弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続放棄

被相続人が負債を多く残した場合、相続人がそれを引き継ぐと多大な負担となります。財産を相続したくない場合は「相続放棄」が有効です。ここでは相続放棄の方法や条件など、幅広くまとめました。

相続放棄に関する法律ガイド

相続放棄の手続き方法:必要書類や期間、費用などまとめ

相続放棄をするためには、他の相続人に、相続を「相続を放棄する」意思を示すだけでは不十分です。必要書類を揃えて、家庭裁判所で手続きをしなければ...

相続財産管理人を選任すべきケースと選任方法

被相続人が相続財産を残していた場合、相続人は財産を管理しなければなりません。相続放棄をしても、財産を管理する義務は残ります。相続人が複数人い...

限定承認とは?選択すべきケースと手続きの流れについて

被相続人の財産を相続する方法は単純承認、相続放棄、限定承認の3種類です。限定承認とは、プラスの財産分だけマイナスの財産を相続する方法です。「全...

相続放棄申述書の書式と書き方

相続放棄の手続きをする際、相続放棄申述書は全ての申述人に必要な書類です。家庭裁判所に提出する重要な書類ですが、一般の人でも記入できる難易度の...

相続放棄の手続きに必要な書類一覧:関係別全4パターン

相続放棄をするためには、相続放棄をする人(=申述人)が必要な書類を家庭裁判所に提出しなければなりません。相続順位が下がるほど、必要な書類は増...

相続放棄の申述受理証明書とは:利用シーンや発行方法について

「相続放棄申述受理証明書」は、相続放棄の申述が受理されたことを証明する書類です。相続放棄が認められた後に、家庭裁判所に申述すると発行が可能で...

相続放棄ができる期間(熟慮期間)の定義とは?

相続放棄をするためには、相続放棄をする本人が家庭裁判所で手続きをしなければなりません。手続きができる期間は定められていますので、以下で確認し...

相続放棄とは? 検討すべきケースや限定承認との違い

「相続放棄」をすると、相続人は相続する権利を全て失います。「限定承認」は相続放棄とは少し異なり、相続人が損をしない範囲でマイナスの財産を相続...

相続放棄をしたら、代襲相続は適用されないのか?

相続放棄をした場合、代襲相続は可能なのでしょうか。代襲相続とは、被相続人の「本来の相続人である子」がすでに亡くなっている場合などに、その「本...

相続放棄をすれば、親の借金の返済義務はなくなるか?

親の多額の借金を残して死亡した場合、子は親の借金を必ず引き継がなければならないのでしょうか。結論としては、親の借金の返済義務から逃れることは...

相続放棄に関する法律相談

  • 死亡5年後に連帯保証人の事実を知ったが、財産放棄できないか?

    相続相続放棄

    平成24年12月、父が亡くなり、800万円の遺産を母400万円、姉200万円、私で200万円で分割しました。平成29年2月になり、千葉県信用保証組合から父が平成10年にある法人...

    1弁護士回答
  • 離婚した父の死亡により発生した相続放棄について

    相続相続放棄手続き

    昨年9月に母と30年前に離婚した父が他界しました。 それにあたり再婚相手の子供さんから遺産の知らせが司法書士を通じて届きました。 私の母の子供3人は、負債が多いため 相続件を放棄する...

    1弁護士回答
  • 遺産相続について時効はありますか?

    相続相続放棄手続き

    相続について相談です。 祖父が昨夏亡くなりました。 祖母は故人です。 父は長男です。 父は3人兄弟です。 祖父の遺産について、相続の話が何も進んでいないようです。 実質的に、祖父夫妻...

    1弁護士回答
  • 遺産相続 借金利息止まりますか?

    相続相続放棄借金

    父親は月9万程の年金暮らしで入院中に 亡くなりました。 父親には 20万程のクレジットカードで 買い物した借金が 有りました。 年利15%です。 プラスの財産も 年金なので 大して無く 医療保...

    3弁護士回答
  • 義姉死亡時の家財の処分費用の債務義務者について

    相続相続放棄財産処分・管理

    2016年11月23日に義姉が死亡しました。配偶者は既に死亡しております。義姉の家財の処分に係る費用の負担についてお教えください。 義姉には、実子がおり相続人はこの人物と考えられます。 ...

    2弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

相続放棄に関する解決事例

岡田 和也

岡田 和也弁護士

相続財産について、プラスの財産が多いのかマイナスの財産が多いのか分からないという事案

被相続人が旦那様、相続人が奥様とお子様3人(長男、長女、二女)という相続関係でした。 奥様が依頼者様でした。 お子様3人については、相続は全て母である依頼者様に委ねたいとのお考えから、ご自分で相続放棄をしておられました。 被相続人の遺産は、資産として、マンションが3室のほかに、現金、預金、株式、入院給付金、自...

野田 隆史

野田 隆史弁護士

遺産調査についての解決事例

亡き父に、どのような財産や借金があったのかが分かりません。財産や借金が存在する可能性があると思われる金融機関等に対して調査を行いました。その結果、財産目録を作成することができました。財産、借金など、遺産を正しく知ることは、相続事件の基礎です。この基礎があってはじめて、相続をするか、相続放棄をするかが判断できま...

川崎 政宏

川崎 政宏弁護士

遺産分割、遺留分減殺請求、相続放棄の解決例

相談場面① 亡父の前妻の子と顔をあわさずに遺産分割協議をしたい  父が亡くなりました。遺言はなく、母もすでに亡くなっており、私たち姉弟のほかに相続人として、父と前妻との間の子どもが二人いると聞いていますが、音信不通で、住所もわかりません。顔を見たこともない人たちに連絡をとるのも不安ですが、このままでは相続手続も...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...