現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

遺言書

遺言書は一般的に、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類です。適切に作成しないと、場合によっては無効になります。遺言書の効力や、相続人が取るべき対応について確認しましょう。

遺言書に関する法律相談

  • 遺言書の書き換えについて

    【相談の背景】 私の主人の父親の姉についてです。父親(母親も)は既に他界しており伯母(姉)には主人と主人の姉以外に親戚はいません。 伯母は軽度の認知症で施設に入っており遺言書を書い...

    3弁護士回答
  • 公正証書遺言書が2枚ある場合に、受遺者が遺言を拒否した場合

    【相談の背景】 公正証書遺言書が2枚ある場合についての質問です 【質問1】 この場合新しい遺言書が優先させると思いますが、新しい遺言書の受遺者が拒否した場合は、古い遺言書が効力...

    1弁護士回答
  • 遺言に記載のない家財道具などの遺言執行

    【相談の背景】 遺言執行者に指定されています。 遺言内容をよく読むと(簡略化しています)、 ①不動産(マンション)をA(孫)に遺贈する ②上記①を除く遺言者の有する一切の財産を相続...

    2弁護士回答
  • 民法1011条2項の「立会」の解釈について

    【相談の背景】 公正証書遺言にて、遺言執行者に指定されており、この度遺言者が死亡しました。遺言者や相続人とは血縁関係はなく、長男の知り合いです。法定相続人は、長男と長女、二女、...

    1弁護士回答
  • 両親の囲い込みについて

    【相談の背景】 姉が両親(90,85,若干の認知症)を囲い込み,1か月会わせてもらっていません。自分の子供(弟,妹),親戚,友人と一切の連絡を遮断されています。 何度か会いに行きまし...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識