弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産分割

遺産分割を行うためには、故人の財産内容を正確に把握する必要があります。相続人が複数いる場合は遺産分割協議となりますが、話し合いがまとまらなければ調停・審判・訴訟と進むケースもあります。

遺産分割に関する法律ガイド

遺産分割協議とは:協議が必要になるケースとその流れ

遺産分割をする際に相続人で話し合うことを、遺産分割協議といいます。遺産分割協議、協議書の作成ともに必須ではありません。ただし相続人が複数いる...

代償分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、相続人の一部が現物を取得したうえで...

遺産分割協議書の書き方:書式や必要書類、記載事項

遺産分割協議書の作成は必須ではありませんが、登記や預金などの名義変更時に必要になる場合があります。正確な記録を残すとトラブル防止にもなります...

遺産分割調停とは:調停の流れと手続き方法

遺産分割協議にて話がまとまらなかった場合、遺産分割調停によって相続分を決定できます。遺産分割調停は裁判所を介して行う手続きですが、調停成立の...

遺産分割協議証明書の書式・書き方

遺産分割協議証明書は遺産分割協議書とは異なり、遺産分割協議の内容を証明するものです。協議書の場合は1枚の書類に相続人全員の署名捺印が必要ですが...

遺産分割協議書での預貯金の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、特に遺産分...

換価分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、不動産などの遺産の一部または全部を...

遺産分割協議書での自動車の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、自動車の名...

数次相続の場合の遺産分割協議書

相続開始後に遺産分割が必要な場合で、遺産分割が終わらないうちに相続人の誰かが亡くなってしまうと、新たな遺産分割が発生します。このような状況を...

遺産分割審判とは:審判の流れと手続き方法

遺産分割調停が不成立となった場合、自動的に遺産分割審判へと移行します。新たな申立て手続きは不要で、通常であれば審判についても調停を行った裁判...

遺産分割に関する法律相談

  • 遺産分割協議書の割印について

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    相続人が4人いるので、 同じ内容の協議書(A・B・C・Dとします)を4通作成しました。 このときの相続人全員の「割印」について ① A・B・C・Dの4通にまたがるように1人ずつ押印する ② ...

    1弁護士回答
  • 弁護士さんに支払うお金について

    相続遺産分割遺産分割調停

    親名義の土地があります。相続人で話し合いをしていますが進んでいません。弁護士に相談したいと思っています。その際、聞いた話によると弁護士さんに1割支払う必要があると聞きました。その...

    2弁護士回答
  • 遺産分割協議弁護料の平均

    相続遺産分割遺産分割協議

    遺産分割協議を弁護士の方にお願いすると料金はどれくらいかかるものでしょうか?

    2弁護士回答
  • 前妻の子供への相続対策

    相続遺産分割相続財産

    旦那には前妻との間に子供が二人います。 これからマンションを購入し頭金の500万は私が独身時代の貯金を使用したとして、 まんがいち20年後旦那が亡くなった場合、半分が妻・残りの半分が前...

    2弁護士回答
  • 遺産相続 返信がなければ同意とみなして良いでしょうか

    相続遺産分割遺産分割協議

    父が亡くなり、相続人は私(長女)妹(次女)弟(長男)の3人となりました。 うち弟と遺産や父の法事を巡って意見が合わなくなり、ついには私や妹からの連絡 (電話メール)に一切応答しな...

    4弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

遺産分割に関する解決事例

早川 光俊

早川 光俊弁護士

音信不通の長男との遺産分割の事案

夫が亡くなり、妻と子供2人が、夫の遺産を相続する事案。子供の一人(長男)は母親や兄弟と対立して家を出ており、長期間にわたって音信不通の事案でした。依頼の趣旨は、音信普通の長男を捜すことと、遺産のなかの土地と建物は母親が住み続けたいので、確保して欲しいとのことでした。預金もありましたが、土地と建物を評価し、法定相...

赤渕 由紀彦

赤渕 由紀彦弁護士

相続人の一人が遺産を独り占めしようとしたのに対し、遺産分割調停を利用して、納得できる解決をすることができました

札幌在住の40代女性であるSさんは、3人兄弟の末っ子でした。何年も前にお母さんは亡くなっていましたが、ついにお父さんも病気で亡くなってしまいました。 お父さんが亡くなってしばらくし、生活も落ち着いてきたころ、お父さんの遺産の整理が問題になりました。 お父さんには、土地・建物のほか、まとまった金額の預金などの財産が...

椛島 修

椛島 修弁護士

兄弟間で遺産分割の協議が整わないため遺産分割調停申立をした事例

依頼者の父が亡くなり、その遺産分割をしないうちに母も亡くなったため、兄弟間の相続になった事例です。 兄弟のうちの一人が遺産分割協議に応じず、脅迫的な言動をとるために分割協議が難航しました。 依頼者が当事務所の弁護士に依頼する前に遺産分割調停を申し立てていましたが、相手方らが裁判所に出頭しなかったため、依頼者は...

遺産分割の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...