弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

限定承認

限定承認はプラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ方法です。単純承認や相続放棄とは異なり、相続人全員の承諾が必要です。また、熟慮期間の3か月以内に手続きをしなければならないので注意しましょう。

限定承認に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

限定承認に関する解決事例

吉口 直希

吉口 直希弁護士

限定承認を利用して建物の所有権を取得した事例

ご相談者様の奥様は生前借金をしていたため、ご相談者様は相続放棄をすることを検討している状態でした。 もっとも、ご相談者様が所有している土地上の建物が妻と共有状態になっていたことから、相続放棄をすると建物の持分を取得できないという不都合が生じる事例でした。 そこで、ご相談者様は何か解決のための方法はないかとご相...

大達 一賢

大達 一賢弁護士

限定承認や相続放棄等の手続きを駆使し、依頼者の居宅を堅持した事案

夫が亡くなった際、夫の財産が大幅な債務超過状態であったため、相続人である妻は相続を放棄して住居を失うか、相続をして借金を背負うかという二択に迫れらていた。 他の共同相続人である子ら、妻の親族等と協議を重ね、多少の財政的支援を得るとともに、金融機関からの新...

鈴木 和貴

鈴木 和貴弁護士

【相続放棄】被相続人にプラスの財産よりも多額の債務があった事例

会社経営をしていたXさんが亡くなりました。Xさんには3人の子供がおり、そのうちのAさんが会社経営を引き継いで行く予定でした。Xさんにはプラスの財産も沢山ありましたが、会社の債務の連帯保証などで、債務がプラスの財産を上回っていました。Bさん、Cさんとしては会社を継ぐ訳でもなく、借金はしたくないということで相談に...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...