまとまらなかった場合、遺産分割調停によって相続分を決定できます。遺産分割調停は裁判所を介して行う手続きですが、調停成立の...

遺産分割協議証明書の書式・書き方

遺産分割協議証明書は遺産分割協議書とは異なり、遺産分割協議の内容を証明するものです。協議書の場合は1枚の書類に相続人全員の署名捺印が必要ですが...

遺産分割協議書での預貯金の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、特に遺産分...

換価分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、不動産などの遺産の一部または全部を...

遺産分割協議書での自動車の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、自動車の名...

数次相続の場合の遺産分割協議書

相続開始後に遺産分割が必要な場合で、遺産分割が終わらないうちに相続人の誰かが亡くなってしまうと、新たな遺産分割が発生します。このような状況を...

遺産分割審判とは:審判の流れと手続き方法

遺産分割調停が不成立となった場合、自動的に遺産分割審判へと移行します。新たな申立て手続きは不要で、通常であれば審判についても調停を行った裁判...

遺産分割に関する法律相談

  • 相続で不動産の占有について

    相続遺産分割相続財産 分割方法代償分割

    相続で不動産が共有状態なのに占有と称して代償分割を請求している一部相続人がいます。 一部相続人が、別の相続人に対して占有を理由に代償金を請求しているが、他の相続人は占有していない...

    4弁護士回答
  • 遺産分割調停と成年後見について

    相続遺産分割遺産分割調停

    火事で父親と実家を無くしました。一緒に暮らしていた弟が生命保険金などのほとんどを受取人になっていて郵便貯金と銀行の貯金が少し残っているだけだと弟は言っていてその弟が家庭裁判所に...

    1弁護士回答
  • 葬儀費用の兄弟負担について

    相続遺産分割

    ネットで無料のこのサイトを知りました。突然失礼いたします。 先日、最愛の祖母が亡くなりました。 そのことで、子供たち(私から見るとおじ・おばです)が揉めております。 全員、既婚の...

    1弁護士回答
  • 個人再生を考え中です 祖父名義の遺産分割

    相続遺産分割相続財産

    恥ずかしい話しですが、10年前に亡くなった祖父名義の今は誰も住んでいない不動産があり遺産相続がされていない状態のようです 4年前に父も亡くなり父名義の今住んでいる築50年以上の持ち家...

    2弁護士回答
  • 有価証券の相続 法定相続人の協力を得るのが難しい

    相続遺産分割遺産分割協議

    家族が亡くなり、相続の手続きが困難で困っています。 無くなったのは、父になりますが、私とは血縁も養子縁組もない他人となります。 有価証券は、被相続人の配偶者(私の実の母)が、相続す...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

遺産分割に関する解決事例

上條 義昭

上條 義昭弁護士

子種目的で結婚した妻との協議離婚の事案

理工系のエリート従業員として働いている男性が、妻に見込まれて結婚したが、目当ては子種だけ欲しかったことから、2人子供が出来たら、子を連れて実家にばかり帰っていて、そのうち実家に居座ってしまったケースである。 夫が職場で必死に働いていること、専業主婦で、給与に管理を任せれている有り難さも理解せず、我がまま放題で、...

杉山 和也

杉山 和也弁護士

親の介護に尽力、自宅に住み続けられる内容の遺産分割に成功。

【60代・男性】Bさんは長男であり、実家で両親の介護を続けてきましたが、母親が亡くなった後に、それまで疎遠であった姉や、亡妹の子供たちから、厳密な法定相続分での分割を求められるようになりました。 もっとも、これまで住み続けていた自宅の評価額が高いため、法定相続分で分割すると、自宅を売って出て行かなければならず...

谷井 秀夫

谷井 秀夫弁護士

亡父親名義の不動産に引き続き居住することを希望する相続人が,当該不動産を単独で取得し,他の相続らに対し代償金を支払うとの遺産分割協議を成立させたケース

 ご相談者様(長男)は、父親が借地上に建てた建物に居住していたが、父親が亡くなり、次男・三男とともに、当該不動産を相続した。長男は、当該不動産に引き続き居住することを希望しているが、次男・三男は、当該不動産を高値で売却できる見通しがあるとして、長男に対し、当該不動産から退去し、当該不動産を売却して、売却代金を...

遺産分割の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...