限定承認

限定承認はプラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ方法です。単純承認や相続放棄とは異なり、相続人全員の承諾が必要です。また、熟慮期間の3か月以内に手続きをしなければならないので注意しましょう。

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

限定承認に関する法律相談

  • 相続限定承認手続きについて

    相続限定承認をしたいのですが、被相続人の死後3ヶ月を経過してしまいました。調査に時間がかかってしまいましたためです。今、3ヶ月と数日経った状態です。今からでも限定承認の手続きは可...

    1弁護士回答
  • 放棄、限定承認を決める前に、相続手続き一次書類で残高を知りたい。

    相続放棄・限定承認の選択をするために、 急死した母の取引証券会社に 死亡時の口座名義人の残高証明書を請求をしたいのですが、 (立替金が出ているのはわかっていますが、金額が全くわから...

    2弁護士回答
  • 遺産相続限定承認について

    先日、祖父が亡くなり相続人が父、と叔父の二人になります。祖母は他界してます。祖父は土地やら色々あり負債があるのかも分かりません。負債があったとしても、持っている土地やらお金類で...

    2弁護士回答
  • 相続破棄しても車だけを相続したい

    一週間程前に母が他界しました。 財産整理していたところ、銀行のローンが50万円残っているのがわかり、相続破棄をしようとしたところで今、自分が乗っている車の名義が母の名義になっており...

    1弁護士回答
  • 限定承認をし、不動産だけ残せるか

    父が昨年の12/26に亡くなりました。母も既に他界しており、相続人は娘3人になります。 プラスの資産は、貯金180万、実家(固定資産評価額土地600万、建物300万)、生命保険100万になります。実...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す