弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続分

遺言書がない場合、一般的には法定相続分で遺産分割をします。ここでは法定相続分の計算方法などの基礎知識から、寄与分・特別受益についてもまとめています。

相続分に関する法律ガイド

相続の不公平を調整する「特別受益」のルール・相続分の計算方法

亡くなった方(被相続人)の生前、特定の相続人が多額の援助を受けていたーー。このようなケースで、形式的に相続のルールをあてはめると「特定の相続...

特別な貢献した相続人の取り分が増える…「寄与分」が認められるための条件

被相続人(亡くなった方)の生前、介護や事業のサポートなどの貢献をした相続人には、法律で決められた取り分より、多くの遺産を引き継げることがあり...

相続分に関する法律相談

  • マンション贈与うけた場合の持ち戻し免除について

    相続相続分特別受益

    母、姉がおり、それぞれ別に住んでいます。 私が将来住むマンションを、母が資金を半分出してくれて半々の名義で購入しようと考えています(母と同居しません)。 購入1年後ぐらいに、母は私に...

    2弁護士回答
  • 子が持つ土地を親に貸し借地代(6%)をもらうことは特別受益とみなされる?

    相続相続分特別受益

    父が亡くなり、私(長男)と母と姉の3人が相続人です。 姉とは家族全員と前から仲が悪く絶縁状態です。 そこで、両親はなるべく私に相続させたいと考えています。母の生前になるべく資産を私に...

    2弁護士回答
  • 法定相続分に遅延利息を請求できますか?

    相続相続分

    親族から相続金を弁護士に支払われ、 弁護士に共同委任した代表委任者が、 弁護士から相続金を受け取った事実を、悪意をもって他の共同委任者に知らせなかった場合、 法定相続分に遅延利息...

    2弁護士回答
  • 特別受益について何が該当するか教えてください

    相続相続分特別受益

    生前、親から100万円をもらいました。 おこずかいや生活費といった名目でした。 特別受益を調べるとおこずかいや生活費は対象にはならないと書いてあったのですが、この金額でも対象外でしょ...

    2弁護士回答
  • この場合、遺産は貰えませんか?

    相続相続分

    義母と私達夫婦の関係は最悪で、同居してますが口もきかない状態です。 義母は被害妄想が酷くて実の息子である私の夫もお手上げ状態です。 口癖のように「こんな嫁には金なんか残さへん!」...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

相続分に関する解決事例

今村 公治

今村 公治弁護士

【遺産分割】兄弟の声の大きさに負けず法定相続分を取得できた事例

父親が亡くなり長男と長女が相続人でした。長男の声が強く,法律通りの話し合いが難しい状況でした。そのため,長女が弁護士に相談しました。弁護士が代理して交渉をしたところ,裁判所を利用することなく法定相続分に近い位の金銭を取得することができました。・家族に「声の大きい」相続人がいる場合,法定相続分通りでの分配が難し...

関根 翔

関根 翔弁護士

先祖代々の土地(何代も前から移転登記未了)を売却したいとの依頼を受けたため、大量の戸籍を遡り相続人を特定し、各相続人と交渉し相続分の譲渡を受け、相談者の相続分を大幅に増大させました。

先祖代々の土地を売却する場合、移転登記が何代も前から未了のため売却できないケースがあります。その場合、大量の戸籍を遡り、生存する相続人を特定し、遺産分割協議をする必要があります。また、相続人が大量にいる場合、自身の相続分が細分化されており、多額の代償金を支払う必要が出てきます。かかる負担を回避するため、相続人...

関野 純

関野 純弁護士

相続手続きを行わなかったため、相続人が増えてしまった事例

両親が他界しましたが、特に名義変更をする必要性・緊急性がなかったため、誰も積極的に遺産相続を言い出さない間に、次男が他界しました。 次男に妻子がいなければ、次男の相続分は、他の兄弟が譲り受けますが、次男に妻子がいた場合、次男の相続分は次男の相続人である妻子が譲り受けますので、次男の妻子も遺産相続手続きに加わる...

相続分の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...