認知・親子関係

弁護士監修記事 2018年06月22日

別居中や離婚直後に夫以外の男性の子を妊娠…法律上の父親は誰?

離婚に向けた別居期間中や離婚直後に、夫(元夫)以外の男性の子どもを妊娠すると、子どもが生まれてくるタイミングによっては、法律上の父親が夫(元夫)と扱われる場合があります。 実の父親を法律上でも父親とするために、どうすればよいのでしょうか。 ここでは、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に詳しく解説します。

目次

  1. 別居期間中に妊娠した場合、法律上の父親は誰になる?
  2. 離婚後に妊娠していることが明らかな場合は?
  3. 離婚前の妊娠について、元夫から慰謝料を請求されたら?

別居期間中に妊娠した場合、法律上の父親は誰になる?

別居期間中に夫以外の男性との子どもを妊娠し、その後離婚が成立した場合に、生まれる子どもの法律上の父親は、夫と、その男性のどちらになるのでしょうか。

離婚後の妊娠について


相談者の疑問
私は今年の2月頃から元旦那と別居をし、今年の6月12日に離婚しました。別居中に交際していた彼の子どもを現在妊娠中で、再婚し出産を予定しております。ですがこの場合、前夫の子どもとみなされてしまうのでしょうか?


濵門 俊也弁護士
貴殿が離婚されて300日以内に生まれた子どもは、婚姻中に懐胎したものと推定されます(民法772条2項)。
貴殿のご報告からしますと、婚姻中に懐胎したものと推定されてしまいます。

このいわゆる300日問題ですが、実務では、婚姻の解消又は取消後300日以内に生まれた子どものうち、医師の作成した証明書の提出をすることによって、婚姻の解消または取消後の懐胎であることを証明できる事案については、民法772条の推定が及ばないものとして、出生の届出を受理することができる旨の戸籍通達が出ています。

その後、貴殿の取るべき手段は、親子関係不存在確認の調停、その後訴訟を提起し、元旦那さんの子どもではないことを争うこととなります。

離婚後300日以内に生まれた子どもについては、結婚している間に妊娠したと推定されるため、法律上は元夫との子どもとして扱われるようです。

離婚後に妊娠していることが明らかな場合は?

実の父親との間に法的な親子関係を認めてもらうためには、どのような手続きが必要なのでしょうか。

300日問題。妊娠について


相談者の疑問
2度目の離婚をしました。最初の主人との間にできた子どもが1人います。前の主人とは半年間、間違いなく性行為がありませんでした。

今すでにお付き合いをしている人がいて、一緒に生活しています。彼は一人っ子もかわいそうだし、2人の子どもも欲しいと言ってくれていますが、今私が妊娠していたら、300日問題に引っかかりますか?

籍を入れるまでは私の戸籍になるのですか?私は離婚後すぐに、私と子どもだけで戸籍を作っています。


川添 圭弁護士
妊娠した時期が離婚した日より後であることが明らかである場合は、医師へ、離婚後に妊娠したことを証明する文書「懐胎時期に関する証明書」といい、産婦人科で聞けば教えてくれます)を作成してもらい、これを添付して出生届を提出すれば、お子さんが離婚後300日以内に生まれたとしても、前夫の子としてではなく、非嫡出子として取り扱われることになっています。

なお、その場合、お子さんは母の戸籍に入ることになります。

父親である彼が、あなたとの婚姻より先にお子さんを認知している場合は、婚姻届を提出した時点でお子さんは夫婦の嫡出子となります(婚姻準正)。婚姻届を先に提出した場合、認知届を提出した時点で夫婦の嫡出子となります(認知準正)。

妊娠した時期が離婚日よりも後であることが明らかな場合は、産婦人科の医師に「懐胎時期に関する証明書」の作成を依頼して、出生届とともに提出すれば、元夫の子どもとして取り扱われることはないようです。 書類を提出した後、実の父親が子どもを「認知」すれば、実の父親との親子関係が成立するようです。

離婚前の妊娠について、元夫から慰謝料を請求されたら?

離婚前に別の男性との子どもを妊娠したことを、元夫が離婚後に知った場合、不貞行為を理由に慰謝料を請求されたら、支払うことになるのでしょうか。

離婚後慰謝料請求 300日問題


相談者の疑問
婚姻期間2年10か月で、性格などの不一致から離婚しました。

私は、婚姻中から彼氏がおり、1年ほど交際しています。しかし、前夫は知りません。離婚する前に、彼との子どもを妊娠していることがわかりました。

子どもを前夫の戸籍に入れなくてもすむ方法はないでしょうか。また、離婚する前に妊娠したことが前夫にバレた場合、慰謝料を請求される可能性はあるのでしょうか。


加藤 寛崇弁護士
まず出生届を出さないまま、実の父に対して認知調停を申し立てて、認知の審判が下されれば、それと合わせて届け出ることで最初から実の父との子どもとして届出ができます。

ただし、場合によっては、前夫に対する親子関係不存在確認審判を先にする必要もあり得ます。

慰謝料の相場ですが、不貞によって離婚に至ったわけではないので、100万円程度でもおかしくありません。ただ、裁判官によって別の判断もあり得ます。高くなることもあり得るということです。

離婚してから離婚前に不貞されていたことに気づいて(かつ、証拠も確保できて)慰謝料請求するというケースはあまり多くなく、中には、「不貞によって離婚になったわけでもなく、知らなかったのだから損害がない」という判断がされた判決もあるようです。ただ、裁判官によっては異なる判断をするかもしれません。

また、不貞をした時点で別居して、既に離婚を前提とした協議をしていたといった場合であれば、慰謝料請求が認められない可能性もあります。

元夫から慰謝料を求められる可能性はあるようです。 ただし、不貞行為があった時点で既に別居して、離婚に向けた話合いを進めていたような場合、慰謝料請求は必ずしも認められないようです。

お悩みの解決策を探す

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

認知・親子関係に関する法律相談

  • 面会交流の調停での取り決めについて

    未婚で認知した子ども4歳がいます。 養育権、親権は相手です。 相手が感情的でやりとりに困っています。 面会交流についてお尋ねしたいです 母親の感情で会う会わない、会わせる会わせ...

    8弁護士回答
  • 子供のいない伯母の保証人になる必要はある?

    伯母の老後、亡骸の処理のついて質問があります。 私は一人っ子で甥になりますが、現在、70代の父方の伯母夫婦は子供がいません。本人たちは今後、老人ホームに入る予定だそうです。 家系図...

    2弁護士回答
  • 未婚関係での父子関係の取り消し

    交際関係にもない女性と一夜を共にし、一ヶ月半後あなたの子を妊娠したと連絡が入る。 自分 結婚もできない、父親にもなれない、責任もとれないからあきらめてほしい。 相手 命を大事にした...

    3弁護士回答
  • 未婚関係の面会交流等の取り決めについて

    交際相手になかった相手が婚姻関係を結ぶことなく妊娠出産。4歳の子供がいます。こちらは、父子関係も定かでないし産んでほしくない。子どもへの責任もとれない。相手は、父親として一切な...

    3弁護士回答
  • 認知、養育費の請求について。未婚で出産する場合。

    現在妊娠し、出産希望です。 妊娠したことを相手に話したところ、 ・結婚する気はない ・自分が父親という自覚はもっている ・現在別の女性と婚約中(私は婚約中という事実を知りませんでした...

    3弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

認知・親子関係の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  2. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  3. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  4. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  5. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...
  6. 既婚男、出会い系で知り合ったシンママを妊娠...
  7. 「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫...