熟慮期間

相続放棄の手続は、故人の死亡を知ったとき、または相続の開始を知ったときから3か月の「熟慮期間」に行います。ここでは熟慮期間の起算点の考え方や、過ぎた場合の対処法についてまとめました。

熟慮期間に関する法律相談

  • 相続放棄 リースバック売却分

    【相談の背景】 父が亡くなり、借金があるので相続放棄をするべきか検討しております。ただ生前に家をリースバックしており、売却代金の一部が「保証金」としてまだ不動産会社(売却先)に残...

    2弁護士回答
  • 時効取得と相続放棄について

    【相談の背景】 死亡した母が生前不動産を売却しましたが、その内1筆が農地でした。その時売却が出来なかったので、条件付の売買(農地法第5条許可)で条件付所有権移転仮登記の手続き(...

    2弁護士回答
  • 祖母の負債の相続放棄について

    【相談の背景】 2ヶ月ほど前に別居の母方の祖母が亡くなりました。母も既に亡くなっているため、孫の私が代襲相続人に当たるかと思います。 祖母には兄弟2人、子4人おります。 現時点で相...

    1弁護士回答
  • 遺産放棄する前に遺産を受け取ってしまったら

    【相談の背景】 先日父が他界をいたしました。 生前、父は車を売却する事を拒んでいた為 亡くなってから売却をいたしました。 母は運転免許を持っておらず、車の税金を払い続けるのが...

    2弁護士回答
  • 相続放棄又は熟慮期間伸長が可能な期間

    【相談の背景】 父親が亡くなりました。 父親は15年以上前に事業をやっていたのですが、当時の債権者から督促状が届きました。 督促状は中身を見ないで廃棄してしまいました。 相続放...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続放棄を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識