弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

婚約破棄

「婚約」とは結婚の約束をすることですが、単なる口約束の場合は証明が難しいです。不当に破棄された場合、慰謝料や損害賠償を請求できます。婚約破棄の定義や条件、慰謝料の相場などを確認しましょう。

婚約破棄に関する法律ガイド

婚約を破棄された場合の慰謝料や損害賠償の相場や請求方法

愛する恋人と将来を約束していたのに、浮気され関係を解消されてしまった、挙式の日程を決めようとするとはぐらかされ、催促すると「結婚する気はない...

婚約破棄に関する法律相談

  • 婚約破棄をされて困ってます。

    離婚・男女問題婚約破棄

    婚約をしていて、喧嘩をしょっちゅうしていて別れることになりましたが、理由は、結婚費用を貯めるのに僕が必死になっていてお金ないお金ないっていうことでの言い合いとか喧嘩が多くて、向...

    4弁護士回答
  • 口約束の婚約破棄で慰謝料請求されました。

    離婚・男女問題婚約破棄

    2年付き合っている彼女に別れを告げました。口約束で結婚を約束していましたが、結納や婚約指輪等の正式なことはしていません。彼女は2年間待ったのだから別れるなら時間を返せ、慰謝料を1千...

    2弁護士回答
  • 式の二週間前に婚約破棄となった場合

    離婚・男女問題婚約破棄

    現在、式を二週間前に控えているにも関わらず、彼の母親から大反対を受け、婚約破棄をすることになりました。 揉める事もありましたが、婚約指輪ももらい、両家の顔合わせも済ましている状況...

    3弁護士回答
  • 婚約破棄、不法行為、迷惑行為による慰謝料は請求できるのでしょうか?

    離婚・男女問題婚約破棄

    半年付き合い婚約しその後妊娠しました。 彼女はつわりがひどく一日中寝ている生活をしていました。 どうにも悪阻がつらくおろして別れたいと言い始めました。つわりが少しでも納まるように...

    2弁護士回答
  • モラハラ疑いありの婚約した彼氏から慰謝料請求されたら?

    離婚・男女問題婚約破棄

    現在、付き合って3年3ヶ月になる彼氏がいます。当方27歳独身女性、相手は40歳バツ2男性です。彼について、日々の言動からモラハラの疑いがあると感じ調べたところ、私への拘束・支配の仕方、...

    2弁護士回答

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

婚約破棄に関する解決事例

高橋 賢司

高橋 賢司弁護士

【婚約破棄・示談】突如、性格の不一致で婚約を破棄された女性側代理人弁護士として、慰謝料などの損害賠償を勝ち取った件

結婚式の式場まで予約していたのに、突然、婚約を破棄された女性からの相談でした。依頼者は、結婚を見越して仕事も辞めていました。また、依頼者は、精神的に大きなダメージを受けており、弁護士に相談にきました。依頼をいただいて、相手方の男性へ慰謝料などの損害賠償請求をしました。相手方にも弁護士が就き、示談交渉を開始しま...

宮崎 晃

宮崎 晃弁護士

婚約破棄による慰謝料等で1000万円を超える額を請求されたが、大幅に減額させた事例

証券会社に勤めるAさんは、Bさんと結婚を前提に交際していましたが、交際を続けるうちにBさんと結婚できないと考えるようになり、婚約を解消しました。 Aさんが婚約を解消した当時、AさんとBさんは既に3年以上交際しており、結納を済ませ、式場も予約していました。また、BさんはAさんとの結婚を期待して仕事をやめていた...

多田 晋作

多田 晋作弁護士

既婚者であることを隠されたまま交際を続け、婚約をしたにもかかわらず実現できなかったことに対する慰謝料請求した結果、示談できた事例

相談者様は、独身であると信じて交際を続けていましたが、あるきっかけで相手が既婚者であることを知りました。相談者様は、相手と結婚をするつもりで親族にも周囲にも話をしており、精神的に非常に傷ついておられました。 ご希望として、相手の家族には迷惑をかけたくない、訴訟はしたくない、でも一定の責任を取ってほしい、という...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 犯罪被害者の「同性パートナー」が国の給付金...
  2. 過熱する保活競争、入園のための「ペーパー離...
  3. 「わが子に会えない」父親たちの悲痛な声、面...
  4. 娘と「6年会ってない」父に親権認めた裁判、2...
  5. 「離婚後の養育費を1.5倍に」日弁連の新算定...
  6. テレ朝アナ「職場不倫」発覚…同僚の「秘め事...
  7. 「離婚後の養育費1.5倍に」日弁連、新たな算...