弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続財産

相続財産が多い人ほど遺産分割が難航したり、相続人の管理義務が負担となったりする可能性があります。ここでは相続財産について、解説記事や具体的な法律相談を通して確認しましょう。

相続財産に関する法律ガイド

遺産分割の前に財産調査を行い財産目録を作成しよう

相続人が持っている財産を全て把握していたほうが、スムーズに遺産分割ができます。相続人が複数いる場合、相続財産について認識違いがあるとトラブル...

相続時に葬儀費用のトラブルを避けるには:葬儀費用は誰が負担する?

家族が亡くなると、悲しむ間もなく葬儀について決めなければなりません。残された家族にとって、葬儀費用は思った以上の負担となります。葬儀費用を誰...

相続財産の評価方法:不動産、株、自動車などの評価額は?

現金は何も計算しなくとも相続する金額がわかりますが、他の財産については明確に数字ではわかりません。財産を評価して、評価額を計算する必要があり...

遺族年金は遺産分割に含まれる?

年金の加入者が死亡した場合、条件を満たすと遺族年金を含む遺族給付が受けられるケースがあります。あくまで遺族の生活保障を目的とした制度であり、...

死亡退職金は遺産分割に含まれる?

被相続人が企業などに勤務していた場合、退職金が支払われることになっている場合があります。死亡退職金は受取人の固有財産と考えられており、遺産分...

生命保険は遺産分割に含まれる?

生命保険金は受取人を指定して契約します。被相続人の死亡時に遺族が受け取る死亡保険金については、受取人に固有の財産とされています。遺産分割には...

墓は相続財産に含まれる?

お墓(墓地・墓石)や位牌、仏壇など、祖先を祭るためのものを「祭祀財産」といいます。祭祀財産を引き継ぐ祭祀承継者については慎重に検討したほうが...

香典は遺産分割に含まれる?

香典は、法的には喪主(遺族の代表者)への贈与という扱いになりますが、非課税です。香典も被相続人の死によって得られる財産の一つではありますが、...

相続財産に関する法律相談

  • 再婚と遺産相続について

    相続遺産分割相続財産

    再婚することになりました。お互いに2人の子供がいます。私には再婚前に完済したマンションが複数ありますが、それは子どものために築いてきたものです。結婚して私が先に亡くなった場合、...

    1弁護士回答
  • 遺産相続で、やっておくべきこと。

    相続遺産分割相続財産

    主人は再婚で、前妻とのお子さんで自立した子供が1人います。 今は、交流ありません。 私との間にも未就園児が1人います。 •主人が子供の将来を考え主人名義で貯金をしてますが 遺産相続と...

    6弁護士回答
  • 亡くなった叔父の遺産を、実親ではない伯母が勝手に独占できるのでしょうか?

    相続遺産分割相続財産

     2年前に祖父の実の息子である叔父(独身)が亡くなり、遺産は祖父の手に渡りました。  遺された伯母と父親は祖父の実の子でなく、養子縁組の立場に入っています(実の祖父は父親が小さい...

    1弁護士回答
  • 相続は貸借対照表上、相続人の資産として算入できる性質の財産か

    相続遺産分割相続財産

    相続は貸借対照表上、相続人の資産もしくは負債として勘定できる性質の財産なのでしょうか?

    2弁護士回答
  • 意識混濁状態で入院している叔母の財産保全の方法について

    相続遺産分割相続財産

    父(77歳)の父の姉(叔母)(80歳)が骨折で手術をしたところ、容態が悪化しICUに急遽入院をすることになっています。元々持病もあったため処置が進まず意識混濁の状態です。 今回ご相談を...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

相続財産に関する解決事例

野上 恭史

野上 恭史弁護士

遺留分(遺留分減殺請求)を主張された事例

遺言に基づいて財産を相続したが他の相続人から遺留分を主張された。どうしたらよいか。遺産の財産調査を行うとともに,各相続人の遺留分の額や,遺留分を侵害している額を算定しました。また,相談者は遺産の大半を不動産で取得しており,不動産についてはそのまま持ち続けたいとのご希望がありましたので,現金を支払うことで解決し...

中村 洸士

中村 洸士弁護士

『納得がいくまで話を聴いてくれて、分かりやすく報告してくれたため、遠方での事件でも、事件解決までの一つ一つの段階を理解して進めることができました(遺留分減殺請求事件)』

私は、中村弁護士に依頼したのは、母の相続が起こった際です。母が亡くなり、母が作ったとする遺言書が見つかりましたが、母の財産のほとんどを妹が相続するという内容でした。母がそのような遺言書を遺していたことを突然知り、「何故そんなものを作ったんだろう」とか「本当にこれだけしか私は相続できないんだろうか」と混乱しまし...

山枡 幸文

山枡 幸文弁護士

遺産の公平な分配について

先日父が亡くなり、相続人は私と兄の2人で、遺産の主なものとしては、実家の不動産(評価額約4000万円)と預貯金が1000万円ほどあります。兄は、不動産を売却してその代金と預貯金と合わせ、法律どおり2分の1づつに分けようというのですが私は納得できません。というのも、兄は子供のころから父に可愛がられており、海外留...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  2. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  3. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  4. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  5. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  6. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  7. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...