親権

弁護士監修記事 2017年06月30日

親権がほしい父親が、離婚に踏み切る前に知っておきたいこと

親権は母親が有利ーー。親権について調べていると、そのような説明をよく見るかもしれません。しかし、親権は性別だけで決まるものではありません。裁判所が父親を親権者と認定するケースはあります

  • 父親が親権を取れるケースとは?
  • 母親が育児放棄していたらどうなる?
  • 子どもの意思は重視される?

こうしたポイントを、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と、弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 父親が親権を取れるのはどんなケース?
  2. 長期間の監護実績とはどれくらい?
  3. こんなケースは育児放棄といえる?
  4. パパと一緒に暮らしたい!子どもの意思は重視される?
  5. まとめ

父親が親権を取れるのはどんなケース?

離婚の際に子の親権をめぐって紛争になった場合、日本では母親が親権者となるケースが少なくありません。父親が親権を取れるのは、どのようなケースなのでしょうか。

父親が親権を獲得できる条件について


相談者の疑問
父親の私が親権をとるにはどのような条件が必要でしょうか?また母親に親権を渡したくない理由や渡せられない理由(例えば不貞行為)はどのようなものがありますか?


比護 望弁護士
夫が親権を得られるような事例では、父親のもとでの養育実績が長期間にわたり積み重ねられて、その養育の開始において問題がなく(無理やりの連れ去りなどの問題がなく)、養育環境養育状況に問題がないケースが考えられます。

他方、妻が養育している場合でも、子どもへの虐待、養育放棄、極めて劣悪な養育状況などの事情がある場合で、夫には良好な養育環境を提供できる事情があるような場合には、夫に親権が認められることはあると思います。

妻の不貞行為自体は、親権がそのことだけで当然のように妻に認められなくなる理由にはならないとされています。

親権は、「子どもの成長にとって、どちらの親元で暮らすのがより良いのか」という観点で考えられるため、父親にしろ母親にしろ、養育環境が整っていることが大前提です。 その上で、父親のもとで長期間の養育実績(監護実績)があれば、父親に親権が認められるケースがあります。 また、母親が虐待・育児放棄をしていたなど、子どもを育てるうえで問題がある場合も、父親に親権が認められる可能性があるといえるでしょう。 それでは、どのくらいの期間の監護実績があれば父親に親権が認められるのか、どういった行為が育児放棄に当たるのか、具体的な事例を見ていきましょう。

長期間の監護実績とはどれくらい?

抱っこする父親 父親が親権を取れるケースの一つとして、父親のもとで長期間の監護実績があることが挙げられました。期間は長ければ長いほど良いのでしょうが、目安としてはどの程度なのでしょうか。二つの相談事例から考えてみましょう。

監護実績。監護実績はどのくらいの期間必要なのでしょうか?


相談者の質問
監護実績はどのくらいの期間必要なのでしょうか?3歳と1歳の息子がいるのですが、母親に親権を譲りたくありません。


大橋 賢也弁護士
長ければ長いほどよい、としか言いようがありません。私の感覚では、少なくとも半年は、必要ではないでしょうか。

子どもの環境ですが、あなたのほうに育てていける条件があるのでしょうか。条件とは、あなたの母親と同居できる、といったことです。母親と同居でき、子どもを育てる環境があれば、短くても良いと思います。

監護実績だけで考えるとどのくらいですか?


相談者の疑問
単純に父親が幼児(来年小学生)を監護している場合、他の要素を考慮せず、監護実績だけで考えた場合、どのくらいの監護をした父親が親権を得ていますか?

父親側で安定し同居時は、家事、育児も積極的に行い、子どもとの関係も良好で、子どもも父親側を望んでいる、祖父母健在、別居後は父親が主で監護できる体制であることが前提です。


西田 広一弁護士
半年程度、主として問題なく監護をしていれば9割方親権を取れるでしょう。

期間だけを考えたら、少なくとも半年というのが目安となりそうです。上記の相談にもあるとおり、期間以外の条件もすべて問題ないうえでの見解なので、半年の実績があれば必ず親権が取れるわけではない点には注意しましょう。

こんなケースは育児放棄といえる?

赤ちゃん 父親が親権を取れるケースとして挙がったもう一つのケースに、母親の育児放棄がありました。どういった行為が育児放棄と判断されるのでしょうか。

父親が親権を得るにはどうしたらいいか


相談者の質問
母親はネグレクトといいますか…。

子どもが産まれてからオムツを2日は変えない。
お風呂にも入らせない。
ごはんも食べさせない。
子どもを犬と一緒のゲージに入れる。

育児放棄はどの程度なのでしょうか?命の危険がなければダメだという話を聞きました。こうした事情は判断材料にならないのでしょうか?


岡村 茂樹弁護士
命の危険がなければダメだということではないでしょう。命の危険が生じてからでは時すでに遅しです。そうした事情は判断材料になります。

育児放棄は、命の危険があるようなケースに限られません。食事や衛生面など、子どもの成長にとって欠かせないケアを怠っていれば、育児放棄と認められる可能性はあるといえるしょう。

パパと一緒に暮らしたい!子どもの意思は重視される?

歩く学生 監護実績や育児放棄といった事情がなかったとしても、子ども自身が父親との生活を望んでいる場合はどうでしょうか。離婚調停や裁判において、子どもの意思はどの程度考慮されるのでしょうか。

親権:子供の意思について


相談者の疑問
母親のモラルハラスメントで子どもが私と住みたいと突然言い出してきましたが、これまで養育していなかった男性側でも親権はとれますでしょうか?

現在別居中(3年目)です。まだ離婚はしていません。妻の方が小学校3年の男の子と、幼稚園の男の子を育てています。

先日、上の子どもが私の家に泊まりで遊びに来たのですが、その際、「パパと一緒に暮らしたい。」と言い出しました。「パパと住むと転校しないといけないんだよね?」などと、子どもなりに真剣に考えているようです。

子どもの言葉ではありますが、「99.9%本気。」と言っています。理由は「パパは優しいから。ママは怖い。」からとの事です。


森田 英樹弁護士
上のお子さんは10歳程度ですので、裁判所に申立てをすれば、その意思を確認してあなたが引き取ることを認められる可能性は十分あるでしょう。


相談者の疑問
子どもの意思の確認にはどのような事が行われるのでしょうか?


森田 英樹弁護士
児童心理等に詳しい調査官が、お子さんに面談する等して意思確認を行うのが一般的です。


岡村 茂樹弁護士
子の引渡し、子の監護者指定の調停・審判を申し立て、その手続きのなかで家庭裁判所調査官に十分な調査をしてもらうのが一番と思います。

子どもの年齢が10歳程度であれば、子どもの意思も考慮される可能性が高いです。別居中の段階から子どもを引き取りたい場合には、監護者指定と子の引渡しの調停・審判を申し立てるとよいでしょう。 では、幼い子どもの場合はどうなのでしょうか。

父親が、親権取得できますか?


相談者の疑問
現在妻と別居中です。お互い離婚自体には同意してますが、5歳の娘の親権で多少なり争う模様です。

別居する際に、妻から娘へ「パパとママ、どっちと住みたい?」との問いかけに、娘は「お父さんがいい」と言ってくれました。「ずっとお父さんと暮らしたい」とも言います。

小さい子どもの意思・意見は、あまり尊重されない傾向にあるようですが、本当にそうなんでしょうか?


川崎 政宏弁護士
そうですね。幼いお子さんは両親双方から愛されたいので、ご指摘のような質問をすれば、それぞれに一緒にいたいと答えてしまいます。

それだけに監護環境と監護実績を踏まえて、大人たちが責任をもって決めていかなくてはいけないのです。お子さんが安心して養育されているかどうかは、これまでの実績やお子さんの言葉からもうかがいしることはできると思います。

5歳程度の場合には、子どもの意思はそれほど重視されないようです。もっとも、そうした発言から、子どもが今現在どちらの生活環境を好んでいるのかはうかがえるため、裁判所に良い印象持ってもらえる可能性はあります。 一方で、母親との生活をあまりに嫌がっている場合などには、5歳児であっても子どもの意思が尊重されるケースもあるでしょう。

養育実績 五歳児の意思 親権父親


相談者の疑問
長女5歳が異常な程、妻の実家に行くのを拒否します。当方の実家に妻が迎えにくると、「来るなー!」と泣き叫びながら逃げ回るのを、無理矢理妻が連れ帰っている感じです。

私の実家に行く際は喜んで帰ります。ここまで拒否していても、やはり5歳児の意思は尊重されないものでしょうか?


原田 和幸弁護士
確かに年齢的には、お子さまの意思だけを重視するわけにもいかないかもしれませんが、そこまで拒否されているお子さまの意思は考慮されると思いますよ。

まとめ

これまで見てきたように、父親が親権を取得できるケースはあります。

  • 父親のもとで長期間の監護実績がある
  • 母親が虐待や育児放棄している
  • 子どもが父親との生活を強く望んでいる

こうしたケースでは、父親が親権者に認められやすいと言えるでしょう。 しかし親権は、子どもの成長や幸せを考えて総合的に判断されます。こうしたケースに該当する場合であっても、必ずしも親権者になれるわけではありません。 より良い環境を整えられないか、どういった養育方針をとるべきかなど、常に子どものためを想い、行動していくことが何より重要でしょう。

関連記事

何をするべきか知りたい方へ

離婚・男女問題_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

親権を扱う弁護士を探す

親権に関する法律相談

  • 婚姻中別居中の家の解約 親権問題不利

    現在妻と子供と別居状態です 家の家具なども全部運び出されてどこにいるかわかりません 僕は心が苦しいので実家に寝泊まりしてるのですが もう戻る気はないようで離婚調停も申し立てたようで...

    1弁護士回答
  • 子の連れ去りについて

    子どもが2歳の誕生日に夫は家族でお祝いをしようと嘘をつき、私が準備している最中、一瞬の目を盗んで眠ったままパジャマのままの子どもを連れ去りました。 ○夫婦仲が悪化しており、普段は...

    2弁護士回答
  • 子供への虐待は一切ないのでが

    私から子供を奪い取られ無い為に、子への接近禁止命令が発令されました。こちらから、面会交流調停、親権や監護者指定の調停は申し立てられますか?

    1弁護士回答
  • 家庭裁判所調査官への苦情はどこへ送るべきでしょうか?

    家庭裁判所調査官への苦情はどこへ送るべきでしょうか? 親権者決定の為の親への聞き取り調査を受けたのですが 4時間近く休憩なしで行われ辛くて泣いてしまいました。 内容も聞き取りではな...

    3弁護士回答
  • 子の連れ去り 夫の状況、義母が体調不良の場合

    夫に突然、眠っていた子どもをパジャマのまま連れ去られ、現在、弁護士さんに子の引き渡し、監護者指定、審判前の保全を申し立てていただき、動き出しているのですが 相手側の現在、お世話...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

親権の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 既婚の中年女性とワンナイト、恐怖の幕開け…...
  2. AV出演は「自己決定」なのか 「サインがあれ...
  3. 夫が結婚するまで精神疾患を隠していた! 4...
  4. はあちゅうさん妊娠、生まれてくる子と事実婚...
  5. 既婚男性「一緒になろう」と誘惑→離婚せず…「...
  6. 2年にわたって妻を誘惑する男、夫は「戦略的...
  7. 「妻とはうまくいっていない」を信じるな 不...