現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

限定承認

限定承認はプラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ方法です。単純承認や相続放棄とは異なり、相続人全員の承諾が必要です。また、熟慮期間の3か月以内に手続きをしなければならないので注意しましょう。

限定承認に関する法律相談

  • 限定承認、後から出てくる借金について

    【相談の背景】 生活保護を受けていた祖母(疎遠、交通事故で死亡)の相続の限定承認を考えています。 現状司法書士事務所に依頼していますが、 官報広告で多額の借金が判明した場合、相続...

    2弁護士回答
  • 限定承認について、弔慰金を受け取ってしまった場合

    【相談の背景】 成年後見を受けていた祖母が交通事故で死亡したとの連絡がありました。 祖父の遺産(土地家は換金済)があり、借金は無いとは思いますが、金遣いが荒く距離を取らざるを得な...

    2弁護士回答
  • 限定承認と賠償責任について

    【相談の背景】 相続について教えてください。 亡くなった親は借金はありませんが、トラブルメーカーで民事裁判で訴えられたことが過去に何度かあります。 遺品整理をしていますが、訴...

    1弁護士回答
  • 限定承認を考えている中での、故人との共同名義のマンションの管理費等の支払いはどうするべき?

    【相談の背景】 父が他界しました。 生前、事業をしていて債務状況が不明のため、財産調査~限定承認での相続を弁護士に依頼しようと考えています。 その中で、父と私の共同名義のマン...

    1弁護士回答
  • 限定承認中の車検について

    【相談の背景】 限定承認をしようと思います。 自家用車が亡夫名義ですが、日常で使っていました。 これからも使いたいのですが、車検が切れます。名義変更もしたいのですが、限定承認の...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識