遺言書

弁護士監修記事 2018年09月30日

遺言書に遺産の取り分しか書かれていない場合の遺産の分け方

「遺産の3分の2を妻に、3分の1を長男に与える」など、遺言書に遺産の取り分(相続分)だけが書かれているケースがあります。 このような場合、具体的に、誰がどの遺産を引き継ぐかはどのように決めればよいのでしょうか。 この記事では、遺言書に相続分しか書かれていない場合の遺産の分け方について、詳しく解説します。

目次

  1. 遺言書に相続分しか書かれていない場合
    1. 相続分が少ないと感じる場合
    2. 一部の相続分だけが指定されている場合
  2. 遺産の中身を確認する
    1. 財産目録を作る
  3. 遺産分割協議を行う

遺言書に相続分しか書かれていない場合

「遺産の3分の2を妻に、3分の1を長男に与える」など、遺言書で引き継がせる遺産の割合(相続分)と対象者のみが指定されていて、具体的にどの遺産を引き継ぐのかが書かれていない場合があります。 このようなケースでは、まず、被相続人がどのような遺産を残していたかを確認し、一覧表(財産目録)としてまとめましょう。 被相続人が残していた遺産を確認できれば、遺言書で指定された相続分に従い、不動産や預貯金、株式などの遺産を誰がどのように引き継ぐのか、相続人同士の話合い(遺産分割協議)で決めます。

相続分が少ないと感じる場合

相続分が少ないと感じている相続人は、遺留分を満たしているかを確認しましょう。遺留分とは、最低限の遺産の取り分のことです。 自分の相続分が遺留分に満たない場合、遺産を多く引き継ぐ相続人などに対し、遺留分に満たない分の遺産を分けるよう請求することができます。「遺留分減殺(げんさい)請求」といいます。 遺留分については、この記事の一番下にある関連リンクから確認できます。

一部の相続分だけが指定されている場合

たとえば、「長男に遺産の60%を与える」とのみ遺言書に書かれていたような場合です。 このようなケースでは、「どの財産をどのように分けるのか」ということに加えて、「遺言書で指定されていない残りの40%をどのように扱えばよいのか」ということが問題になります。 この点については民法で定められていて、遺言書で指定されていない40%について、他の相続人は法定相続のルールにしたがって決めることになります。

遺産の中身を確認する

相続分のみが遺言で指定されている場合、被相続人がどのような遺産を残していたか、正確に確認しましょう。 遺産の調査方法については、この記事の一番下にある関連リンクから確認できます。

財産目録を作る

遺産の中身を確認する際は、「どの遺産がどの程度あるか」を明確にするための一覧表(財産目録)を作ることをおすすめします。 財産目録の作成は法律で義務付けられているわけではありません。 しかし、財産目録があると、「どんな遺産があって、どれくらいの価値があるのか」ということが一覧できるので、遺産の分け方を決める話合い(遺産分割協議)を円滑に進めることができます。 また、相続税の申告書の中に、相続財産を記入する用紙があります。あらかじめ目録を作っておくことで、相続税を申告する時に、用紙への記入がスムーズにできるというメリットもあります。

家裁が公表している雛形を活用しよう

財産目録に正式なフォーマットはありません。借金などのマイナスの遺産も含め、「どの遺産がどの程度あるか」が把握できる書き方であれば、自由に作ることができます。 どのように作成すればよいのか悩んだ場合は、裁判所が公開している雛形を下敷きに作成してもよいでしょう。たとえば、東京家庭裁判所は次のような雛形を公開しています。 財産目録の雛形

遺言執行者が選任されている場合は、遺言執行者が遺産の確認や財産目録の作成を行います。

遺産分割協議を行う

遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があります。相続人が一人でも加わらずに話し合われた協議は、やり直すことになる可能性があります。 また、相続人の中に未成年者や認知症の人がいる場合は、代理人が必要です。 遺産分割協議を行って、遺産の分け方が決まれば、その内容を「遺産分割協議書」という書面にまとめたり、引き継ぐ遺産の名義を変更したりすることになります。 遺産分割協議の進め方については、この記事の一番下にある関連リンクから確認できます。

  • 関連リンク

次に読みたい記事

【法定相続】遺言がなかった場合の遺産の種類と評価する方法

家族が遺言を残さず亡くなった場合、*** **「誰が遺産を相続するか」** ***だけでなく、亡くなった家族が*** **「どのような遺産を残しているか」** ***とい...

あわせて読みたい関連記事

【相続】遺言執行者に選任された場合の職務内容と手続きの流れ

遺言執行者に選任された場合、実際に何をすればよいかわからない人も少なくないでしょう。遺言執行者は、遺言書に書かれた内容を実現するために必要な手続き...

遺言執行者が選任された場合の手続きの流れと相続人ができること

遺言執行者が相続手続きを行う場合、きちんと手続きが行われているのか気になる人もいるでしょう。 * 遺言執行者の職務内容 * 遺言執行者の義務 * 遺言...

遺言書の内容に不満があるときにとれる手段l遺言の無効や遺留分の主張する方法

「自分の取り分が少なすぎる」など、遺言書が内容がおかしいと考えている場合、そもそも遺言書は無効であると主張することや、遺言は有効だったとしても自分...

解決までの流れ

解決までの全記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言を扱う弁護士を探す

遺言書に関する法律相談

  • 公正証書と違う内容の分割協議をすることについて教えてください

    4人相続人がいる中の1人に 公正証書で、〇〇土地1/2とそれ以外の財産を相続させると記載がありました (残りの〇〇土地1/2相続する相続人はすでに亡くなってました) 遺言は、特定遺贈と包括遺...

    1弁護士回答
  • 手書き遺言書について教えてください

    A4用紙に 遺言書 私の土地は〇〇にまかせます 日付け 名前 実印 母印 (一部誤字は2重線で実印と母印で訂正) という手書き遺言が封筒などには入ってなく、そのままの状態であります 質問は...

    4弁護士回答
  • 公正証書の遺贈放棄や相続放棄について再度教えてください

    公正証書で、4人(abcd)いる相続人のab2人に土地を1/2ずつ、その他の財産すべてをa1人相続させるとなっていた時に、公正証書には従わず、分割協議で相続を決める場合です ①相続発生から3カ月...

    2弁護士回答
  • 公正証書遺言作成後に、追加したい事項が出てきた場合

    祖父が今年、公正証書遺言を作成しました。 作成後、追加で記載したい内容が出てきたようで、追加項目を書いた自筆遺言を作りたいと相談されました。 もし自筆遺言を書いた場合、2つの遺言...

    2弁護士回答
  • 遺言書の作り方について

    父が他界し、法定相続人は 母、私、妹の3人です。 まだ父の相続が終わっておらず、遺産分割協議中です。主に揉めている原因は父の遺言書に妹が納得していません。 その最中、母が遺言を残...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

遺言書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...