相続放棄

弁護士監修記事 2018年09月28日

未成年の相続人が相続放棄する場合に必要となる手続き

未成年の相続人が相続放棄する場合は、未成年者の親権者または「特別代理人」が手続きをする必要があります。

  • 親権者による相続放棄の手続き
  • 親権者では相続放棄ができないケース
  • 特別代理人による相続放棄の手続き

この記事では、このようなポイントについて詳しく解説します。

目次

  1. 未成年者は本人だけでは相続放棄をすることができない
  2. 手続きは親権者または特別代理人が行う
  3. 特別代理人を選任する手続き
    1. 特別代理人になれる人
    2. 申立てに必要な書類
    3. 申立て後の流れ
  4. 親権者または特別代理人による相続放棄の手続き
    1. 家庭裁判所に書類を提出した後の流れ

未成年者は本人だけでは相続放棄をすることができない

alt 相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった方)の借金などマイナスの財産も引き継ぐことになります。 マイナスの財産を引き継ぎたくない場合は、相続する権利を放棄する「相続放棄」の手続きをする必要があります。 未成年の相続人が相続放棄する場合、自分自身で相続放棄の手続きができません。未成年の相続人の代わりに手続きを行う人が必要になります。

手続きは親権者または特別代理人が行う

alt 一般的に、未成年者の代理人は、親権者です。 しかし、以下のような場合、親権者に代わって未成年者の代理人となる「特別代理人」が必要になります。

  • 未成年者と親権者がどちらも相続人で、親権者は相続放棄をせずに、未成年者のみ相続放棄させる場合
  • 相続人の中に未成年者が複数いて、一部の未成年者だけを相続放棄させる場合

このようなケースでは、一部の未成年者のみを相続放棄させることで、親権者や相続放棄をしない未成年者の相続分が増えることになります。 つまり、相続放棄をしない親権者や未成年者と相続放棄する未成年者の利益が対立することになるのです。

親権者と未成年者の全員が相続放棄する場合は、親権者が全員の手続きをすることができます。

特別代理人を選任する手続き

alt 特別代理人を選任するためには、家庭裁判所に特別代理人の選任を申立てをします。 申立ては未成年者の親権者か、他の相続人などの「利害関係人」が行うことができます。 申立人は、特別代理人の候補者を選んで、未成年者の住所を管轄する家庭裁判所に選任を申し立てます。

相続放棄には期限があります。期限は、被相続人が亡くなったことと、そのために自分が相続人になったことを知った日から3か月以内です。期限に間に合うように、特別代理人の選任は早めに行いましょう。

特別代理人になれる人

基本的に、未成年者と利害関係がなければ誰でもなることができます。 相続人ではない親族(未成年者の祖父母や、おじ・おばなど)や、弁護士などの専門家も務めることができます。

申立てに必要な書類

申立てには、以下のような書類が必要です。

  • 申立書
  • 未成年者の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 親権者の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 特別代理人の候補となる人の住民票または戸籍の附票
  • 800円分の収入印紙
  • 連絡用の郵便切手

申立書は裁判所のホームページで書式をダウンロードできます。 郵便切手は、家庭裁判所によって必要な額が異なるので、申し立てる家庭裁判所に確認しましょう。 また、上記の書類のほかに「利益相反に関する資料」が必要となります。具体的にどのような資料が必要になるかについては、申し立てる家庭裁判所に確認しましょう。

申立て後の流れ

家庭裁判所に必要な書類を提出し、提出した書類に不備がなければ、裁判所から特別代理人の候補者に「照会書」が届きます。 「自分が特別代理人となることの申立てが行われたことを知っているか」などの質問が記載されているので、候補者は回答して返送します。 回答した内容に問題がないことが裁判所に認められると、候補者が特別代理人に選任されます。特別代理人が選任されたことが書かれた「審判書謄本」が、申立人と特別代理人になった候補者に届きます。

親権者または特別代理人による相続放棄の手続き

alt 親権者や特別代理人が未成年者の相続放棄を行うには、被相続人の最後の住所地を担当する家庭裁判所で手続きをします。その際、以下の書類を家庭裁判所に提出する必要があります。

  • 相続放棄の申述書
  • 被相続人の住民票の除票または戸籍の附票
  • 相続放棄する人の戸籍謄本
  • 800円分の収入印紙
  • 連絡用の郵便切手

申述書は裁判所のホームページで書式をダウンロードできます。 申述書は成年の人が相続放棄する場合の書式と同じですが、「法定代理人等」の項に、親権者または特別代理人の氏名と住所、電話番号を記載しましょう。 郵便切手は、家庭裁判所によって必要な額が異なるので、家庭裁判所に確認しましょう。 上記以外にも必要な書類がある場合があるので、家庭裁判所に確認しましょう。

家庭裁判所に書類を提出した後の流れ

家庭裁判所に書類を提出した後、家庭裁判所から照会書が届きます。 照会書には「なぜ相続放棄を行うのか」といった質問が記載されていますので、親権者や特別代理人が回答して返送しましょう。 家庭裁判所が書類をチェックして、相続放棄をするための条件が満たしていると判断されれば、「相続放棄申述受理通知書」が届きます。 以上で、相続放棄の手続きは終了します。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続放棄を扱う弁護士を探す

相続放棄に関する法律相談

  • 相続放棄後に見つかった財産について

    私の兄弟(Aとします)が亡くなりました。事情によりAの子と私は2人とも相続放棄をしました。それ以外の相続人はいません。手続後に私とAの親名義の土地が出てきました。Aは長男であるため親...

    7弁護士回答
  • 遺産分割の割合変更は可能?

    被相続人は死去しております。遺言書はありませんでした。 法定相続人が4人居ます。 その中の1人にどうしても遺産分割をさせてくないのです。 その1人は相続の放棄及び譲渡はしないと本人は...

    4弁護士回答
  • 相続人全員相続放棄。被相続人の銀行口座について。

    お世話になります。 お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いします。 去年叔父が亡くなり、遺言書に書いてあった指定相続人は相続放棄をし、最終順位の相続人である私たち一族全...

    2弁護士回答
  • 相続放棄できますか?

    ときどきお世話になっています。相続放棄についてよろしくお願いします。 先代から相続した現在の土地は、競売物件で調整区域にあります。その上に先代が建てた現在の住居の建築確認申請書が...

    2弁護士回答
  • 元夫の負の財産を、別居の子供が支払う義務があるのか?

    初めまして。 負の財産についてお伺いいしたいです。 私は元夫と離婚し、子持ちで再婚予定です。 1、元夫の借金等の負の財産について、私の子供(元夫の別居の子)に請求がきた場合、支払う...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

相続放棄の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...