離婚・男女問題

離婚のトラブルは近年増加の傾向にあり、決して珍しくない問題となっています。離婚を急ぐあまり、不利な条件で離婚してしまうケースや、離婚した後でトラブルを招くケースも多くなっています。特に慰謝料や財産分与など、お金の問題はトラブルの原因として多い理由の一つです。相場を知らなかったばかりに実際よりも少ない金額で示談してしまったり、後で請求しようと思っていたら時効を迎えていたということがないように注意しましょう。また、子どものいる夫婦が離婚する場合には、子どもに関わる問題を解決せずに離婚することはできません。離婚によって子どもに全く悪影響を与えないということは難しいですが、離婚前と同程度の水準で生活ができるよう、親権や養育費についてしっかりと話合うことが重要です。夫婦で話合うだけでは解決できない問題も多いでしょう。問題が複雑な場合は、早めに弁護士へ相談することをお勧めします。弁護士ドットコムでご自身の状況にあったコンテンツをご覧いただき、必要な対策を学びましょう。

離婚を考えている方 のための やること診断

最大で「6」の質問に答えると今するべきことがわかります

Q1 配偶者から暴力を受けている、または、受けていましたか?

Q1 配偶者と別居していますか?

Q1 別居中の生活について金銭的な不安はありますか?

Q1 このまま別居せずに離婚に向けた準備を進めていくことはできそうですか?

Q1 配偶者は不倫をしていますか?

Q1 別居するなどして身の安全を確保できていますか?

Q1 配偶者があなたに連絡してきたり避難先に押しかけてきたりするなどの心配はありますか?

Q1 避難先で生活を続けるうえで金銭的な不安はありますか?

Q1 離婚することについて、夫婦で合意していますか?

Q1 DVの慰謝料や養育費の金額や親権など、離婚するにあたってのさまざま条件について、夫婦で合意できていますか?

Q1 離婚することについて、夫婦で合意していますか?

Q1 不倫の慰謝料や養育費の金額や親権など、離婚するにあたってのさまざま条件について、夫婦で合意できていますか?

Q1 離婚することについて、夫婦で合意していますか?

Q1 財産の分け方や養育費の金額や親権など、離婚するにあたってのさまざま条件について、夫婦で合意できていますか?

Q1 あなた自身が不倫をするなど、「有責配偶者」にあたるようなことをしましたか?

※自ら離婚の原因となるような行動をしていた配偶者を「有責配偶者」といいます。

生活費を確保する方法を確認しましょう。

夫婦には結婚生活を送るうえで必要な費用(婚姻費用)を分担する義務があるので、別居している間の生活費を配偶者に請求することができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「別居中の生活費を確保する方法」

記事を読む

別居に向けた準備を進めていきましょう。

収入に不安を感じて別居に踏み出せないという方も、別居している間の生活費を配偶者に請求することができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「別居にあたって準備しておきたいこと」

記事を読む

配偶者が押しかけてこないよう手続きをしましょう。

裁判所に「保護命令」を出してもらうことで、DVをふるう配偶者があなたに連絡してきたり、訪ねてきたりすることを禁止してもらうことができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「配偶者を近寄らせない方法(保護命令)」

記事を読む

避難先での生活費を確保する方法を確認しましょう。

生活費を確保する手段は複数あります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「避難後に生活費を確保する方法」

記事を読む

合意できた内容を離婚協議書の形にまとめましょう。

離婚の条件として合意した内容を「公正証書」という文書の形で残しておくと、あとになって相手が約束を守らないような場合、強制的に約束を守らせることができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「離婚協議書(話合いが成立した場合)」

記事を読む

一人で向き合わず、弁護士に頼むことを検討しましょう。

DVの被害を受けている場合、配偶者と一切やりとりをしたくないという人もいるでしょう。
そうしたとき、弁護士に依頼することによって、一切の交渉の窓口となってもらうことができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「離婚交渉の弁護士利用のメリットと費用」

記事を読む

DV被害について適切な機関に相談して身の安全を確保しましょう。

まずはDVをふるう配偶者から離れ、身の安全を確保することを考えましょう。親族などに頼る人がいなくても、DVシェルターなどの機関を利用することができます。また、生活費などお金の面の不安を解決する方法もあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「身の安全を確保するためにできること」

記事を読む

話し合うべき離婚の条件を確認しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「財産分与や親権など離婚に向けて話し合うこと」

記事を読む

相手が同意しなくても離婚できる方法を確認しましょう。

配偶者の同意がなくても、法律では不倫を理由に離婚することができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「配偶者の不倫を理由に離婚する方法」

記事を読む

有責配偶者が離婚できるケースを確認しましょう。

有責配偶者から離婚を求めても認められない可能性があります。有責配偶者でも離婚できるのはどのような場合なのかを知っておきましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「不倫をした、など自分が有責配偶者の場合」

記事を読む

相手が同意しなくても離婚できる方法を確認しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「性格の不一致を理由に離婚する方法」

記事を読む

あなたが有責配偶者にあたるのか確認しましょう。

有責配偶者は離婚を求めても認められないことがあります。有責配偶者でも離婚できるのはどのような場合なのか知っておきましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「不倫をした、など自分が有責配偶者の場合」

記事を読む
一つ前の質問をやり直す

「はじめからやり直す」ボタンを押すと
すべての結果がリセットされます

はじめからやり直す

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

「離婚・男女問題」の法律ガイド

不倫の基準と離婚や慰謝料を請求する方法

不倫されていたと知ったときには、怒りや悲しみが溢れ、取り乱したくもなるでしょう。しかし、浮気・不倫をやめさせたい、相応の補償を受けたい、離婚...

「離婚したい!」と思ったら。離婚の流れや対処法

暴力を振るう夫と離婚したい。不倫した妻と離婚したい。離婚したいと思う理由は人それぞれですが、手続きの流れや起こり得るトラブルへの対処法は、誰...

モラハラを離婚原因とする場合の慰謝料相場

出会った頃は優しく温厚だったパートナーが、結婚してから豹変し、家では暴言を吐くようになった、機嫌が悪いと無視する、家事の不出来を延々と指摘す...

離婚届の書き方や必要書類・手続き方法

離婚する際には必ず離婚届を提出し、受理されなければなりません。離婚に至るまでに様々な困難を乗り越えてきたケースが多いでしょう。最後の手続きは...

DVへの対処法や離婚請求・慰謝料の相場

信頼していたパートナーからDV(ドメスティックバイオレンス)を受けてしまったら、肉体的にも精神的にも辛いことでしょう。一度だけでも怯えながらの...

離婚調停とは?手続きの仕組みや流れ

離婚について、配偶者と話し合ってもなかなか折合いがつかない場合、家庭裁判所の離婚調停という手続きを利用することで、解決を目指せる可能性があり...

「離婚調停」の費用や期間・裁判との違い

離婚について、夫婦間で話し合ってもなかなかゴールが見えない場合、家庭裁判所での「離婚調停」という手続きで解決を目指すことができます。離婚調停...

養育費の相場や支払い期間の決め方

離婚にあたって、子どもの親権者となった親は、親権者とならなかった親に養育費の支払いを求めることができます。養育費とは、未成年の子どもが成長す...

離婚協議書を作成するときのポイントと公正証書にするメリット

夫婦間で離婚に合意できたら、養育費や親権など、話し合いで決めた離婚の条件を書面の形で残しておきましょう。書面の形にしておくことで、後になって...

養育費をもれなく支払ってもらうための手続き

未成年の子どもがいる夫婦が離婚するとき、子どもの親権者となった親は、親権者ではない親に対して「養育費」を請求できます。養育費とは、未成年の子...

離婚・男女問題に関する法律相談

  • 離婚後、養育費問題です。

    養育費の件 元旦那が親権を取りました。 現時点では養育費いらないっていってますが、将来ほしいと言われる可能性ありますよね? その場合、念書等の書類で養育費いりませんと確約できるんで...

    1弁護士回答
  • 離婚後、共有財産分与

    ご質問です。離婚後。 共有財産の質問です、ヘアサロンを営んでますが、オーナー、専従者の関係で売上は共有財産になりますか??

    2弁護士回答
  • 離婚訴訟の尋問について

    夫に離婚訴訟を申し立てられています。 私は離婚回避を望んでいます。 夫は弁護士に依頼しており、私は一人で対応しています。 結婚して4年、別居して2年6ヵ月です。 子供はいません。 次...

    1弁護士回答
  • 姉、協議離婚後、今後話し合いできてない。

    自分ではないですが、姉が何も決め事を決めずに離婚のハンコを押してしまい。 子供の親権は、元旦那、姉は、旦那の家に、他人になってるので、いそうろう的になってます。 むこうは今月いっ...

    1弁護士回答
  • 不利な状況での親権獲得のための手立て

    不貞妻が子を連れ去り、弁護士を雇い離婚調停を申し立ててきました。 私の希望は1、復縁 2、離婚して2児の親権、3、親権を失うが金銭要求は養育費のみ+こちるは慰謝料請求です。 親権を...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す