弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺言書

遺言書は一般的に、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類です。適切に作成しないと、場合によっては無効になります。遺言書の効力や、相続人が取るべき対応について確認しましょう。

遺言書に関する法律ガイド

遺言書(自筆証書遺言)の書き方と文例

遺言書は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言と3種類ありますが、ここでは自筆証書遺言の書き方を紹介します。自筆証書遺言は一人で作成するこ...

遺言信託・遺言代用信託とは?メリットやデメリット

遺言代用信託を利用すると、遺言書の作成から執行までの全てを信託銀行に委託できるので便利です。財産に関する内容に限られますが、2世代先まで遺産の...

遺言書の検認とは?流れや期間、申立方法まで

民法の規定により、「公正証書遺言以外の全ての遺言書」は必ず検認を受けなければなりません。相続手続きを進めるうえで、速やかに検認を受けることは...

公正証書遺言の作成費用や証人への報酬

公正証書遺言を作成するために必要な費用は、公証人の手数料と証人2名分の報酬です。公証人の手数料は、遺言書に書く財産額に応じて変わります。公証役...

自筆・公正証書遺言が無効になるケース

遺言には細かく規定があります。自筆証書遺言だけではなく、効力が高いとされる公正証書遺言であっても、無効になる可能性はありますので注意が必要で...

遺言書の作成方法:費用や書類の必要性

遺言書の作成方法について、一般的な3種類を取り上げて紹介します。全て自筆しなければならない遺言書もあれば、公証役場に赴く必要がある遺言書もあり...

遺言執行者に支払う報酬の相場

遺言執行者の報酬を含む遺言執行に関する費用は相続財産から負担し、相続財産から報酬等を除いた額を相続人で分けます。遺言執行者は利害関係者が務め...

公正証書遺言の作成時の流れや必要書類

公正証書遺言は、自筆証書遺言と異なり公証人や証人が関わりますので証拠能力が高く、無効となる可能性が極めて低いです。また、原本は公証役場で保管...

秘密証書遺言とは:作成の流れとメリット・デメリット

自筆証書遺言や公正証書遺言と比べると、秘密証書遺言は実際にはあまり利用されていませんが、秘密証書遺言ならではのメリットもあります。ここでは秘...

遺言書を見つけた場合の正しい開封方法

自筆証書遺言と秘密証書遺言を開封する場合は、まず検認を受けましょう。検認を受けずに開封しても遺言内容は有効ですが、開封した人に過料が科せられ...

遺言書に関する法律相談

  • 遺言書を郵送する事について

    相続遺言書

    遺言書の検認手続きがおわり、相続人である人が出席できませんでした、遺言書のコピーを郵送してほしいといわれました、法律的に郵送してもよいですか?今後こまる事はありませんか?

    2弁護士回答
  • 遺言がある場合のその他の財産の相続について

    相続遺言書

    母の相続なのですが、財産は土地建物と預金です。 相続人は私と妹です。遺言がありまして、妹が住んでいた土地建物は妹に相続させる旨がありました。 残りの土地建物や預金は遺言を除いて...

    4弁護士回答
  • 遺言執行者が税理士変更を認めない

    相続遺言書遺言執行者

    以前この質問をしました。 https://www.bengo4.com/c_4/c_1049/c_1528/b_513711/ 昨年の11月に父が亡くなり、兄と私の相続で、公正証書遺言で遺言執行者として司法書士が入っています。 司...

    1弁護士回答
  • 遺言書に「秘密遺言書」となるものあるのですか?

    相続遺言書公正証書遺言

    父が「公正証書」を作っていましたから法務局で相続登記を終えました。が、死後、兄弟に「公正証書」の写しを渡したところ、その中の一人から封筒に封した遺言書があると言ってきました。そ...

    1弁護士回答
  • 生前中に貸していた道具の返却

    相続遺言書公正証書遺言

    先日、伯母が亡くなり公正証書遺言で私の父が相続人となり、遺言執行人は司法書士の先生がなっています。 伯母は生前お茶を教えていたのですが、その時に自分の道具などを親戚などに貸して...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

遺言書に関する解決事例

山田 昌典

山田 昌典弁護士

被相続人と同居していた相続人が、被相続人の死後も、遺産の内容を開示せず、遺産の分配を行おうとしない状況で、遺産の内容を調査し、清算をさせる。

被相続人と同居していた相続人が、被相続人の死後も、遺産の内容を開示せず、遺産の分配を行おうとしません。どうしたらよいでしょうか?被相続人名義の預貯金口座の入出金明細を取得したところ、被相続人名義預貯金口座から多額の出金がされていることが判明しました。 これについて、同居の相続人に対して、使途の説明を求め、示談...

大橋 史典

大橋 史典弁護士

不動産の分け方でトラブルに

父の相続財産が不動産のみで、遺言が存在しないという状況でした。 そのため不動産の正確な価値の計算に難儀していたところで、弁護士法人アドバンスに相談してみることにしました。結果的に正規の価値を算定し、相続人間の話合いの機会を重ねることにより無事、全員が納得の遺産分割協議書を作成することが出来ました。遺産は金額の...

堀井 実

堀井 実弁護士

危急時遺言を作成し、遺言者の意思を実現することができた事例

相談者には奥さんがいるのみでお子さんはいらっしゃいませんでした。相談者は老人ホームに入所しておりましたが、肺が悪く、酸素吸入を受けており、余命はごくわずかであると診断されている状態でした。相談者は、死後、奥様に遺産全部を渡したいという意思を有していましたが、相談者が亡くなられた場合、4分の1の法定相続分を有す...

遺言書の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...