弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺言書

遺言書は一般的に、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類です。適切に作成しないと、場合によっては無効になります。遺言書の効力や、相続人が取るべき対応について確認しましょう。

遺言書に関する法律ガイド

遺言の内容を実現する「遺言執行者」の役割・選任する方法

亡くなった方が遺した遺言書にしたがって、預貯金や土地の名義変更などの手続きを一手に引き受けるーー。そんな役割をもつのが「遺言執行者」と呼ばれ...

遺言書の「検認」必要な場合と手続きの流れを詳しく解説

亡くなった家族の荷物を整理していたら、「遺言書」と書かれた封筒が…。「すぐに中身を確認したい」と考えても、慌てて開封してはいけません。遺言書に...

「自筆証書」と「公正証書」2つの遺言それぞれのメリット・デメリット

自分の死後、親族が相続でもめないように、今のうちに遺言書を書き残しておきたいーー。そう考える人は少なくないと思いますが、遺言書には、法律で決...

せっかく書いた遺言を「無効」にしないために…注意すべきポイントまとめ

遺言書は、作成のルールが法律で細かく決められていて、このルールに反すると無効となってしまうことがあります。遺産をめぐって争いが起きないために...

遺言書に関する法律相談

  • 土地の相続について、住所が異なっています。分割協議書無しで手続きができるかを教えて下さい

    相続遺言書

    先日祖母が亡くなり、遺言により母が土地を相続することになりました。 検認は行っています。相続することになった土地の住所が、登記簿の住所と微妙に異なっているのですが、 こちらで相続...

    2弁護士回答
  • 遺産相続について相談です。

    相続遺言書公正証書遺言

    遺産相続について相談です。 通常の遺産相続の場合は遺産分割協議書を作成し、相続人全員が承認し印鑑を押すことにより相続が完了すると聞いております。 ①今回のケースは妻の父が生前に公...

    2弁護士回答
  • 相続人廃除申立について

    相続遺言書

    こんにちは。 遺言書にある相続人廃除ですが、執行者(私)が申立てる必要があると聞きました。 相手方は私との婚姻によって私両親の養子となり、実子は私一人です。 相手方とは既に離婚...

    2弁護士回答
  • 裁判所からみての辞任・解任の重さの違い

    相続遺言書効力

    裁判をしていますが, (些細なことで)代理人から怒られ, 一方的に「辞める」, 「継続してもいい」, 「辞める」と 不安定にグラグラされました。 そのことで自分が体調不良になってしまいまし...

    3弁護士回答
  • 多額の借金のある兄がいる場合の相続をどうするべきか?

    相続遺言書書き方

    父と死別した母が、遺言状を書こうとしています。 法定相続人は、兄、私、弟の3人です。 兄は、事業に失敗し、多額の借金があり、住んでいた家から家族から追い出され実家に、居候しています...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

遺言書に関する解決事例

横山 清亮

横山 清亮弁護士

遺言無効確認請求訴訟を提起して勝訴判決を得た事案

親の相続を巡る兄弟間の紛争。当初,依頼者は本人申立により遺産分割調停を行っていましたが,相手方から実印の押捺された自筆証書遺言があったと主張されたことにより,弁護士へ依頼するに至りました。自筆証書遺言の有効性が争点であり,遺言無効確認請求訴訟を提起。 被相続人の死亡前のカルテ等を入手して,当時,遺言能力がなか...

飛渡 貴之

飛渡 貴之弁護士

親父が亡くなった。兄弟にすべてあげるという遺書がでてきた。

親の面倒を多少はみてきたし、仲が悪かったわけではない。 そうであるのに、すべて兄弟にあげるという遺言はおかしい。 私ももらう権利があるのではないか遺言の内容にはなっとくできないですが 最低限1000万円得られたことにとても満足です。被相続人は認知症になったという形跡もなく 遺言は公正証書でした。 したがって、遺...

廣瀬 和之

廣瀬 和之弁護士

相続すれば不利益になりかねない財産を、依頼者に相続させる内容の公正証書遺言が作成された事案

法定相続人の一人にほとんどの財産を相続させ、相続すればかえって不利益となるような財産を依頼者に相続させる内容の公正証書遺言が作成された事案でした。しかし、このまま遺言書のとおりに相続にすることに納得ができないとして、遺留分減殺請求権を行使した上で、調停を申し立てました。 最初に担当した調停委員は、形...

遺言書の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...