弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続放棄

被相続人が負債を多く残した場合、相続人がそれを引き継ぐと多大な負担となります。財産を相続したくない場合は「相続放棄」が有効です。ここでは相続放棄の方法や条件など、幅広くまとめました。

相続放棄に関する法律ガイド

相続放棄の手続き方法:必要書類や期間、費用などまとめ

相続放棄をするためには、他の相続人に、相続を「相続を放棄する」意思を示すだけでは不十分です。必要書類を揃えて、家庭裁判所で手続きをしなければ...

相続財産管理人を選任すべきケースと選任方法

被相続人が相続財産を残していた場合、相続人は財産を管理しなければなりません。相続放棄をしても、財産を管理する義務は残ります。相続人が複数人い...

限定承認とは?選択すべきケースと手続きの流れについて

被相続人の財産を相続する方法は単純承認、相続放棄、限定承認の3種類です。限定承認とは、プラスの財産分だけマイナスの財産を相続する方法です。「全...

相続放棄申述書の書式と書き方

相続放棄の手続きをする際、相続放棄申述書は全ての申述人に必要な書類です。家庭裁判所に提出する重要な書類ですが、一般の人でも記入できる難易度の...

相続放棄の手続きに必要な書類一覧:関係別全4パターン

相続放棄をするためには、相続放棄をする人(=申述人)が必要な書類を家庭裁判所に提出しなければなりません。相続順位が下がるほど、必要な書類は増...

相続放棄の申述受理証明書とは:利用シーンや発行方法について

「相続放棄申述受理証明書」は、相続放棄の申述が受理されたことを証明する書類です。相続放棄が認められた後に、家庭裁判所に申述すると発行が可能で...

相続放棄ができる期間(熟慮期間)の定義とは?

相続放棄をするためには、相続放棄をする本人が家庭裁判所で手続きをしなければなりません。手続きができる期間は定められていますので、以下で確認し...

相続放棄とは? 検討すべきケースや限定承認との違い

「相続放棄」をすると、相続人は相続する権利を全て失います。「限定承認」は相続放棄とは少し異なり、相続人が損をしない範囲でマイナスの財産を相続...

相続放棄をしたら、代襲相続は適用されないのか?

相続放棄をした場合、代襲相続は可能なのでしょうか。代襲相続とは、被相続人の「本来の相続人である子」がすでに亡くなっている場合などに、その「本...

相続放棄をすれば、親の借金の返済義務はなくなるか?

親の多額の借金を残して死亡した場合、子は親の借金を必ず引き継がなければならないのでしょうか。結論としては、親の借金の返済義務から逃れることは...

相続放棄に関する法律相談

  • 遺産分割に応じない養女

    相続相続放棄

    義父が亡くなり家が残されました。義母が一人で住んでいますが広すぎるので売却して小さいマンションに住み替えたいのですが、相続人に夫とその弟の他に義母の前夫との間の姉がいて義父の養...

    2弁護士回答
  • 親が管理する自分名義の通帳を返してもらえない。

    相続相続放棄財産処分・管理

    30歳男性です。 親の経営する会社で働いていました。 給料の一部を私名義の口座に振り込んでもらい生活していました。 残りの給料は、親が私名義の通帳に貯金してるそうです。通帳も印鑑もキ...

    1弁護士回答
  • 相続放棄する父の会社や個人間での借入れについて

    相続相続放棄支払い

    父が亡くなり、父の会社の負債が多くあったため、 相続放棄する予定なのですが、 まだ、その会社では事務員が働いているのですが、 父が個人的にその会社よりお金を借りていたようなのです...

    1弁護士回答
  • 姉に抵当権付の山林を贈与?売却?亡き義母の債務超過な遺産相続で税金が払えるのか心配です。

    相続相続放棄熟慮期間

    義母と主人が連帯債務となっている営業用アパート建築時のローン債務を残して義母が3週間前に他界しました。法定相続人は長男である主人と主人の姉のふたりです。主人は連帯債務ですので全て...

    2弁護士回答
  • 相続放棄と未支給老齢・厚生年金について

    相続相続放棄受け取れるもの

    相続放棄と未支給老齢・厚生年金について 1月中旬に母が亡くなり、離婚して父もおりません。年金事務所で手続きを完了し、12月.1月分の年金を子供の口座に入れるため、親の口座を解約して下...

    1弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

相続放棄に関する解決事例

横山 哲

横山 哲弁護士

相続放棄についての事案

父親が残した消費者金融に対する負債の相続放棄をしたい。裁判所に相続放棄の申述をし、認められた。相続放棄は、相続の開始があったことを知ったときから3カ月以内に手続きをとらねばならないため、遠隔地にいる方の戸籍謄本の取得などが時間を要し、大変であったが、無事相続放棄が認められて、依頼者の方にも満足いただけた。

川崎 政宏

川崎 政宏弁護士

遺産分割、遺留分減殺請求、相続放棄の解決例

相談場面① 亡父の前妻の子と顔をあわさずに遺産分割協議をしたい  父が亡くなりました。遺言はなく、母もすでに亡くなっており、私たち姉弟のほかに相続人として、父と前妻との間の子どもが二人いると聞いていますが、音信不通で、住所もわかりません。顔を見たこともない人たちに連絡をとるのも不安ですが、このままでは相続手続も...

桝屋 美那子

桝屋 美那子弁護士

父親の死亡後、半年以上経ってから相続を放棄したケース

父親と付き合いを絶っていたが、父親が半年前に亡くなっていたことを異母弟から告げられた。 父親には生前借金があり、異母弟からは借金の返済に協力するよう求められた。 借金の返済などしたくないし、資産も一切欲しくない。異母弟とも関わりたくない。 相続放棄したいが、亡くなってから3ヶ月を経過しているのでどうしようもない...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...