弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

不当解雇

会社は正当な理由がない限り、労働者を簡単に解雇することはできません。不当解雇の基準や、不当解雇されてしまった場合の対処法や相談先について、解説記事や具体的な法律相談を通して紹介します。

不当解雇に関する法律ガイド

あなたの解雇、実は「無効」かも…「不当解雇」を争うためのポイントを詳しく紹介

「あなたは能力不足」「リストラする必要がある」ーー。解雇の理由はさまざまですが、一見もっともらしい理由があっても、条件をみたしていない解雇は...

いくらかかる? 不当解雇について弁護士に相談するときの弁護士費用

不当解雇を争いたいけど、弁護士に依頼すると費用が高くなるのでは…。そんな不安を抱えていませんか? 「弁護士費用はいくらぐらいかかるのか?」「い...

解雇を争っていても「失業保険」を受け取れる「仮給付」の仕組み

「不当解雇」を争う間の生活のために失業保険を受給したい。でも、失業保険を受け取ったら解雇(=失業)を認めることになるのでは…。そんな疑問をかか...

「不当解雇」争うために必要な証拠、まず「解雇理由証明書」を手に入れよう

不当解雇を会社と争うとき、「解雇が無効であること」を明らかにするための証拠が必要となりますが、...

退職金は受け取っていいの?「不当解雇」争うときに、やっていいこと・NGなこと

「不当解雇」を争いたいけど、生活のためにすぐにでも「転職活動」を始めたい…。「解雇された」という事実を争いつつ、一方で転職活動をすることは、一...

「不当解雇」の争いに専門家が間に入って解決に導く「あっせん」の仕組み

「不当解雇」を会社と争いたいけど、裁判などの法的手続きはお金や時間もかかりそうだし、勝っても会社に復職することは難しそう……。そんな思いをかか...

不当解雇に関する法律相談

  • 不当解雇の解決金を支払わない場合

    労働解雇不当解雇

    例えば不当解雇で労働審判を申し立てて解決金100万円で和解したとします ところが会社がこれを無視して支払わない場合どうなるのでしょうか?

    3弁護士回答
  • 労働裁判につきまして

    労働解雇不当解雇

    現在、解雇無効、賃金仮払いの仮処分中であります。会社側が、LINEで外注扱いで暫くはお願いしますと送って来た写真を見せられました。しかし、全く従業員、社長の指揮命令でしておりました...

    2弁護士回答
  • 地位確認訴訟の和解について

    労働解雇不当解雇

    セカンドオピニオンとして他の弁護士の先生のご意見を伺えれば幸いです。 現在、地位確認請求訴訟を提起し係属中です。 経緯は次の通りです。 平成28年10月 解雇(事業縮小による即日...

    1弁護士回答
  • 和解後の退職理由について

    労働解雇不当解雇

    解雇無効(普通解雇)裁判の控訴審で和解が成立し、 ・〇月〇日付けで、雇用契約の終了を確認する。 ・被控訴人は控訴人に解決金を〇〇円を支払う。 との内容のみであった場合、 <質問> ...

    4弁護士回答
  • 損害賠償請求について

    労働解雇不当解雇

    会社の不当解雇に嘘の証拠や証言をして、解雇になり不利益をうけました。 会社とは、訴訟していますが。 嘘の証言や証言をした人に損害賠償をする事は、できますか?

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不当解雇を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

不当解雇に関する解決事例

井上 光昭

井上 光昭弁護士

理由の無い解雇の無効と未払賃金を回収した事案

勤務先から正社員からパートに変更すると言われ拒否したところ解雇された。解雇無効と賃金請求権を確認する労働審判を起こして、それが認められる審判が出されたが異議を申し立てられ訴訟に移行したが最終的に職場復帰を認める和解をした。労働審判申立から和解まで約6ヶ月での解決となった。労働審判制度により、以前より労働事件の...

田村 裕一郎

田村 裕一郎弁護士

【会社勝訴判決②】【依頼主「運送会社」】不当解雇を主張されたが、訴訟(本人)で、会社を代理し、勝訴判決を得た事例【不当解雇】

一般論として、解雇は、そう簡単には有効にはならない、といえます。本人訴訟であっても、同様です。不当解雇または違法解雇となった場合、①従業員が職場復帰する、のみならず、②会社は、当該従業員に対し、解雇から職場復帰までの期間に対応する賃金(いわゆるバックペイ)、を支払わなければなりません。このようなリスクを考慮する...

岡本 直也

岡本 直也弁護士

不当解雇であると訴えられた事例

不当解雇であると訴えられたがどうすれば良いか。解雇の理由を根拠づける証拠を収集し、不当な解雇ではないことを前提に交渉し、解決した。解雇については極めて厳しい要件を満たす必要があります。 不当な解雇ではないことを根拠づける様々な証拠を収集しなければならないため、弁護士の能力によって結論に差が出やすい分野といえます。

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 介護保険法改正で自己負担が2割から3割に…背...
  2. うつ病から復帰後、昇進の打診…「ストレス、...
  3. 社長が同僚に「お前は赤ちゃん以下」と罵声…...
  4. 「社会保険料が高くなるから、春に残業するな...
  5. 実績、選考状況の嘘…就活で経歴「盛る」学生…...
  6. ほっともっと店長「名ばかり管理職」訴訟、静...
  7. 残業、月100時間未満「過労死なくならない」...