弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続分

遺言書がない場合、一般的には法定相続分で遺産分割をします。ここでは法定相続分の計算方法などの基礎知識から、寄与分・特別受益についてもまとめています。

相続分に関する法律ガイド

寄与分とは:寄与分に該当するケースと計算方法

被相続人の生前に、被相続人の財産の維持や増加に影響するような貢献をした相続人は「寄与分」の制度を利用できます。他の相続人との不公平感をなくす...

特別受益者がいる場合の遺留分の計算方法

遺留分とは民法で定められた、一定割合の遺産取得を相続人に保証する制度です。特別受益は遺産総額に持ち戻されるため、遺留分は特別受益の額も含めた...

特別受益とは:該当範囲と計算方法

被相続人の生前に、贈与を受けるなどして特別の利益を得ていた人がいる場合、法定相続分で分けると相続人の間で不公平感が発生します。これを是正しよ...

相続分を特定の人に譲渡する方法

共同相続人の利害関係が複雑で、遺産分割協議の長期化が予想される場合などに有効な制度です。相続人の同意を必要とせず、相続分の全部または一部を相...

寄与分と遺留分はどちらが優先なのか

寄与分は遺産分割時に相続人間の話し合いで決めますが、寄与分の定めに上限はありません。結論として寄与分は遺留分に優先するといえますが、特段の事...

相続分に関する法律相談

  • 相続における特別養子縁組者と、実子の特別受益について

    相続相続分特別受益

    現在相続で揉めています。 私は被相続人の孫ですが、跡取りの居なくなった母方の家に私が中学に上がる時に特別養子縁組をし、氏を変え、母方の祖父母の養子になりました。 この度祖父母が他...

    1弁護士回答
  • 遺産分割の特別受益について

    相続相続分特別受益

    父の生前に1000万の贈与を受けて、亡くなった後、贈与税ではなく、母の相続時に支払う相続時精算課税制度を適用してもらいました。(父との金銭貸借契約を作成し、父から借りた事になってます...

    1弁護士回答
  • 遺産相続(土地のみ)の争い

    相続相続分

    タイトルの件について下記条件の場合はどなるのでしょうか? 1 相続人は姉妹のみ。(2人) 2 相続財産は土地のみ。 3 被相続人の遺言では、遺産は当人死亡時の土地評価額で算定し、等分す...

    8弁護士回答
  • 生前贈与と特別受益について

    相続相続分特別受益

    特別受益と遺留分についての相談です。 父から土地を生前贈与されており、そこにアパートを建てて、賃貸経営をしています。 父が亡くなったあと、母と妹二人で、もう1つの土地と預貯金は分...

    3弁護士回答
  • 父の時の生前贈与は、すでに終わったことですか?

    相続相続分特別受益

    3年前に父が亡くなりました。父には、事業のために銀行から借りたローンが2000万近くあり、土地建物の大半は、銀行の担保に入っていました。 遺産分割協議の際、母と、子供5人で相談の結果、...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

相続分に関する解決事例

野村 俊介

野村 俊介弁護士

【遺言書の有効性をしっかり確認を!】

相続人が3名いる事案。被相続人からある相続人が遺言書(自筆証書遺言)を作成した旨主張し、その遺言に沿った形での遺産分割を主張した。遺言書の有効性について反論し、相談者の相続分に近い金額を認める内容で遺産分割をすることになった。遺言書の存在を主張された場合でも、その有効性が必ずしも認められるものではありません。...

高橋 賢司

高橋 賢司弁護士

【遺産分割調停】不動産を売却してその代金を分割する内容の調停をし、その後、不動産を売却して解決した事例

遺産の中心は、今回も不動産です。この不動産は、相続人の誰も取得を希望しておらず、売却してその代金を分割することが相続人全員の希望です。しかし、相続人間の折り合いがつかず、弁護士にご依頼いただきました。遺産分割調停では、相続人全員が合意できる内容として、当該不動産を売却して代金を法定相続分どおりに分割する内容の...

雪丸 真吾

雪丸 真吾弁護士

実家の空家の処分について

鹿児島県にある実家(亡父名義)が長らく空家になっていました。母は高齢の為施設に入っており,姉妹は関東で仕事をしている為です。母姉は処分を希望していましたが妹が同意せず空家になったままでした。 固定資産税もかかりますし,数カ月に1回は帰省して庭の草むしり等を行わなねばならないなど負担が大きいため,姉が相談に来ら...

相続分の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...