弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続財産 分割方法

相続財産の分割方法は、現物分割・換価分割・代償分割などがあります。相続税の納税には期限がありますので、遺産分割は速やかに行いましょう。ここでは相続財産の分割方法についてまとめています。

相続財産 分割方法に関する法律ガイド

代償分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、相続人の一部が現物を取得したうえで...

換価分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、不動産などの遺産の一部または全部を...

現物分割とは:分割の考え方とメリット・デメリット

複数の相続人で遺産相続する場合、共有して相続することも可能ですが、基本的には遺産分割を行います。このとき、不動産や預金などの財産を、形態を変...

相続財産 分割方法に関する法律相談

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

相続財産 分割方法に関する解決事例

大槻 直

大槻 直弁護士

生前の相続対策、亡くなった後の遺産分割協議、相続税申告までワンストップで関わった事例。

相談者のお父様が、相当な財産をもっている方でしたが、ご病気で余命幾ばくもないという話で、生前に何かしておくべきことはありますか、という話でした。また、相談者には妹さんがいましたが、妹さんとは折り合いが悪くお父様が亡くなった後の遺産分割協議もお願いしたいという話でした。相続税申告時に小規模宅地の特例という減税の...

横山 清亮

横山 清亮弁護士

先妻の子と後妻の間の相続争いに関して,先妻の子側として法定相続分以上の遺産を取得できた事案。

被相続人が再婚しており,相続人が先妻の子3名と後妻という事案で,遺産として自宅,アパート,現金預貯金等がありました。相手方に代理人弁護士が就任しましたが,当事者間に感情的な対立もあったため,遺産分割調停で解決を図ることとなりました。相続人,遺産の範囲に大きな争いはなかったものの,具体的分割方法については双方相...

加藤 剛毅

加藤 剛毅弁護士

兄弟間の骨肉の争いのため、最終的な解決までに5年を要した事例

亡くなった父親の遺産分割をめぐり、亡父と同居していた実兄が亡父を虐待していた疑いもあり、依頼者の実兄に対する憎しみの感情が非常に強く、とても円満に話し合える状況ではありませんでした。感情的な対立が非常に激しく、とても円満に話し合える状況ではなかったことから、まずは、家庭裁判所に遺産分割調停の申立てをしました。...

相続財産 分割方法の中から絞り込んで解決策を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...