相続放棄

2018年12月28日

相続放棄の書類や費用は人数分必要?手続き上の疑問を弁護士が解説

相続放棄の手続きをするためには、戸籍謄本や収入印紙、郵便切手などを準備して裁判所に提出する必要があります。

  • 戸籍謄本には有効期限はあるのか
  • 謄本と抄本、どちらを用意すればよいのか
  • 収入印紙や郵便切手は、相続放棄をする人の人数分必要なのか

これらの疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 戸籍謄本に有効期限はある?
  2. 戸籍は謄本と抄本どちらが必要?
  3. 複数の相続人が相続放棄するときには書類も人数分必要?
  4. まとめ

戸籍謄本に有効期限はある?

alt 相続放棄の手続きをするときに、裁判所に提出する戸籍謄本は、「●か月以内に取得したもの」など、有効期限について決まりがあるのでしょうか。

相続放棄の準備の戸籍謄本取寄せについて


相談者の疑問
相続放棄の準備として、相続が開始する前に戸籍を取寄せておくことはできますか?

何度か転籍していて用意が大変そうなので。裁判所に提出する戸籍謄本にも有効期限があるのでしょうか?


川添 圭弁護士
法律上の有効期限というのはありません。

除籍謄本や改製原戸籍謄本については、もはや記載内容に変動がありませんので、いつ取得したものであっても特に裁判所は何も言わないと思います。

一方、現在戸籍の謄本については、相続開始(被相続人の死亡)後に取得したものを要求されると考えた方がよいでしょう。

除籍謄本や改製原戸籍謄本は、記載事項が変わらないため、いつ取得したものでも相続放棄の書類として使えるとのことです。 ただし、現在の戸籍謄本は、相続が開始してから取得する必要があるようです。

戸籍は謄本と抄本どちらが必要?

alt 戸籍謄本を取得する際には、謄本か抄本を選べるようになっています。相続放棄の書類としては、抄本を取得してもよいのでしょうか。また、印鑑証明書も必要になるのでしょうか。

相続放棄に必要な書類について


相談者の疑問
この度相続放棄をするのですが、長男に自分の戸籍謄本と印鑑証明を求められました。

戸籍抄本ではだめなのですか?


古閑 孝弁護士
抄本は、一部の人のみの表示となってしまいますので、裁判所からも戸籍謄本(全部事項証明書)の提出を求められるのが通常です。

ご家族の構成が分かりませんが、相談者様が応じなくても、相続放棄に必要であれば長男が相談者様の戸籍謄本を取得することは可能と考えます。

但し、通常相続放棄手続きに印鑑証明書は不要ですし、これは長男も勝手に取得することはできません。

なぜ、印鑑証明書が必要なのか確認された方が良いでしょう。

抄本では1人分の情報しか表示されないため、相続放棄の手続きをするときは謄本の方を取得しましょう。印鑑証明書を取得する必要はないそうです。

複数の相続人が相続放棄するときには書類も人数分必要?

alt 複数の相続人が相続放棄の手続きをする場合、裁判所に支払う収入印紙や郵便切手は相続放棄する相続人の人数分必要なのでしょうか。 戸籍謄本も、相続人の人数分取得しなければならないのでしょうか。

相続放棄の必要な書類について


相談者の疑問
相続放棄します。

必要書類は、私と、子ども3人の分、それぞれが必要と考えていいでしょうか?


岡村 茂樹弁護士
相続放棄は申述人ごとに事件として立件されます。

印紙も切手も4名分納付します。

ただし、戸籍謄本については、関連事件として共通するので、同じものを重ねて提出する必要はありません。

相続放棄は相続人ごとに別々に扱われるため、収入印紙や郵便切手は、各相続人がそれぞれ支払う必要があります。 戸籍謄本は同じものを相続人の人数分取得する必要はないでしょう。

まとめ

除籍謄本や改製原戸籍謄本は、有効期限がないためいつ取得したものでもよいそうですが、現在の戸籍謄本については、相続開始後に取得する必要があります。 戸籍は、抄本ではなく謄本が必要です。 収入印紙や郵便切手は、相続放棄をする人の人数分が必要です。戸籍謄本は同じものを複数用意する必要はないでしょう。

関連記事

お悩みの解決策を探す

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続放棄を扱う弁護士を探す

相続放棄に関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

相続放棄の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...