弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続財産 分割方法

相続財産の分割方法は、現物分割・換価分割・代償分割などがあります。相続税の納税には期限がありますので、遺産分割は速やかに行いましょう。ここでは相続財産の分割方法についてまとめています。

相続財産 分割方法に関する法律ガイド

代償分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、相続人の一部が現物を取得したうえで...

換価分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、不動産などの遺産の一部または全部を...

現物分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、不動産や預金などの財産を、形態を変...

相続財産 分割方法に関する法律相談

  • 遺産分割代償金未払に対する支払い督促法

    相続遺産分割相続財産 分割方法代償分割

    審判で代償金が示されましたがまだ支払いを受けられません 債務者あて振込み口座を知らせましたが音沙汰なしです どのように支払いを促せばよいでしょうか 先ずは内容証明郵便で期限をつけた...

    1弁護士回答
  • 現在、親と同居している家を、いずれ処分して換価分割したい。期限はありますか?

    相続遺産分割相続財産 分割方法換価分割

    換価分割の期限について質問します。 私は実母、妻と3人で住んでおり、家と土地の名義は母です。 (母の財産は貯蓄と不動産を合わせて2千万円程度) 私には姉と弟がおります。 実は老後用...

    1弁護士回答
  • 調停調書の有効性について

    相続遺産分割相続財産 分割方法代償分割

    遺産分割調停が成立し、調停調書が送られて来ましたが、私の住所が調停成立時の住所ではなく遺産相続開始時の住所になっています。分割方法は代償分割で私が遺産を取得しない代わりに代償金を貰...

    2弁護士回答
  • 未婚の叔父の遺産分割について

    相続遺産分割相続財産 分割方法

    母の兄弟が亡くなりました。 内訳は長女(生存)、夫有り、子ども二人 、次女(私の母.死去)夫有り、子ども二人、長男(死去、未婚、子なし)、次男 (今回亡くなった、未婚、子なし) 遺産分割で...

    5弁護士回答
  • 相続で不動産の占有について

    相続遺産分割相続財産 分割方法代償分割

    相続で不動産が共有状態なのに占有と称して代償分割を請求している一部相続人がいます。 一部相続人が、別の相続人に対して占有を理由に代償金を請求しているが、他の相続人は占有していない...

    4弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

相続財産 分割方法に関する解決事例

木場 知則

木場 知則弁護士

遺産の分割方法は決まっており、協議書の作成だけを行うケース

 相談者の実母が他界し、相談者を含め4名の子供で遺産分割の話し合いを行っていました。遺産としてどのような財産があり、それぞれを誰が相続するのかは争いなく決まっていましたが、それを書類に残すべく、正式な分割協議書を作成してほしいというご相談でした。相談者から必要な情報と資料を預かり、遺産分割協議書を作成しました...

横山 清亮

横山 清亮弁護士

先妻の子と後妻の間の相続争いに関して,先妻の子側として法定相続分以上の遺産を取得できた事案。

被相続人が再婚しており,相続人が先妻の子3名と後妻という事案で,遺産として自宅,アパート,現金預貯金等がありました。相手方に代理人弁護士が就任しましたが,当事者間に感情的な対立もあったため,遺産分割調停で解決を図ることとなりました。相続人,遺産の範囲に大きな争いはなかったものの,具体的分割方法については双方相...

三輪 貴幸

三輪 貴幸弁護士

相続人の一人が土地の分割に反対していたが、審判により競売で分割した事例

相続人のうち一人が遺産である土地に住み続けたいと言い張り、住み続けるのであれば代わりに相当額の金銭を他の相続人に支払うべきだ、と主張する相続人が、交渉がうまく進まないとの相談に来られました。土地に住み続けたいと言い張っている相続人に対し調停を申し立てしましたが、調停でも折り合いはつかず、審判手続きに移りました...

相続財産 分割方法の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  2. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  3. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  4. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  5. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  6. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  7. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...