弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産分割

遺産分割を行うためには、故人の財産内容を正確に把握する必要があります。相続人が複数いる場合は遺産分割協議となりますが、話し合いがまとまらなければ調停・審判・訴訟と進むケースもあります。

遺産分割に関する法律ガイド

遺産分割協議とは:協議が必要になるケースとその流れ

遺産分割をする際に相続人で話し合うことを、遺産分割協議といいます。遺産分割協議、協議書の作成ともに必須ではありません。ただし相続人が複数いる...

代償分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、相続人の一部が現物を取得したうえで...

遺産分割協議書の書き方:書式や必要書類、記載事項

遺産分割協議書の作成は必須ではありませんが、登記や預金などの名義変更時に必要になる場合があります。正確な記録を残すとトラブル防止にもなります...

遺産分割調停とは:調停の流れと手続き方法

遺産分割協議にて話がまとまらなかった場合、遺産分割調停によって相続分を決定できます。遺産分割調停は裁判所を介して行う手続きですが、調停成立の...

遺産分割協議証明書の書式・書き方

遺産分割協議証明書は遺産分割協議書とは異なり、遺産分割協議の内容を証明するものです。協議書の場合は1枚の書類に相続人全員の署名捺印が必要ですが...

遺産分割協議書での預貯金の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、特に遺産分...

換価分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、不動産などの遺産の一部または全部を...

遺産分割協議書での自動車の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、自動車の名...

数次相続の場合の遺産分割協議書

相続開始後に遺産分割が必要な場合で、遺産分割が終わらないうちに相続人の誰かが亡くなってしまうと、新たな遺産分割が発生します。このような状況を...

遺産分割審判とは:審判の流れと手続き方法

遺産分割調停が不成立となった場合、自動的に遺産分割審判へと移行します。新たな申立て手続きは不要で、通常であれば審判についても調停を行った裁判...

遺産分割に関する法律相談

  • 遺産、不当利得返還請求権の時効について

    相続遺産分割遺産分割協議

    現在30才です。 16才のときに母方の祖父の遺産を相続しましたが、未成年だった為、父が管理。いまだに渡してくれません。母は既に他界していました。 以前、不当利得返還請求権の時効は成...

    2弁護士回答
  • 遺産分割で相続額よりも生前贈与額のほうが多くなった場合、差額は返さなければならない?

    相続遺産分割

    父親が約7000万円の預貯金を残して亡くなりました。相続人は、母、兄(長男)、私(次男)、弟(三男)の四人です。生前贈与は、母(0円)、兄(1175万円)、私(3190万円)、弟(630万円...

    2弁護士回答
  • 贈与の範囲が多すぎる。

    相続遺産分割

    4人兄弟なのですが上から3番目の弟だけは父の生前3000万円の贈与を受けています。 父の死後、遺言書はありませんでしたが。通帳には1000万円入っていました。 4人での遺産分割は...

    2弁護士回答
  • 遺産分割協議証明書の履行が不可能になった為、再度作成したいが如何すれば良いのでしょうか。

    相続遺産分割遺産分割協議

    遺産分割協議の最中に1人他界しました。 1.先に成立した遺産分割協議証明書の記載内容(守って貰いたい事)を厳守する様な文面を作成したい。 どの様な言葉を付け加えたら良いのでしょう...

    1弁護士回答
  • 相続 遺産分割協議書に関する質問

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    父名義のマンションの相続で、相続人10人の内9人からは既に各々署名、捺印された遺産分割協議書を入手しましたが、残りの一人は、協議書作成時にマンション売却のため私の単独名義とする...

    4弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

遺産分割に関する解決事例

丸山 英敏

丸山 英敏弁護士

むずかしい遺産分割の解決事例

遺産の範囲が確定せず、2人の姉が弟(長男)に子供がいないので家(土地建物)を継がさないと20年近く争ってきました。調停申立から代理人となり、姉2人にも弁護士がついたので預貯金の遺産の範囲が確定し、審判で弟が姉2人に代償金を支払い、家を相続取得することができました。 遺産分割は相続が争族にならないように迅速・適正に行...

中西 祐一

中西 祐一弁護士

父親の遺産分割で、無記名債が遺産となるかどうかが問題となった事例

父親が死亡し、遺産分割問題が発生。相続人は、依頼主とその兄・姉の3人。 父親は多額の無記名債を保有していたが、兄が、この無記名債の半分は自分の物であると主張してきた。遺産分割調停を申し立て、話合いを試みたが、決着しないため、別途、遺産確認の訴訟を起こした。無記名債の取扱金融機関に、取引名義人として誰が記録され...

立畑 徳和

立畑 徳和弁護士

遺産分割交渉により、①亡くなられた被相続人の事業上の連帯保証債務について、事業を継がない相談者である相続人を免責させ、②取得する遺産を増額し、希望通りの賃料収入のある不動産を取得することに成功した事例

相談者のX女さんは、亡くなられた被相続人A男さんの先妻で、A男さんの相続人には、相談者X女さんとの間に生まれた未成年の子供X2さん、本件相手方である後妻の子供Yさんがおられました。 亡くなられた相談者X女さんの元夫A男さんは、老舗B会社の経営者で、B会社は多額の資産と、金融機関の借入れと取引先への手形債務があ...

遺産分割の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  2. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  3. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  4. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  5. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  6. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  7. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...