親権

弁護士監修記事 2018年10月01日

離婚の裁判で親権者を決めるときに重視されるポイント

未成年の子どもがいる場合、離婚するときに、夫婦のどちらが親権者になるのか決める必要があります。 しかし、どちらも親権者になることを望み、話合いの決着がつかないこともあるでしょう。 夫婦の話合いではまとまらない場合、最終的には裁判で親権者を決めることになります。この記事では、裁判で親権者を決めるときに重視されるポイントについて、詳しく解説します。

目次

  1. 話合いや調停で親権者が決まらない場合は裁判で決める
  2. 裁判所が親権者を決めるうえで重視するポイント
    1. 親側と子ども側それぞれの事情が考慮される
    2. 離婚の原因をつくった配偶者 ≠ 親権者としてふさわしくない
    3. 主に育児を担当してきた親はどちらか
    4. 子どもの意思
    5. 家庭裁判所調査官の調査が行われることも
    6. 親権者にならなかった親にも「面会交流権」が認められている

話合いや調停で親権者が決まらない場合は裁判で決める

alt 離婚をする際には、離婚するかしないかということだけではなく、財産の分け方や養育費の金額など、離婚後の生活に関することも決めます。 その中でも、「未成年の子どもの親権者を誰にするか」ということだけは、離婚をする前に必ず決める必要があります。

離婚届の親権者欄に記入せずに届け出ても原則として受理されません

夫婦の話合いや調停で親権者を決められない場合は、審判や裁判で、裁判所に親権者としてふさわしい人を判断してもらうことになります。

裁判所が親権者を決めるうえで重視するポイント

alt

親側と子ども側それぞれの事情が考慮される

一般的に、裁判所は、次のような事情を重視して、親権者としてふさわしい人を判断します。 alt alt

離婚の原因をつくった配偶者 ≠ 親権者としてふさわしくない

親権者は、「子どもの健やかな成長のために、どちらの親が親権者としてよりふさわしいのか」ということを重視して判断されます。 そのため、「離婚にいたった責任が夫婦どちらにあるのか」ということは、親権者を判断するうえで必ずしも考慮されません。 たとえば、不倫をして婚姻生活を破綻させた方の親が、親権者としてふさわしいと判断されることもあり得ます。

主に育児を担当してきた親はどちらか

裁判所が親権者を判断するときに重視することの1つが、「子どものこれまでの生活環境が変わらないかどうか」ということです(継続性の原則)。 そのため、親権者を決める時点で同居している親や、これまで主に育児をしてきた親の方が、親権者となる可能性が高いといえるでしょう。 子どもがまだ幼く、自分で身の回りのことを十分にできない場合は、特にこの点が重視されます。 「食事を作って食べさせていたのはどちらか」「保育園の送迎えを担当していたのはどちらか」などの具体的な事実が判断材料となります。 親権者には、必ずしも母親が選ばれるとは限りません。父親が子どもと一緒に暮らし、子育てに母親より深く関わっているといった場合は、父親が親権者とされることもあります。

子どもの意思

子どもの年齢がある程度高く、物事を判断したり、自分の意思を伝えたりすることができる場合は、子どもの意思も、親権者を判断するうえでの1つのポイントとなります。 子どもが15歳以上の場合は、法律上、親権者を決める際には子ども意思を聞いて、その点を考慮して親権者を決めなければならないことになっています。 必ずしも子どもが希望した通りに親権者が決まるとは限りませんが、子どもの意思は、親権者を決めるうえでの1つの重要な判断要素といえるでしょう。

家庭裁判所調査官の調査が行われることも

裁判所が親権者を判断するにあたって、家庭裁判所調査官による調査が行われることがあります。 家庭裁判所調査官とは、離婚や親権をめぐる争いなどのトラブルを解決するために家庭裁判所に配置された、教育学や心理学などの豊富な知識を持つ専門家です。 家庭裁判所調査官は、裁判官の命令を受けて、親権者を決めるために必要な調査をすることができます。 たとえば、子どもの生活環境や夫婦の経済状況、心身の状態といったことを調査します。夫婦や子ども自身だけではなく、子どもが通う学校の教師などに調査する場合もあります。 調査する際は、対象者1人ひとりに対して個別に面接をします。子どもに対しても基本的には面接で調査をします。 面接では、学校のことや友達のことを聞くなどして子どもが話しやすい状況をつくり、子どもが親と日頃どのように関わり、どのような気持ちを持っているのか、といったことを聞き取ります。 乳幼児など言葉でのコミュニケーションが難しいような場合は、家庭訪問や、家庭裁判所の子ども用の面接室(おもちゃなどが備え付けられたプレイルームのような部屋)で、子どもの様子や心身の発達状況を観察するという方法がとられることもあります。 家庭裁判所調査官はこれらの調査結果をふまえて、子どもにとって最もよい解決方法を検討し、裁判官に報告します。

親権者にならなかった親にも「面会交流権」が認められている

親権者にならず、子どもと離れて暮らすことになった親にも、子どもと会って一緒に過ごしたり、連絡を取り合ったりする権利が認められています。こうした、離れて暮らす親と子どもとの交流を「面会交流」といいます。

面会交流で行うことの内容や、ルールの決め方などについて、この記事の下の「あわせて読みたい関連記事」で詳しく説明しています。

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 8

あわせて読みたい関連記事

不倫慰謝料の相場と慰謝料の金額に影響を与える事情

配偶者の不貞行為によって精神的ダメージを受けたことを理由に、配偶者に対して慰謝料を請求することができます。 不貞行為を理由に求めることができる慰...

離婚するときにローンが残っていない不動産を財産分与する方法

結婚している間に貯めた預金や、手に入れた不動産、車などの財産は、一方の名義になっているような場合でも、夫婦が共同で所有する財産(共有財産)と考えら...

離婚するときローンが残っている不動産はどのように財産分与すればよいのか

結婚している間に貯めた預金や、手に入れた不動産、車などの財産は、一方の名義になっているような場合でも、夫婦が共同で所有する財産(共有財産)と考えら...

将来の退職金も財産分与の対象になるのかl取り分の計算方法を詳しく解説

離婚をする際の財産分与の対象には、配偶者に支払われる退職金も含まれます。配偶者がまだ働いていて、退職金が支払われていない場合でも、将来支払われる予...

離婚するときに「年金分割」の制度を利用して将来受け取る年金を増やす方法

夫婦の一方は、離婚するとき、配偶者が支払った厚生年金保険料の納付記録を分けてもらい、将来受け取れるはずの年金額に反映させることができます。 * 年...

養育費の相場や支払い期間の決め方と話合いがまとまらないときの対処法

離婚にあたって、子どもの親権者となった親は、親権者とならなかった親から「養育費」を支払ってもらうことができます。 * 養育費とは * 養育費の金額は...

【離婚】面会交流のルールの決め方と話合いで決まらない場合の対処法

離婚をすると、どちらか一方の親は、子どもと離れて生活することになります。離れて生活する親にも、子どもと会って一緒に過ごしたり、連絡を取り合ったりす...

親の離婚で子の戸籍と姓はどうなる…決め方と必要な手続きの流れ

離婚をすると、夫婦の戸籍は別々になり、原則として異なる姓を名のることになります。では、夫婦に子どもがいる場合、その子どもの戸籍と姓はどうなるのでし...

解決までの流れ

解決までの全記事

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 8

あわせて読みたい関連記事

離婚するときにローンが残っていない不動産を財産分与する方法

結婚している間に貯めた預金や、手に入れた不動産、車などの財産は、一方の名義になっているような場合でも、夫婦が共同で所有する財産(共有財産)と考えら...

離婚するときローンが残っている不動産はどのように財産分与すればよいのか

結婚している間に貯めた預金や、手に入れた不動産、車などの財産は、一方の名義になっているような場合でも、夫婦が共同で所有する財産(共有財産)と考えら...

将来の退職金も財産分与の対象になるのかl取り分の計算方法を詳しく解説

離婚をする際の財産分与の対象には、配偶者に支払われる退職金も含まれます。配偶者がまだ働いていて、退職金が支払われていない場合でも、将来支払われる予...

離婚するときに「年金分割」の制度を利用して将来受け取る年金を増やす方法

夫婦の一方は、離婚するとき、配偶者が支払った厚生年金保険料の納付記録を分けてもらい、将来受け取れるはずの年金額に反映させることができます。 * 年...

DVを理由とした慰謝料請求が認められるケースと必要となる証拠

配偶者からのDVを理由に離婚する場合、DV被害を理由に、配偶者に対して慰謝料を請求することができます。 この記事では、どのようなケースでいくら程度の...

養育費の相場や支払い期間の決め方と話合いがまとまらないときの対処法

離婚にあたって、子どもの親権者となった親は、親権者とならなかった親から「養育費」を支払ってもらうことができます。 * 養育費とは * 養育費の金額は...

【離婚】面会交流のルールの決め方と話合いで決まらない場合の対処法

離婚をすると、どちらか一方の親は、子どもと離れて生活することになります。離れて生活する親にも、子どもと会って一緒に過ごしたり、連絡を取り合ったりす...

親の離婚で子の戸籍と姓はどうなる…決め方と必要な手続きの流れ

離婚をすると、夫婦の戸籍は別々になり、原則として異なる姓を名のることになります。では、夫婦に子どもがいる場合、その子どもの戸籍と姓はどうなるのでし...

解決までの流れ

解決までの全記事

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 7

あわせて読みたい関連記事

離婚するときにローンが残っていない不動産を財産分与する方法

結婚している間に貯めた預金や、手に入れた不動産、車などの財産は、一方の名義になっているような場合でも、夫婦が共同で所有する財産(共有財産)と考えら...

離婚するときローンが残っている不動産はどのように財産分与すればよいのか

結婚している間に貯めた預金や、手に入れた不動産、車などの財産は、一方の名義になっているような場合でも、夫婦が共同で所有する財産(共有財産)と考えら...

将来の退職金も財産分与の対象になるのかl取り分の計算方法を詳しく解説

離婚をする際の財産分与の対象には、配偶者に支払われる退職金も含まれます。配偶者がまだ働いていて、退職金が支払われていない場合でも、将来支払われる予...

離婚するときに「年金分割」の制度を利用して将来受け取る年金を増やす方法

夫婦の一方は、離婚するとき、配偶者が支払った厚生年金保険料の納付記録を分けてもらい、将来受け取れるはずの年金額に反映させることができます。 * 年...

養育費の相場や支払い期間の決め方と話合いがまとまらないときの対処法

離婚にあたって、子どもの親権者となった親は、親権者とならなかった親から「養育費」を支払ってもらうことができます。 * 養育費とは * 養育費の金額は...

【離婚】面会交流のルールの決め方と話合いで決まらない場合の対処法

離婚をすると、どちらか一方の親は、子どもと離れて生活することになります。離れて生活する親にも、子どもと会って一緒に過ごしたり、連絡を取り合ったりす...

親の離婚で子の戸籍と姓はどうなる…決め方と必要な手続きの流れ

離婚をすると、夫婦の戸籍は別々になり、原則として異なる姓を名のることになります。では、夫婦に子どもがいる場合、その子どもの戸籍と姓はどうなるのでし...

解決までの流れ

解決までの全記事

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

親権を扱う弁護士を探す

親権に関する法律相談

  • 婚姻中別居中の家の解約 親権問題不利

    現在妻と子供と別居状態です 家の家具なども全部運び出されてどこにいるかわかりません 僕は心が苦しいので実家に寝泊まりしてるのですが もう戻る気はないようで離婚調停も申し立てたようで...

    1弁護士回答
  • 子の連れ去りについて

    子どもが2歳の誕生日に夫は家族でお祝いをしようと嘘をつき、私が準備している最中、一瞬の目を盗んで眠ったままパジャマのままの子どもを連れ去りました。 ○夫婦仲が悪化しており、普段は...

    2弁護士回答
  • 子供への虐待は一切ないのでが

    私から子供を奪い取られ無い為に、子への接近禁止命令が発令されました。こちらから、面会交流調停、親権や監護者指定の調停は申し立てられますか?

    1弁護士回答
  • 家庭裁判所調査官への苦情はどこへ送るべきでしょうか?

    家庭裁判所調査官への苦情はどこへ送るべきでしょうか? 親権者決定の為の親への聞き取り調査を受けたのですが 4時間近く休憩なしで行われ辛くて泣いてしまいました。 内容も聞き取りではな...

    3弁護士回答
  • 子の連れ去り 夫の状況、義母が体調不良の場合

    夫に突然、眠っていた子どもをパジャマのまま連れ去られ、現在、弁護士さんに子の引き渡し、監護者指定、審判前の保全を申し立てていただき、動き出しているのですが 相手側の現在、お世話...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

親権の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 既婚の中年女性とワンナイト、恐怖の幕開け…...
  2. AV出演は「自己決定」なのか 「サインがあれ...
  3. 夫が結婚するまで精神疾患を隠していた! 4...
  4. はあちゅうさん妊娠、生まれてくる子と事実婚...
  5. 既婚男性「一緒になろう」と誘惑→離婚せず…「...
  6. 2年にわたって妻を誘惑する男、夫は「戦略的...
  7. 「妻とはうまくいっていない」を信じるな 不...