弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

裁判離婚

離婚の合意に至らない場合、最終的に裁判で決定することになります。ここでは離婚訴訟を起こすための必要条件や流れ・期間・費用など、事前に確認しておきたいポイントをまとめています。

裁判離婚に関する法律ガイド

裁判離婚 - 離婚訴訟を起こすための必要条件や流れ・期間・費用について

裁判離婚とは、離婚訴訟(離婚裁判)で離婚を成立させることを指し、協議離婚や調停離婚、審判離婚のいずれでも離婚が成立しなかったときに取る離婚請...

裁判離婚に関する法律相談

  • 留守電の内容について

    離婚・男女問題裁判離婚

    何月何日に相手がどのような内容を留守電に吹き込んでいた、というのを証明するためには、ノートに記録するだけでは不十分なのでしょうか? 今のところ履歴に残ってはいますが、時間がたつと...

    2弁護士回答
  • 陳述書に記載する内容について

    離婚・男女問題裁判離婚

    お世話になります。 現在、離婚訴訟中で、親権で争っています。 尋問前の陳述書について、以下の質問です。 よろしくお願い致します。 これまでの準備書面で、相手は私が『子供に虐待してい...

    3弁護士回答
  • 本人尋問前の最後の準備書面での相手の主張への対応

    離婚・男女問題裁判離婚

    離婚裁判で本人尋問前の最後の準備書面で相手が、新しい主張、立証を してきました。相手に言われたままでいるのは嫌なので、本人尋問前に 反論したいのですがどうすればいいのでしょうか。

    2弁護士回答
  • 離婚裁判。VS精神疾患

    離婚・男女問題裁判離婚

    離婚裁判中です。 精神疾患の相手側の弁護士の理屈が凄くて、まいってます・・・ 嘘も平気で書いてあるし (相手の言った通りに書いたとは思いますが) その文章力に、裁判官も相手寄りに傾...

    3弁護士回答
  • 出産費用、および出産にかかる医療費用について

    離婚・男女問題裁判離婚

    出産直後に離婚調停がスタートしています。相手側が出産費用・出産にかかる医療費用を全て払っており、私も全額ないし一部は払うべきだと述べてはおりますが、相手が提出しているのは自作の...

    2弁護士回答

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

裁判離婚に関する解決事例

野澤 裕昭

野澤 裕昭弁護士

1審の離婚請求棄却事件を高裁で逆転勝訴

医師である夫が妻の浪費を理由として離婚請求したが、1審判決は請求棄却。控訴審から受任する。夫は妻と別居し他の女性と同居中に訴訟提起していた。有責配偶者からの離婚請求を認めた最高裁判決に基づき、婚姻は夫婦がお互いに協力して結婚生活を築こうとする真摯な意思が基盤になければならないことを主張。妻は夫に対し医師としての...

横山 清亮

横山 清亮弁護士

反社会勢力に属する人物との離縁訴訟が認められた事案

女性の依頼者は,かつて反社会勢力に属する人物と婚姻関係にあり,婚姻期間中,配偶者の配下の人物と養子縁組をさせられていました。その後,配偶者とは離婚したものの,養子との離縁の合意が得られないまま現在に至り,ご依頼を頂くことになりました。相手方の住民票の調査や,過去の居住地の現地調査等を行いましたが,所在の手がか...

堀江 重尊

堀江 重尊弁護士

別居期間も長く、配偶者も離婚自体には応じる意思があるものの、離婚するための条件として配偶者が要求する金額が過大であり、協議・調停では解決できなかった事例

配偶者の浪費等により配偶者との生活に限界を感じていた相談者は、自身の退職時に離婚を決意し、離婚調停を利用したが不調に終わった。 その後数年の別居を経て、再度、離婚調停を申し立てたが条件面で折り合いがつかず不調に終わった。 離婚訴訟を提起した。それに対し、配偶者からも離婚の請求がなされるとともに、数千万円の金銭...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 犯罪被害者の「同性パートナー」が国の給付金...
  2. 過熱する保活競争、入園のための「ペーパー離...
  3. 「わが子に会えない」父親たちの悲痛な声、面...
  4. 娘と「6年会ってない」父に親権認めた裁判、2...
  5. 「離婚後の養育費を1.5倍に」日弁連の新算定...
  6. テレ朝アナ「職場不倫」発覚…同僚の「秘め事...
  7. 「離婚後の養育費1.5倍に」日弁連、新たな算...