離婚届

弁護士監修記事 2018年10月01日

協議離婚するときの離婚届の書き方から提出までの流れと注意点

夫婦で離婚の話合いがまとまり、離婚協議書を作成したら、次に離婚届を提出する必要があります。

  • 協議離婚の場合の離婚届の書き方から提出までの流れ
  • 離婚届を書くときの注意点

この記事では、協議離婚をする場合の離婚届の書き方や提出方法、書くときの注意点などについて解説します。

目次

  1. 離婚届を提出することで離婚が成立する
  2. 離婚届用紙の入手方法
  3. 書き始める前の注意点
  4. 離婚届に記入する上での注意点
    1. 日付
    2. 氏名
    3. 生年月日
    4. 住所・本籍地
    5. 父母の氏名・続き柄(つづきがら)
    6. 離婚の種別にチェックを入れる
    7. 結婚する前の姓に戻る場合(復氏)
    8. 「未成年の子」がいるときは必ず親権者を記入する
    9. 面会交流・養育費の取決めの状況を記入する
    10. 同居の期間
    11. 別居する前の住所
    12. 別居する前の世帯のおもな仕事と夫婦の職業
    13. 「その他」の欄
    14. 証人
    15. 連絡先
    16. すべて記入できたら「届出人」欄に署名・押印をして完成
  5. その他に必要となる書類など
  6. 提出先
    1. 提出する手段

離婚届を提出することで離婚が成立する

協議離婚の場合は、離婚届を役所に提出し、受理されることで法的に離婚が成立します。離婚届が受理されないと、夫婦間で離婚に合意ができていたとしても、法的には夫婦として扱われます。 そのため、離婚の協議がまとまった後は、速やかに離婚届を提出しましょう。

離婚届用紙の入手方法

離婚届の用紙は、全国の市区町村役場の戸籍担当窓口でもらえるほか、各役所のホームページなどからダウンロードして入手することもできます。 離婚届は、全国どこの役所の書式を使ってもかまいません。自分が提出したい役所のホームページからダウンロードできない場合でも、他の役所のホームページから入手したものを提出することができます。

離婚届はA3サイズの用紙でないと受理してくれない市区町村役場もあります。プリントアウトする際はA3サイズにするようにしましょう。

書き始める前の注意点

離婚届は、鉛筆や消せるタイプのボールペンで記入してはいけません。また、書き間違えても、修正液や修正テープで修正してはいけません。 書き間違えた場合は、二本線を引いて訂正印を押し、上の余白に訂正内容を書きましょう。 書き間違えた箇所の全部に訂正印を押すかわりに、離婚届の枠外にあらかじめ訂正印(捨印)を押しておく方法もあります。 相手の記入するところに書き間違いがあった場合に備えて、夫婦2人の捨印を押しておきましょう。 離婚届に捨印を押す箇所があればそこに、ない場合は記入欄の枠外の真ん中あたりに捨印を押しておきます。 協議離婚の場合は、夫婦双方が、離婚届に自筆署名・押印をする必要があります。押印は、同じ姓でも別々の印鑑を使わなければなりません。

印鑑は認め印でもかまいません。ただし、インク式浸透印などのゴム印は使えません。

離婚届に記入する上での注意点

日付

届出日は、実際に提出する日を記入しましょう。未記入のままにしておいて、提出するときに役所で記入することもできます。郵送する場合には、投函日を書きます。

氏名

離婚前の夫婦の氏名を、戸籍に記載されているとおりに書きます。戸籍上の氏名が旧字体の場合は、新字体に省略せずに書きましょう。 たとえば、普段は姓を「斉藤」と書いていても、戸籍上の姓が「斎藤」の場合、離婚届では「斎藤」と記入しましょう。

生年月日

生年月日は、「昭和」などの元号や西暦のどちらで書いてもかまいません。元号で書くのが一般的ですが、「昭和」を「S」とするなど、省略することはできません。

住所・本籍地

住所は、離婚届を出す時点で住民登録をしている住所(住民票に記載されている住所)を省略せず記入します。「番地」や「字(あざ)」なども省略せずに記入しましょう。 すでに別居しているなど、住民票を移している場合は、自分と配偶者それぞれの住所を記入します。

◯東京都港区六本木四丁目1番4号
×東京都港区六本木4-1-4

本籍地も同様に省略せずに記入しましょう。

父母の氏名・続き柄(つづきがら)

夫婦それぞれの「実父母」の氏名を記入します。父母がすでに亡くなっている、あるいは離婚している場合でも記入が必要です。 父母の姓が同じ場合は、片方を省略してもかまいません(母の姓は書かずに名前だけ書く)が、父母が離婚している場合はそれぞれの現在の姓から書きます。 「続き柄」の欄には、「長男」「長女」など離婚する本人と父母との関係を書きます。

次男、次女の場合は「二男」「二女」と記入します。

離婚の種別にチェックを入れる

「協議」「調停」など、離婚の種別ごとにチェックボックスがあるので、「協議離婚」にチェックを入れます。

結婚する前の姓に戻る場合(復氏)

離婚でもとの姓に戻る場合(「復氏」といいます)、もとの戸籍に戻るか、新しい戸籍をつくるかを選択します。 それぞれのチェックボックスがあるので、どちらかにチェックをいれましょう。

結婚前の戸籍と姓に戻る場合

「妻」もしくは「夫」と「もとの戸籍にもどる」にチェックを入れ、結婚前の本籍地と、戸籍の筆頭者の氏名を記入します。

結婚前の姓で新しく戸籍をつくる場合

「妻」もしくは「夫」と「新しい戸籍をつくる」にチェックを入れ、新しい本籍地と、旧姓の氏名を記入します。

離婚後も結婚中の姓を使い続ける場合

離婚後も結婚していたときの姓を使い続ける場合は、「離婚の際に称していた氏を称する届(婚氏続称届)」という届け出を離婚届と一緒に提出しましょう。 この場合、離婚届の戸籍と姓に関する部分は記入しないままで構いません。 婚氏続称届は、離婚届といっしょに提出しなくても、離婚成立の日から3か月以内であれば、提出することができます。 しかし、離婚届と同時に提出することをおすすめします。次のような手間が発生するからです。 婚氏続称届を提出せずに離婚届を提出すると、婚氏続称届を提出するまでは、いったん旧姓に戻ることになります。 その間、本人確認書類や、保険の名義なども旧姓に戻す手続きをしなければならないことになります。婚氏続称提出した後に、さらに結婚中の姓に戻す手続きをしなければなりません。 そのため、離婚届を提出する段階で、結婚中の姓を引き続き使おうと考えている方は、離婚届と同時に婚氏続称届を提出したほうがよいでしょう。

婚氏続称届の書き方については、この記事の下の「あわせて読みたい関連記事」で詳しく説明しています。

「未成年の子」がいるときは必ず親権者を記入する

未成年の子がいる場合、親権者が記入されていないと離婚届は受理されません。 夫が親権者なら「夫が親権を行う子」の欄に、妻が親権者なら「妻が親権者を行う子」の欄に、子の氏名を記入します。 子が複数いる場合は、一人ずつ、親権者がどちらなのかを記入します。

面会交流・養育費の取決めの状況を記入する

未成年の子がいる場合に「面会交流」と「養育費」の取決めをしているかどうかを記入する欄があります。 それぞれについて、「取決めをしている」「まだ決めていない」というチェックボックスがあるので、チェックを入れましょう。

同居の期間

挙式した年と月あるいは同居を始めた年と月のうち、どちらか早い方を記入します。同居を始めた時期が不確かな場合は、覚えている範囲でおおよその年と月を記入すれば問題ありません。

別居する前の住所

離婚届を提出する前にすでに別居していた場合は、夫婦が同居していたときの住所を書きます。別居していなかった場合は、記入する必要はありません。

別居する前の世帯のおもな仕事と夫婦の職業

この欄は、国勢調査をする年の4月1日から翌年3月31日までに離婚届を提出する場合にのみ記入します。 国勢調査は5年に1度、「5」で割り切れる数字の年(2020年など)に実施されます。記入する必要がある年かどうか確認しましょう。 世帯主の職業について、1から6までチェックボックスがあるので、当てはまるものにチェックを入れます。

「その他」の欄

特別な事情がある場合にのみ記入します。 たとえば、離婚する夫や妻が養子縁組をしていて、父母が「養父母」である場合などです。 この場合は「父母の氏名」と同じように、養父母の氏名や続き柄を記入します。養父母がすでに亡くなっている、あるいは離婚しているときも記入します。

証人

協議離婚の場合は、離婚届の「証人」の欄に、2人の証人に生年月日・住所・本籍を記入のうえ、自筆署名と押印をしてもらいます。

証人二人が夫婦であるなど同姓の場合、同じ印鑑にならないように注意してもらいましょう。

連絡先

夫婦いずれかの自宅、勤務先、携帯電話の番号など、昼間連絡の取れる電話番号を記入します。

すべて記入できたら「届出人」欄に署名・押印をして完成

協議離婚の場合は、「届出人」の欄に夫婦双方が自筆署名・押印が必要です。結婚中の氏名を書き、それぞれ別の印鑑を押します。 印鑑は、実印でなく認め印でもかまいませんが、インク式浸透印などのゴム印は使えません。

その他に必要となる書類など

本籍地以外の役所に離婚届を提出する場合は、戸籍謄本が必要になります。 また、他の人に提出を頼む場合は、その人の本人確認資料(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)が必要になります。 本人が直接提出する際は、離婚届に押印したものと同じ印鑑を持参しましょう。本人であれば、窓口で不備が発見された場合に、その場で訂正することができるからです。

提出先

離婚届は、結婚していた時の本籍地、住所地(住民登録をしているところ)のある市区町村役場の戸籍係に提出します。 DV被害などで一時的にシェルターなどに避難している場合は、そのシェルターの住所地の市区町村にも提出することができます。 離婚して新しく戸籍をつくる場合は、新しく戸籍をつくる市区町村役場の戸籍係に提出することもできます。

提出する手段

直接役所に出向いて提出することもできるし、郵送で提出することもできます。 役所には、原則として、24時間、365日提出することができます。役所が閉まっているときは、休日・夜間窓口で提出できます。 郵送する場合は、郵送中の紛失など万一の事故などに備えて、確実に受理されたかどうか役所に問い合わせて確認するようにしましょう。 家族など他の人に提出を頼むこともできますが、提出した際に大きな不備(届出人の署名、離婚後の戸籍、証人など)が見つかった場合、本人以外は訂正できません。持ち帰ってきてもらい、本人が訂正する必要があります。 また、他の人に提出を頼む場合は、本籍地または住所地(住民登録のある住所)のある役所にしか提出できないので注意しましょう。 郵送もしくは他の人に提出を頼んだ場合は、役所から、「離婚届を受理した」というお知らせ(離婚届の受理通知)が自分あてに郵送されてきます。

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 5

あわせて読みたい関連記事

調停離婚したときの離婚届の書き方と提出するまでの流れと注意点

離婚調停で離婚が成立したら、次に離婚届を提出する必要があります。 * 調停離婚の場合の離婚届の書き方から提出までの流れ * 離婚届を書くときの注意点 ...

裁判で離婚が認められたときの離婚届の書き方l提出までの流れと注意点

離婚裁判で判決が確定して離婚が成立したら、次に離婚届を提出する必要があります。 * 裁判離婚の場合の離婚届の書き方から提出までの流れ * 離婚届を書...

離婚後も姓を変えない場合に必要な婚氏続称届の書き方と提出するタイミング

離婚したあとも結婚中の姓を使い続けたい場合には、「離婚の際に称していた氏を称する届(婚氏続称届)」という書類を提出する必要があります。離婚届と一緒...

【年金分割】合意分割の適用を受ける人が離婚後に行う手続きと必要書類

離婚するとき、夫婦の一方は、配偶者が支払った厚生年金保険料の納付記録を分けてもらい、将来受け取れるはずの年金額に反映させることができます(年金分割...

【年金分割】3号分割の適用を受ける人が離婚後に行う手続きと必要書類

離婚するとき、夫婦の一方は、配偶者が支払った厚生年金保険料の納付記録を分けてもらい、将来受け取れるはずの年金額に反映させることができます(年金分割...

解決までの流れ

解決までの全記事

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 5

あわせて読みたい関連記事

調停離婚したときの離婚届の書き方と提出するまでの流れと注意点

離婚調停で離婚が成立したら、次に離婚届を提出する必要があります。 * 調停離婚の場合の離婚届の書き方から提出までの流れ * 離婚届を書くときの注意点 ...

裁判で離婚が認められたときの離婚届の書き方l提出までの流れと注意点

離婚裁判で判決が確定して離婚が成立したら、次に離婚届を提出する必要があります。 * 裁判離婚の場合の離婚届の書き方から提出までの流れ * 離婚届を書...

離婚後も姓を変えない場合に必要な婚氏続称届の書き方と提出するタイミング

離婚したあとも結婚中の姓を使い続けたい場合には、「離婚の際に称していた氏を称する届(婚氏続称届)」という書類を提出する必要があります。離婚届と一緒...

【年金分割】合意分割の適用を受ける人が離婚後に行う手続きと必要書類

離婚するとき、夫婦の一方は、配偶者が支払った厚生年金保険料の納付記録を分けてもらい、将来受け取れるはずの年金額に反映させることができます(年金分割...

【年金分割】3号分割の適用を受ける人が離婚後に行う手続きと必要書類

離婚するとき、夫婦の一方は、配偶者が支払った厚生年金保険料の納付記録を分けてもらい、将来受け取れるはずの年金額に反映させることができます(年金分割...

解決までの流れ

解決までの全記事

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 5

あわせて読みたい関連記事

調停離婚したときの離婚届の書き方と提出するまでの流れと注意点

離婚調停で離婚が成立したら、次に離婚届を提出する必要があります。 * 調停離婚の場合の離婚届の書き方から提出までの流れ * 離婚届を書くときの注意点 ...

裁判で離婚が認められたときの離婚届の書き方l提出までの流れと注意点

離婚裁判で判決が確定して離婚が成立したら、次に離婚届を提出する必要があります。 * 裁判離婚の場合の離婚届の書き方から提出までの流れ * 離婚届を書...

離婚後も姓を変えない場合に必要な婚氏続称届の書き方と提出するタイミング

離婚したあとも結婚中の姓を使い続けたい場合には、「離婚の際に称していた氏を称する届(婚氏続称届)」という書類を提出する必要があります。離婚届と一緒...

【年金分割】合意分割の適用を受ける人が離婚後に行う手続きと必要書類

離婚するとき、夫婦の一方は、配偶者が支払った厚生年金保険料の納付記録を分けてもらい、将来受け取れるはずの年金額に反映させることができます(年金分割...

【年金分割】3号分割の適用を受ける人が離婚後に行う手続きと必要書類

離婚するとき、夫婦の一方は、配偶者が支払った厚生年金保険料の納付記録を分けてもらい、将来受け取れるはずの年金額に反映させることができます(年金分割...

解決までの流れ

解決までの全記事

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

離婚届に関する法律相談

  • 離婚届を出してから、慰謝料、養育費調停は可能かどうか

    離婚届を出してから、婚姻費用の分担や養育費の調停をする事は可能ですか?? また、DV被害についての慰謝料請求も可能でしょうか?? DV夫が、離婚はする気があると息巻いてくれています...

    1弁護士回答
  • 親権者変更調停につきまして。

    親権につきまして 現在子の引き渡しの保全処分→調停になっております。 昨年12月上旬に妻との離婚が成立しました。 その際に離婚届の親権欄に長女(11)、長男(6)を私が、 次女(8)を妻の親権...

    2弁護士回答
  • 相手が離婚の協議書を守らない場合はどうすればよいのでしょうか?

    海外に住んでいる妻と離婚をすることになり、合意書を作成して離婚をしました。 最初、離婚裁判を家庭裁判所に訴え受理されていたのですが、合意したので取り下げ、離婚届を出しました。 ...

    2弁護士回答
  • 妻が勝手に離婚届を提出してしまいました。

    2週間前に妻と大きな喧嘩をした際、離婚に話がおよび、離婚届を書くことになりました。 その時、夫である私に関する部分のみを記載して、妻に渡しました。 しかしその後、関係は修復したか...

    3弁護士回答
  • 離婚届を出すタイミングはいつがいいですか?

    離婚届を出すタイミングはいつがいいか教えてください。 現在離婚する事は決まっておりますが、財産分与の話し合いがまとまっていません。 向こうに借金があり督促状がくる事もあるので早く...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

離婚届の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 夫婦間の「性的DV」…寝込みを襲われ、避妊に...
  2. 既婚の中年女性とワンナイト、恐怖の幕開け…...
  3. AV出演は「自己決定」なのか 「サインがあれ...
  4. 夫が結婚するまで精神疾患を隠していた! 4...
  5. はあちゅうさん妊娠、生まれてくる子と事実婚...
  6. 既婚男性「一緒になろう」と誘惑→離婚せず…「...
  7. 2年にわたって妻を誘惑する男、夫は「戦略的...