離婚・男女問題

弁護士監修記事 2019年02月19日

離婚協議書を公正証書にしておく意味と協議がうまくいかないときの対処法

財産の分け方や子どもの親権をどちらがもつのかなど、離婚の条件について、夫婦の話合いで決めることができたら、その内容を離婚協議書にまとめ、公正証書の形に残して置きましょう。 離婚の条件についてお互いの意見がまとまらない場合は、裁判所の調停や裁判の手続きを利用することができます。 この記事では、離婚協議書を公正証書の形にしておく意味や、離婚の条件について夫婦で合意できないときの対処法について解説します。

目次

  1. 話合いで決まった条件は「公正証書」にまとめておく
  2. 離婚協議書を作成したら離婚届を提出する
  3. 離婚調停
  4. 裁判

話合いで決まった条件は「公正証書」にまとめておく

alt 財産の分け方や子どもの親権など、離婚の条件について全て配偶者と合意ができたら、合意した内容を書面の形で残しておきましょう。 口約束のままでは、のちのち「相手方が、決めたことを守ってくれない」という状況が生じる可能性があるからです。 離婚後のトラブルを避けるために、合意した内容をまとめた離婚協議書を作成しましょう。離婚協議書は、公正証書の形で残しておくことをおすすめします。 公正証書とは、公証役場で 、裁判官などの法律の専門家から選ばれた公証人に作成してもらう文書です。 「強制執行認諾文言」という文言を入れて公正証書の形で残しておけば、相手方が合意した内容に反することをしたような場合に、強制的に、合意の内容を実現することができます。 たとえば、相手方が、合意した通りに養育費を支払わない場合、相手方の給与を差し押さえて養育費を強制的に支払ってもらうことができます。

詳しくは、この記事の下の「次に読みたい記事」で説明しています。

離婚協議書を作成したら離婚届を提出する

alt 夫婦で離婚の話合いがまとまり、離婚協議書を作成したら、次に離婚届を提出する必要があります。 協議離婚の場合は、離婚届を役所に提出し、受理されることで法的に離婚が成立します。離婚届が受理されないと、夫婦間で離婚に合意ができていたとしても、法的には夫婦として扱われます。 協議離婚の場合の離婚届の書き方や提出までの流れなどについて、詳しくは以下の記事で解説しています。

離婚調停

alt 話し合っても結論が出ない場合は、家庭裁判所に離婚調停を申し立て、調停委員という第三者を介して話し合うことで、解決を目指すことができます。 離婚調停では、「離婚するかしないか」ということに加えて、これまで見てきたお金に関することや子どもに関することも、調停委員の助言を聞きながら話し合うことができます。

離婚調停の手続きの進め方については、この記事の下の「次に読みたい記事」で詳しく説明しています。

離婚調停は自分で起こすことができますが、1人で臨むことが不安な場合や、話合いが難航し裁判に移行する可能性が高い場合は、離婚調停の段階から弁護士に依頼することを検討してもよいでしょう。

裁判

alt 調停でも話合いがまとまらなかった場合は、一部の例外を除いて、裁判を起こして、裁判官に離婚するかどうかや、お金や子どもに関することを判断してもらうことになります。 裁判で相手方とのやり取りを進めるにあたっては、法律や裁判実務の知識が必要です。1人で臨むことはハードルが高いため、弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士に依頼することで受けられるサポートの内容や弁護士費用の目安は、この記事の下の「次に読みたい記事」で詳しく説明しています。経済的な余裕がない場合に弁護士のサポートを受ける方法も紹介しています。

次に読みたい記事 3 件 / あわせて読みたい関連記事 5

次に読みたい記事

離婚協議書を作成するときにおさえるべきポイントと公正証書にするメリット

夫婦間で離婚することに合意できたら、養育費の支払いや親権をどちらがもつかなど、話し合いで決めた離婚の条件を書面の形で残しておきましょう。 * 離婚...

離婚調停とは?手続きの仕組みや流れ・申立て方法などを詳しく解説

離婚について、配偶者と話し合ってもなかなか折合いがつかない場合、家庭裁判所の離婚調停という手続きを利用することで、解決を目指せる可能性があります。 ...

離婚の交渉を弁護士に依頼した場合に受けられるサポートと弁護士費用の相場

配偶者と離婚に向けた話合いを進めるにあたって、弁護士に依頼することを考えている人もいるでしょう。この記事では、弁護士に依頼することで受けられるサポ...

あわせて読みたい関連記事

離婚が成立したあとに進める手続き…離婚届の提出や婚氏続称届けや年金分割の手続きを解説

話合いや調停で配偶者と離婚について合意できたり、裁判で離婚が認められたりしたあとは、離婚届を提出して、離婚後の生活に向けて各種手続きを進めていくこ...

離婚した後に起きうるトラブルの対処法まとめ

離婚が成立した後でも、「養育費や慰謝料が支払われない」といった問題が起きたり、「親権を変更したい」「結婚している間に名乗っていた姓に変更したい」な...

配偶者の不倫を理由に離婚したい場合の手続きの流れ

配偶者が不倫をしていることが発覚したーー。裏切られた悲しさから離婚を考える人もいるでしょう。 「離婚をしたい」と切り出したけれど拒否され、しかし...

離婚に向け別居するまでにしておきたいお金や子どもに関する準備

離婚に向けて配偶者と別居したいと考えた場合、実際に別居に踏み切る前に、しておいた方がよいことがいくつかあります。この記事では、別居にあたって準備し...

離婚に向けて話し合うことl財産分与の方法や親権者の決め方を解説

配偶者と離婚の話合いを進めるうえでは、離婚するかしないかということだけではなく、財産の分け方や子どものことなど、離婚後の生活に関することも決めてお...

解決までの流れ

解決までの全記事

次に読みたい記事 3 件 / あわせて読みたい関連記事 5

次に読みたい記事

離婚協議書を作成するときにおさえるべきポイントと公正証書にするメリット

夫婦間で離婚することに合意できたら、養育費の支払いや親権をどちらがもつかなど、話し合いで決めた離婚の条件を書面の形で残しておきましょう。 * 離婚...

離婚調停とは?手続きの仕組みや流れ・申立て方法などを詳しく解説

離婚について、配偶者と話し合ってもなかなか折合いがつかない場合、家庭裁判所の離婚調停という手続きを利用することで、解決を目指せる可能性があります。 ...

離婚の交渉を弁護士に依頼した場合に受けられるサポートと弁護士費用の相場

配偶者と離婚に向けた話合いを進めるにあたって、弁護士に依頼することを考えている人もいるでしょう。この記事では、弁護士に依頼することで受けられるサポ...

あわせて読みたい関連記事

離婚が成立したあとに進める手続き…離婚届の提出や婚氏続称届けや年金分割の手続きを解説

話合いや調停で配偶者と離婚について合意できたり、裁判で離婚が認められたりしたあとは、離婚届を提出して、離婚後の生活に向けて各種手続きを進めていくこ...

離婚した後に起きうるトラブルの対処法まとめ

離婚が成立した後でも、「養育費や慰謝料が支払われない」といった問題が起きたり、「親権を変更したい」「結婚している間に名乗っていた姓に変更したい」な...

性格や価値観のズレに耐えられない…「性格の不一致」を理由に離婚する方法

結婚をすると、育った環境や性格が全く違う人と一緒に生活することになります。ささいなすれ違いや不満が積もり積もって、「こんな人とは暮らせない。離婚し...

離婚に向け別居するまでにしておきたいお金や子どもに関する準備

離婚に向けて配偶者と別居したいと考えた場合、実際に別居に踏み切る前に、しておいた方がよいことがいくつかあります。この記事では、別居にあたって準備し...

離婚に向けて話し合うことl財産分与の方法や親権者の決め方を解説

配偶者と離婚の話合いを進めるうえでは、離婚するかしないかということだけではなく、財産の分け方や子どものことなど、離婚後の生活に関することも決めてお...

解決までの流れ

解決までの全記事

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

離婚・男女問題に関する法律相談

  • 別居していても不倫になるのか?

    現在、別居18年以上になる男です。 妻とは離婚したいのですが、応じてくれないため別居しています。 今まで、一度も会ったことはなく、電話や手紙のやりとりもありません。また、連絡した...

    1弁護士回答
  • 結婚前借りたお金、財産分与にどうする

    入籍前に1年程に、転売業やってる彼に転売仕入れ用お金が足りないことで私に借りた、私もないでお母さんから送金してもらった、そして、私を頼んで、仕入れ先に払った、私が帳簿ような記録し...

    1弁護士回答
  • 離婚訴訟、和解について

    夫から離婚訴訟を申し立てられています。 離婚原因としては、価値観の相違のような内容です。 子供はいません。 結婚して3年半ぐらい、夫が出ていく形で別居して2年1ヶ月になります。 一回...

    1弁護士回答
  • 親権、養育費の答弁について

    離婚訴訟で、相手方(妻)から、親権と養育費を請求されました。 妻は現在、子の監護者ですが、虐待の疑いがあることから、親権については「争う」とします。 この場合、養育費も「争う」で...

    2弁護士回答
  • フィリピン人と複雑な国際結婚

    私が結婚したいと思っているフィリピン人女性の事で相談です。彼女は17歳の時、フィリピンからタレントとしてもうすぐ23歳と半年で契約満了で自由になります。彼女は日本に来る時ビザ、パス...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

離婚・男女問題の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 夫婦間の「性的DV」…寝込みを襲われ、避妊に...
  2. 既婚の中年女性とワンナイト、恐怖の幕開け…...
  3. AV出演は「自己決定」なのか 「サインがあれ...
  4. 夫が結婚するまで精神疾患を隠していた! 4...
  5. はあちゅうさん妊娠、生まれてくる子と事実婚...
  6. 既婚男性「一緒になろう」と誘惑→離婚せず…「...
  7. 2年にわたって妻を誘惑する男、夫は「戦略的...