弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産分割協議

遺言書がなく、法定相続人が複数の場合は遺産分割協議を行います。話し合いがまとまらないと、調停や訴訟となります。ここでは遺産分割協議について解説記事や具体的な法律相談を通して確認しましょう。

遺産分割協議に関する法律ガイド

遺産分割協議とは:協議が必要になるケースとその流れ

遺産分割をする際に相続人で話し合うことを、遺産分割協議といいます。遺産分割協議、協議書の作成ともに必須ではありません。ただし相続人が複数いる...

遺産分割協議書の書き方:書式や必要書類、記載事項

遺産分割協議書の作成は必須ではありませんが、登記や預金などの名義変更時に必要になる場合があります。正確な記録を残すとトラブル防止にもなります...

遺産分割協議証明書の書式・書き方

遺産分割協議証明書は遺産分割協議書とは異なり、遺産分割協議の内容を証明するものです。協議書の場合は1枚の書類に相続人全員の署名捺印が必要ですが...

遺産分割協議書での預貯金の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、特に遺産分...

遺産分割協議書での自動車の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、自動車の名...

数次相続の場合の遺産分割協議書

相続開始後に遺産分割が必要な場合で、遺産分割が終わらないうちに相続人の誰かが亡くなってしまうと、新たな遺産分割が発生します。このような状況を...

遺産分割協議書での相続登記の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多いです。特に遺...

遺産分割協議のやり直しを行うことは可能か?

相続人全員の合意があれば、遺産分割協議のやり直しは可能です。協議やり直しについての時効は存在しませんが、相続税の申告期限である10か月以内まで...

相続放棄と遺産分割協議の違い

遺産分割協議は相続人全員の出席が必要ですが、あくまで身内の話し合いであることに違いありません。協議で決まった内容は、相続権のある相続人には効...

遺産分割協議に関する法律相談

  • 姉婿に出て行ってもらう為の策を考えています。

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    姉が今年4月に他界。家屋は故父と姉の共有名義であった。 ↓ 姉の家屋持ち分が法定相続人として一部 姉婿に転移する。 ↓ 遺産分割協議書にて家屋を母親単独名義にする事に判を押させる。 ↓ ゴ...

    1弁護士回答
  • 遺産分割協議後における財産の追加請求について

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    叔母の相続の相談です。 叔母夫婦には子供がなく、ご主人が不慮の事故で9月に亡くなったため相続が発生しました。 相続人は、叔母と叔父の妹3人の計4名になります。 遺産分割の協議を行い...

    2弁護士回答
  • 姉婿に退去要請をしたいのですが

    相続遺産分割遺産分割協議

    現在 土地名義は母親一人で 家屋名義は母親 私 姉婿になっています。 遺産分割協議で家屋名義を 母親一人のものに するとします。 ちなみに姉婿は使用貸借に当たります。 その場合 姉婿に...

    1弁護士回答
  • 共同訴訟は可能でしょうか?

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    相続開始から3年 相続問題が発生しております 法定相続人はA、B、Cです 遺言書無し、遺産分割協議書も無し 登記変更も無し  原告側はA(1円も分割されておりません) Cが、遺産の殆ど...

    2弁護士回答
  • 不動産の相続申告はしたが、名義変更をしなかった場合のリスクについて

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    親が亡くなり、基礎控除枠を超えてますので相続税の申告手続き中です 相続税金申告上は父の居宅である土地不動産を私が相続してしかるべき相続税金を納税するのですが 登記名義の変更だけ今...

    4弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

遺産分割協議に関する解決事例

折本 和司

折本 和司弁護士

長男が母親の遺産を独り占めしているのではないかということで、調査のうえ、他の兄弟から遺産分割調停を起こした事件

母親が逝去したが、財産を管理していた長男から開示された預貯金額があまりに少なく、納得できないということで相談に来られた。預貯金に関する調査を行ったところ、生前中に不自然な預貯金の引き出しが数多く見られ、その点の説明を求めたが、埒が明かないため調停に踏み切った。調停は不調に終わったが、その後も代理人間で交渉を重...

近藤 千鶴

近藤 千鶴弁護士

遺産分割に際し,故人の相続人が不明であったため,相続人調査を行い,遺産分割協議を進めることにより相続手続きが完了した事例

ご相談者Aさんのお母様が亡くなり,Aさんと兄弟間で,お母様の残した預金や不動産等を遺産分割する準備のためにAさんが戸籍などを取り寄せたところ,お母様の以前の婚姻時(お母様は再婚でした。)にAさん達兄弟のほかにお子さんがいることなどが判明しました。Aさんは,弁護士にご相談のため来所され,誰が相続人になるのかの調...

濱田 将成

濱田 将成弁護士

亡くなった夫の兄弟姉妹との相続紛争。遺産分割協議の結果,借地権付き建物を地主と共同で高値での売却に成功。

亡くなった夫の兄弟姉妹と遺産分割協議ができない状況であった。また借地権付き建物だけで売却しようとすると,不動産の評価が低くなってしまうという問題があった。相続人間の遺産分割協議を行い,被相続人の介護などで寄与度を認めてもらうことに成功。また,地主と交渉して,地主と共同で不動産を高値で売却することができた。兄弟...

遺産分割協議の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...