弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺言書

遺言書は一般的に、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類です。適切に作成しないと、場合によっては無効になります。遺言書の効力や、相続人が取るべき対応について確認しましょう。

遺言書に関する法律ガイド

遺言の内容を実現する「遺言執行者」の役割・選任する方法

亡くなった方が遺した遺言書にしたがって、預貯金や土地の名義変更などの手続きを一手に引き受けるーー。そんな役割をもつのが「遺言執行者」と呼ばれ...

遺言書の「検認」必要な場合と手続きの流れを詳しく解説

亡くなった家族の荷物を整理していたら、「遺言書」と書かれた封筒が…。「すぐに中身を確認したい」と考えても、慌てて開封してはいけません。遺言書に...

「自筆証書」と「公正証書」2つの遺言それぞれのメリット・デメリット

自分の死後、親族が相続でもめないように、今のうちに遺言書を書き残しておきたいーー。そう考える人は少なくないと思いますが、遺言書には、法律で決...

遺言書に関する法律相談

  • 遺書がある場合、私を除き勝手に遺産相続をすることができるのか?

    相続遺言書

    去年、父親が亡くなりました。生前からお前には財産はやらんと言っていました。私には兄がおり、母親はだいぶ前に亡くなっているので相場人は私と兄です。父が亡くなった時も電報が一通届い...

    6弁護士回答
  • 成年後見人になれる可能性

    相続遺言書遺言執行者

    ①私が成年後見人になれる可能性は高いでしょうか? 父が亡くなり母と長男、長女、次女、次男(私)の四人兄弟です。 父は公証証書遺言を書いており。 遺言書に従って姉二人と私はそれぞれの...

    1弁護士回答
  • 親が自分に対する損害賠償義務を持ったまま死亡した場合

    相続遺言書

    私は兄弟が2人いますが、親が私に対して不法行為に伴う損害賠償責任(100円)を持ったまま死亡し、相続財産(1000円)について兄弟間の相続割合を遺言で指定(1/3ずつ)していた場合、自分はいく...

    3弁護士回答
  • 負の財産を、相続せずもうすぐ亡くなる母の所有のままにしておけるか

    相続遺言書

    遺言書で家屋と少々の預貯金を相続することになりました。 家屋は古く、相続してもそこに住む予定はありません。残しても維持費がかかるだけです。 しかし親の意向を汲み、10年位はそのま...

    4弁護士回答
  • 実母(既に他界)の夫の遺産相続

    相続遺言書公正証書遺言

    私の実母(既に他界)の夫が亡くなりました。実母が体調を崩し入院した際、面倒を見るため1年ほど 同居しておりましたが、実母が他界したため有料老人ホームに入居してもらいました。 財産らし...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

遺言書に関する解決事例

横山 巖

横山 巖弁護士

遺言は,「書いておかなければ。」と思ったときに書くべき!

 高齢のご婦人が入所されている施設の方から,ご婦人がとある宗教団体からお金をむしられているので助けて欲しい旨の相談を受けました。その件については,当職がその宗教団体に対し,彼女にはもうお金がないと伝えると,お金がないのであればもう用はないみたいなことを言われあっさり解決したのですが,ご婦人が,そうであれば,そ...

坂尾 陽

坂尾 陽弁護士

5000円での遺言書作成

相続対策のために遺言書を作成したいと考えました。 有名な四大法律事務所出身において相続・遺言問題を担当していた弁護士を中心として設立された事務所であるということでご相談することにしました。弁護士に5,000円で遺言書を作成して貰うことができました。自分で遺言書を作る時に分からなかった点が分かった。また、自分が想定し...

関根 翔

関根 翔弁護士

親族間で遺産分割協議を行う場合、感情の対立から話が進まず、むしろ親族の関係が悪化するケースがあります。かかる場合、感情対立が激しくなる前に専門家同席のもと話し合いをするのが有効です。

被相続人が亡くなった後に、遺言書がなく、財産をどうわけるか、親族間で争いになった場合、家族間の間のトラブルなので、裁判所や弁護士等第三者が介入することをためらう方がいます。しかし、親族間の争いは、誰が被相続人から生前に生活を支援してもらったとか、誰が被相続人の介護をしていたとかの話から、被相続人が誰を嫌ってい...

遺言書の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...