弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

離婚・男女問題

2018年10月01日

配偶者の不倫を理由に離婚したいときに知っておくべきお金のこと

配偶者の不倫を理由に離婚を考えていても、経済的な理由から別居などの行動に一歩踏み出せないという方もいるでしょう。 ですが、離婚する際には慰謝料や財産分与などによって離婚後の生活のためのお金を確保できる可能性があります。別居中も配偶者に生活費の一部を支払ってもらうことができます。 この記事では、支払ってもらえるお金の項目や金額の目安、支払ってもらうために必要な準備などについて詳しく解説します。

目次

  1. 財産分与
  2. 年金分割
  3. 養育費
  4. 不貞行為の慰謝料
  5. ひとり親は児童扶養手当を受給できる可能性がある
  6. 別居中の生活費を配偶者に請求できる
  7. 離婚に向けた準備をはじめる

財産分与

結婚している間に貯めたお金や、手に入れた不動産、車などの財産は、一方の名義になっているような場合でも、夫婦が共同で所有する財産(共有財産)と考えられています。 そのため、離婚するときは、それらの財産を一定の割合で分けるよう、配偶者に要求することができます。財産分与といいます。 財産分与の対象となるのは、以下のような財産です。

  • 預貯金
  • 有価証券
  • 不動産
  • 生命保険・個人年金
  • 自動車
  • ゴルフ会員権
  • 退職金
  • 結婚後に購入した家財道具

自分の場合は、どの財産を配偶者と分け合うことになるのか、別居する前に確認しておくことをおすすめします。 一般的に、財産を2分の1ずつ分けあうことが実務上の運用となっています。

不動産の分け方(ローンが残っていない場合)

不動産が配偶者の名義だったとしても、結婚後に取得したのであれば、財産分与を求めることができます。 不動産にローンが残っていない場合、以下のような方法で分けることが一般的です。

  1. 不動産を売ってお金に変え、売却にかかった経費を差し引いて現金で分ける
  2. どちらかが不動産を所有し、一方に評価額の半額(あるいは、貢献度に応じた金額)にあたる現金を渡す

1と2に共通するステップとして、まずは、不動産を売った場合の価値(評価額)を算出し、それから1と2のどちらの方法で分けるかを選びます。どちらを選ぶかによってその後のプロセスが変わります。 1の方法の場合、不動産の評価額から、仲介手数料や印紙税、登記費用といった売却経費を差し引いた金額を、夫婦で現金で分け合います。 一方、2の場合、マンションを売却していないため、離婚する際に一括して現金を支払ってもらえるとは限りません。 場合によっては、分割払いなどの方法も話し合っておく必要があります。話し合った支払い方法などは、離婚協議書に記載しておきましょう。 反対に、あなたがマンションに住み続けることを希望しているような場合は、配偶者の名義から、あなたの名義に、マンションの名義を変更する必要があります。

不動産の分け方(ローンが残っている場合)

ローンが残っている不動産も、財産分与の対象になります。分け方にはいくつかの方法がありますが、まずはローンが残っていない不動産の場合と同様に、評価額を算出しましょう。 不動産の評価額の方がローン残高よりも高い場合は、評価額からローン残高を引いたプラスの部分が、財産分与の対象になります。 配偶者が住み続けたいと考えている場合、あなたから配偶者に対して、評価額からローン残高を引いた部分のうち、一定割合を支払うよう要求することができます。 一方、ローン残高がマンションの評価額を上回る場合、マンションを売ってもローンが残ってしまいます。 そのような場合は、現金や預金など他の共有財産でローンを返済し、残った財産を夫婦で分けることを検討するとよいでしょう。

退職金の分け方

配偶者の退職金がすでに支払われている場合、簡単に言えば、結婚している期間に対応する部分が財産分与の対象になります。 たとえば、勤務期間が8年でそのうち2年間が結婚している期間だとすると、退職金の1/4が財産分与の対象で、これを夫婦で分け合います。 夫婦共働きの場合、お互いの退職金が財産分与の対象になる可能性があります。 一方、配偶者がまだ働いていて、退職金が支払われていない場合でも、将来支払われる予定の退職金を計算して、その一部を支払ってもらえる可能性があります。 裁判例では、どの時点を基準に財産分与の対象となる退職金の金額を考えるか、複数の計算方法が示されています。 たとえば、離婚する時点を基準に財産分与の対象となる退職金の金額を計算方法があります。 この方法だと、「離婚した時点で自己都合退職をした場合に受け取れる退職金の額」を試算し、勤務年数を婚姻年数で割った数字に乗じて算出します。 たとえば、妻が、結婚20年・勤続30年の夫と離婚する場合で、夫がその時点で退職すれば退職金を1500万円受け取れるとしましょう。 この場合、1000万円(1500万円 × 20年/30年)が財産分与の対象になり、分与割合を2分の1とすると、500万円を自分の取り分として求めることができます。

年金分割

年金分割とは、離婚するときに、配偶者が結婚している間に支払った厚生年金保険料の納付記録の一部を分割し、将来受け取れるはずの年金額に反映させることができる仕組みです。 簡単に言えば、夫が支払った結婚している間の厚生年金保険料を、最大で半分まで妻が支払ったと扱って、妻が将来受け取る年金額を計算するという仕組みです。 分割の方法は、2008年4月より前に納めた保険料と、それ以降に納めた保険料とで扱いが異なります。 2008年4月1日より前に納めた保険料は、離婚するときに、どのくらいの割合で分け合うのか、夫婦間で決める必要があります(合意分割)。 一方、あなたが専業主婦などの第3号被保険者の場合、2008年4月1日以降に配偶者が納めた厚生年金保険料は、配偶者の合意がなくても分割することができます(3号分割)。割合は2分の1と決められています。 離婚後、日本年金機構が運営する年金事務所へ申請すると、2分の1の割合で分割してもらうことができます。

養育費

離婚して子どもの親権者になった場合、子どもを育てるために必要な衣食住の費用や、教育費や医療費、娯楽費や交通費などを、親権者ではない親に対して請求することができます。「養育費」といいます。 養育費は、一般的には、家庭裁判所が参考にしている養育費算定表を目安に金額を決めることになります。 たとえば、給与所得者で、子どもが2人(0歳〜14歳)いるケースの金額をみてみましょう。算定表では、1か月間の養育費の目安は次のように定められています。

養育費の目安・養育費を支払う側の年収が800万円で、受け取る側の年収が0円の場合…1か月の養育費の目安は12万円〜14万円

・養育費を支払う側の年収が600万円で、受け取る側の年収が400万円の場合…養育費の目安は4万円〜6万円

養育費の目安は、子どもの人数や年齢、夫婦それぞれの収入の状況などによって変わってきます。

不貞行為の慰謝料

配偶者の不貞行為によって精神的ダメージを受けたことを理由に、配偶者に対して慰謝料を請求することができます。 金額はケースバイケースですが、不貞行為が原因で離婚に至ったようなケースの裁判では、一般的に100万〜300万円程度の慰謝料が認められています。一方で、500万円を超えるような慰謝料が認められるケースも中にはあります。 慰謝料について、配偶者との話合いで解決を目指したい場合、裁判例で認められた金額を1つの目安にしながら、支払ってほしい金額を主張していきましょう。 不貞行為を理由とする慰謝料は、配偶者だけではなく、配偶者と性的関係を持った不倫相手にも請求することができます。 慰謝料について、当事者同士の話合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に離婚調停を申し立てて、第三者をまじえて話し合うことで解決を目指せる場合があります。 調停でもまとまらなければ、最終的には裁判で、慰謝料請求を認めるかどうか、金額はどのくらいか、ということを裁判官に判断してもらうことになります。 配偶者が不貞行為があったことを認めない場合、裁判で慰謝料請求を認めてもらうためには、「配偶者が自分以外の異性と性的関係を持ったこと」を証拠で証明する必要があります。 不貞行為の証拠の集め方は、以下の記事で詳しく解説しています。

ひとり親は児童扶養手当を受給できる可能性がある

離婚をするときに子どもの親権を得たいと考えていても、十分な収入を得られず、子育てに不安がある人もいるでしょう。 そうしたケースでは、児童扶養手当を受給できる可能性があります。 児童扶養手当とは、離婚などによって、父か母どちらか一方からの養育しか受けられない家庭(ひとり親家庭)の子どもの生活の安定と自立を促すための公的な給付金です。 市区町村から認定を受けることで、子どもひとりであれば、月々約1万円から4万円程度の給付を、子どもが満18歳になる年度の終わりまで受けることができます。

別居中の生活費を配偶者に請求できる

離婚に向けて配偶者と別居したいと考えていても、経済的な不安があり、なかなか行動に移せない人も少なくないでしょう。 ですが、別居する際には、その間の生活費を配偶者に請求することができます。夫婦には結婚生活を送るうえで必要な費用(婚姻費用)を分担する義務があり、別居中もその義務は続くからです。 婚姻費用の金額は、家庭裁判所が参考にしている算定表を目安にするとよいでしょう。 子どもの年齢、人数、お互いの年収、会社員か自営業かなどによって金額が異なります。以下に一例をあげます。

婚姻費用が月額6~8万円(「算定表」の「第3 婚姻費用・子2人表(子0~14歳)」参照)・夫:会社員で年収600万円
・妻:パートで年収150万円
・第1子:12歳
・第2子:10歳
※妻が子ども2人を引き取って育てていて、夫から妻に婚姻費用を支払うケースを想定

別居を始める前に、金額や支払い方法を夫婦で話し合って決めておくことをおすすめします。 夫婦間で合意できない、そもそも配偶者が話合いに応じないような場合は、家庭裁判所に対して「婚姻費用の分担請求調停」を申し立てて、婚姻費用について話し合うことができます。

離婚に向けた準備をはじめる

このように、別居や離婚にともなう経済的な不安を解消する方法は複数あります。自分の状況を確認した上で、離婚に向けた準備を進めていきましょう。 別居を考えている場合は、別居に向けた準備を進めていきましょう。詳しくは次の記事で詳しく解説しています。

別居せず、すぐに離婚に向けた話合いを始めたい人は、次の記事を参考にしてください。協議で話し合うべき条件などについて詳しく解説しています。

関連記事

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

離婚・男女問題に関する法律相談

  • 虚偽の内容証明 慰謝料請求について

    本日、行政書士名義で、離婚した妻より慰謝料請求の内容証明が送られてきました。 内容は、事実無根の虚偽ばかり書いてあり 慰謝料400万を期日内に支払わない場合、刑事告訴、裁判所に離婚届...

    6弁護士回答
  • 婚姻費用調停 実家への家賃支払い 考慮されますか?

    夫の不貞行為による別居で 私は実家におります。 家賃について実家に3万支払っていますが その証拠はノートに記入しているもののみです。 質問 1.婚姻費用の調停で証拠として認められますで...

    1弁護士回答
  • DVに対する慰謝料、不貞行為に対する慰謝料

    私は出会い系サイトで出会った男性と一度浮気してしまい、それが夫に知れ、それから三ヶ月間暴力を受けていました。 それ以前から日常的ではありませんが 暴力はあったのですが、頻度が高く...

    3弁護士回答
  • 独身時代の親の借入金を元に投資で得た資産は財産分与?

    独身時代に母親のへそくりから借入した資金と独身時代の自己資金を結婚後投資で増やし、住宅購入(ローン無し)しました。 この場合、住宅は財産分与の対象になりますか? 又一部、株式、現金...

    2弁護士回答
  • 電話会議システム利用の場合、当事者尋問はどうなるの?

    離婚訴訟において: 家裁が遠方のため、離婚訴訟において電話会議システムを利用する場合、 当事者尋問も、家裁に本人が物理的に出頭せずに電話会議システム経由 で済ませることとなるので...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

離婚・男女問題の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 既婚男性「一緒になろう」と誘惑→離婚せず…「...
  2. 2年にわたって妻を誘惑する男、夫は「戦略的...
  3. 「妻とはうまくいっていない」を信じるな 不...
  4. 出会い系の相手女性から「赤ちゃんできた」の...
  5. 突然別れを切り出され同棲解消…彼女のお願い...
  6. ジョジョの奇妙な生い立ち…第5部主人公「ジョ...
  7. 「柳井社長もやってみて」身分隠してユニクロ...