現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

退職金

労働基準法では退職金に関する取り決めはありません。個々の就業規則や労働条件によって、労働者に支給される退職金の金額は異なります。未払いや減額などのトラブル対処法についてまとめました。

退職金に関する法律相談

  • 退職金裁判を起こしたいです。

    【相談の背景】 歯科医療法人に、在籍して5年、この度、退職します。ケアマネージャーとして勤務しています。雇用契約書に退職金あり、とありますが、提示された金額は10 万でした。法人の...

    1弁護士回答
  • 退職金規定について教えて下さい

    【相談の背景】 従業員30人の会社で今年定年を迎えるのですが 退職金がいくら頂けるのか分かりません。 【質問1】 現在会社の就業規則にも明確な表示が無いのですが法的に問題ないのですか

    3弁護士回答
  • 退職金計算方法について。

    【相談の背景】 会社都合で退職し、退職金がもらえたのですが、退職金計算での退職事由係数が0.9になっていました。 会社都合だと退職事由係数は100%だと思うのですが? 【質問1】 申...

    1弁護士回答
  • ろうきんで借金あり転職

    【相談の背景】 ろうきんで約100万程の借金がありますが、転職を考えてます。 退職金もでると思いますが、恥ずかしながら他に借入もあり、配偶者が通勤するのに車を購入したりと、退職金で...

    1弁護士回答
  • 退職金の質権設定について

    【相談の背景】 上場会社の社長個人に対して将来的に発生する役員退職金への質権設定について 【質問1】 この場合の具体的な手続き方法、上場会社ゆえに注意しなければない点を教えてく...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識