弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

婚約破棄

「婚約」とは結婚の約束をすることですが、単なる口約束の場合は証明が難しいです。不当に破棄された場合、慰謝料や損害賠償を請求できます。婚約破棄の定義や条件、慰謝料の相場などを確認しましょう。

婚約破棄に関する法律ガイド

婚約を破棄された場合の慰謝料や損害賠償の相場や請求方法

愛する恋人と将来を約束していたのに、浮気され関係を解消されてしまった、挙式の日程を決めようとするとはぐらかされ、催促すると「結婚する気はない...

婚約破棄に関する法律相談

  • 彼氏と別れる場合、相手からお金を請求されますか?

    離婚・男女問題婚約破棄

    彼氏からの暴言や力業での封じ込めについて。 付き合って1年になる彼氏がいますが、日頃から「デブ」「太った?」に始まり足蹴や腕を強く絞められることが頻繁にあります。 挙げ句の果てに...

    3弁護士回答
  • 婚約破棄の慰謝料請求に関する質問です

    離婚・男女問題婚約破棄

    私は佐賀県在住43歳です。昨年2月より福岡県に住んでいる女性(27歳)と交際していました。  その当時、私は別居中の妻(現在広島県在住)がおり、子供もいました。女性のほうも、結...

    2弁護士回答
  • 婚約破棄に伴う婚約指輪の扱いについて

    離婚・男女問題婚約破棄

    婚約破棄に伴う結婚指輪の扱いについてです。婚約したものの、性格の不一致からどうしても絶えられなくなり私(女性)から婚約破棄しました。その場合、婚約を前提とした婚約指輪は、返却、...

    3弁護士回答
  • 内縁を証明しお金を取り戻したい

    離婚・男女問題婚約破棄

    下記の内容で内縁だと証明する事は難しいでしょうか? 2015年3月〜約21ヶ月共同生活。 挙式日や会場は今年6月に決まってました。 家事は主に彼女がしていました。 彼女も働いています。 給...

    3弁護士回答
  • 【至急】刑法に触れる内容かどうか、ご教授ください

    離婚・男女問題婚約破棄

    ひどい別れ方(というより捨てられ方)をした恋人に再度話し合いを求めるためにメールや手紙を送る事についてですが、送る期間が問題になるのか、送る量が問題になるのかどちらでしょうか? ...

    3弁護士回答

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

婚約破棄に関する解決事例

竹下 龍之介

竹下 龍之介弁護士

婚約破棄により慰謝料を請求されたが、交渉開始から約2ヶ月で解決した事例

保険会社に勤めるAさんは、Bさんと5年以上にわたり、交際を続けてきました。交際4年目には結婚に向けて準備を始めました。 Aさんたちは、婚約指輪を購入し、結婚式場も申し込み、式の日取りも決まっていました。 ところが、Aさんの結婚にAさんの両親が反対したことを受け、AさんとBさんは話し合いの場を持ちました。そのと...

石原 晋介

石原 晋介弁護士

300万円を請求された男性の慰謝料を70万円まで下げることができた事例。

付き合っていた女性(40代)から婚約破棄だと慰謝料を請求されました。具体的な婚姻の話はしていなかったのですが、お互いの両親にも恋人として紹介をしたことで、お金を払ってでも別れたいと思い、弁護士に相談いたしました。今回のケースは、女性の年齢が40代であること、両親にも恋人として紹介をしていたことから、慰謝料を払う事...

澤嶋 葉

澤嶋 葉弁護士

婚約破棄を理由とする慰謝料請求の被告側で、勝訴的和解に終わった事例

交際していた女性から、正当な理由なく婚約を破棄したとして、慰謝料請求を受けた男性が相談者でした。 相談者が、相手の女性が依頼した弁護士から慰謝料として500万円の支払を求められたのに対し、婚約自体が成立していないとして支払を拒絶したところ、相手の女性から訴訟を提起されました。 相談者は、裁判所から訴状が届いた...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 「離婚後の養育費を1.5倍に」日弁連の新算定...
  2. テレ朝アナ「職場不倫」発覚…同僚の「秘め事...
  3. 「離婚後の養育費1.5倍に」日弁連、新たな算...
  4. ガッキー、ドラマ「逃げ恥」で契約結婚…扶養...
  5. 婚約者が「専業主夫になりたい」と退職したの...
  6. 「ダブル不倫」の法的リスク「いったん泥沼化...
  7. 「産む人」「育てる人」の分業は定着するか…...