降格・減給

2019年03月29日

【弁護士Q&A】突然の降格に従う必要ある?不当降格を判断するポイント

理由がはっきりしないまま、事前に何の指導もなく降格を告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。降格が不当降格として無効になるのはどのような場合なのでしょうか。 みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 一方的な降格に従う必要はあるのか
  2. 降格が有効か無効かを判断するポイントは
  3. 降格が無効だと主張するには

一方的な降格に従う必要はあるのか

会社から一方的に降格を告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。

不当な降格取消しと精神的苦痛による慰謝料について


相談者の疑問
昨日、上司より呼び出しがあり、あなたとは連携が取れないので業務がスムーズに流れないと言う理由をつけられ、3階級降格で平社員に戻すと言われました。

この降格は、職権濫用による不当の降格にあたらないのでしょうか?


泉 亮介弁護士
3階級降格によって給与も変動したと思われますが、給与の変動を伴う不利益処分は、労働者にとって多大な不利益を課すものであるので、その有効性は厳格に判断されます。

連携が取れないというのが、会社としてどの程度のことを意味するものか分かりませんが、今回の降格処分の前に何らの指導もなく突然降格処分であるのであれば、権利の濫用として無効を主張することは十分に可能だと思います。

給与の変動を伴う降格は、有効か無効かが厳しく判断されるようです。事前の指導などがなく一方的に降格を告げられたような場合は、権利濫用を理由に無効を主張できる可能性があるようです。

降格が有効か無効かを判断するポイントは

降格が無効かどうかを判断するときに、具体的にどのようなことがポイントになるのでしょうか。

理由が明確でない降格について


相談者の疑問
会社の会長が、私を課長から一般職に降格させると、上司を通じて連絡がありました。

理由としては、課長として不適切ということですが、降格させられるほどのことをした認識がありません。

上司も、降格は会長の一存であり、何を言っても聞かないと言っています(録音しています)。

私は11月末で退社予定ですが、その前(10月)に降格させると言っています。上司を通じて不服を申し入れたところ、会長は「どうせ金だろう、降格は取り消さない」とのことです(録音しています)。

降格の正当/不当は何を持って判断すればよいでしょうか。


影山 博英弁護士
人事権の行使として使用者に広範な裁量権が認められますが、権利の濫用は許されません(労働契約法3条5項)。

権利濫用となるか否かについて、裁判所は、業務上・組織上の必要性の有無・程度、労働者の能力・適性、労働者が被る不利益の程度などを総合考慮して判断します。

また、そもそも就業規則上、降格と賃金減額が連動する制度になっていなければ、賃金減額については降格とは別に根拠が必要となります。

降格が無効かどうかは、仕事上の必要性や労働者の能力、労働者が受ける不利益などを総合的に考えて判断されるようです。

降格が無効だと主張するには

会社に対して、降格が無効だと主張したい場合、どうすればよいのでしょうか。

不当人事査定。営業目標達成でも等級ダウンになりました。


相談者の疑問
人事査定で等級が1ランク下げられると通告されましたが、納得できません。1ランク下がると月給が下がり賞与額にも大きく響きます。

このような場合、どのように対応したらよいのでしょうか?


弁護士
本件降格処分が違法であると認められる場合は、降格処分の無効確認と不法行為に基づく損害賠償請求が考えられます。

本件降格処分が違法であると認められる為には、会社の行った人事査定が会社の定める人事考課規程に反し、裁量権の逸脱があることを主張・立証する必要がありますので、まずは、人事考課規定を確認し、降格理由としてどのような事項が規定されているか確かめてください。

降格の無効を争いたい場合は、その処分が人事考課の規定に反していることを証明する必要があります。まずは人事考課規定を読み、どのような場合に降格ができると規定されているか確認してみましょう。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

降格・減給に関する法律相談

  • 降格による減給について

    資格取得ができず降格になる可能性があり、降格になると職位が下がるため減給になります。特に業務上必須の資格ではありません。 会計の資格ですが管理職として財務諸表を読み解く力が必要と...

    1弁護士回答
  • 正社員の減給の提示について

    3年前に創業した、トータル60人程の会社です。 営業の契約社員として採用され、当初成績が良かったため、正社員登用されました。 会社の知名度と商材の競争力により、営業で成功することは...

    1弁護士回答
  • 同意もなしに給料減額

    給料日1日前に減給のお知らせがあり、納得もしてないのに給料明細を確認したら減給されていました。 遡って2ヶ月分の差額分も同時に引かれていました。 この話は聞かされていません。 勝手に...

    1弁護士回答
  • 降格処分の異議申し立て

    2年程前に、取締役マネージャーのパワハラで、親会社の保健士に相談し、心療内科から適応障害と診断されました。 その後も、パワハラやいじめ、嫌がらせを受けましたが、休職しませんでした...

    1弁護士回答
  • 上長の認識不足による突然の減給通達について

    某部署勤務5年目です。別途手当がつくと教えられた手当申請の中で、実は手当が取れないものが含まれてたようで、その分を過去に遡って返納してもらうと事務長から言われました。どの程度過去...

    1弁護士回答

相談を絞り込む

降格・減給の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...