弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

降格・減給

従業員の勤務実績によっては、降格・減給となる場合も考えられますが、不当な扱いを受けないために基礎知識を確認しましょう。降格・減給の定義やトラブルの対処法についてまとめています。

降格・減給に関する法律ガイド

不当と思われる降格人事にどう対処するか

基本的に人事権は使用者(会社)が持っているので、労働者は降格人事を拒否することはできません。ただし、降格人事は使用者が自由に行えるものではな...

降格・減給とは:降格・減給が認められるケース

降格とは、使用者が労働者の職位または職能資格を低下させることです。遅刻欠勤が多いなど、本人に労働者としての問題がある場合や、役職の責任を果た...

「減給処分の限度」とは:減給できる賃金の上限金額

就業規則における服務規定違反などに対する制裁手段として、本来受けとれる賃金から一定額を差し引くことを減給といいます。ただし使用者が労働者に対...

不当と思われる減給にどう対処するべきか

使用者から一方的に減給すると言われても、あいまいな返事はしないほうがよいでしょう。最低賃金の水準が満たされていると、場合によっては双方の合意...

降格・減給に関する法律相談

  • 店長からひらに降格の理由

    労働給料人事評価降格・減給

    この前本社の見回りの人にたいしてのお出迎えができなかったかって事で店長からヒラにされました すごい、むずかしい本社の人で有名で。 これはパワハラでは?

    2弁護士回答
  • 通勤に対する規則について

    労働給料人事評価降格・減給

    中小企業の総務係で働いています。 男性部長Aが正当な理由なく、女性従業員Bを毎朝夕に送迎しています。 Bには別途通勤手当を支給していることもあり、社長からも他の従業員や顧客の目も...

    2弁護士回答
  • 社内恋愛が発覚 どちらか退職と罰金は正当??

    労働給料人事評価降格・減給

    初めまして。 飲食店で店長をしているものです。 私は本社の(SV)スーパーバイザーと、結婚を前提にお付き合いをしていました。ふとしたことからこの事が、社長の耳に入りご指導を受けまし...

    1弁護士回答
  • 労災事故から復職後、給与の大幅減額の承服を求められた

    労働給料人事評価降格・減給

    昨年9月に労災事故で足を骨折、骨折が原因による合併症を併発し休職していましたが、再三会社側より復職を要求され、主治医と相談の結果、『現在の症状では現場作業は認められないが、事務作...

    1弁護士回答
  • 減給させて欲しいと言われましたが悩んでいます。

    労働給料人事評価降格・減給

    老人施設で働く専門職です。 当施設は医療法人で病院や他の施設も併設しています。平成12年4月に32歳で入職し、その際に前職場より少し少ない年収で他の職員より勤務時間が短い状態で契約し...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

降格・減給に関する解決事例

岩井 知大

岩井 知大弁護士

管理職からの不当降格。追出し部屋での勤務からの地位回復を求めた事例

依頼者様は、管理職として入社されたものの、それまでの会計処理が不健全であると感じ、様々の提言を他の部長や役員にしていたところ、これを疎ましがった他の部長・役員が、社内のネットワーク上の重要情報にいたずらにアクセスしたと難癖をつけて降格させ、倉庫勤務にしました。 会社は、あえて給与や手当は全く変更せずに、単に降...

湯本 良明

湯本 良明弁護士

不当な人事考課による降格処分・減給処分に対して無効の判断を勝ち取り,労働審判手続にて解決金として約1000万円を獲得した事案

会社員をされていた依頼者(40代男性)は,数年前から数次にわたり,納得のいかない理由で降格処分と減給処分を受けていた。それまでは何とか我慢していたものの,さすがに会社のやり方はおかしいのではないかと考えるようになり,解決を求めて弁護士に依頼した。依頼後,弁護士から降格処分の無効を主張し,依頼者を元の役職に戻す...

中村 新

中村 新弁護士

【企業側】降格と降格に伴う減給が無効であると主張された例

管理職としての適性に問題があると思われた従業員を降格し、降格に伴い減給したところ、それを不満として自主退職。退職後に、降格と減給が無効であるとして減給分の金銭と慰謝料を請求する訴訟を提起された。応訴し、考課表、メール記録、元同僚の陳述書などをもとに、降格は人事権の裁量の範囲内と主張した。 元従業員の請求額の1...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 部下を慰めるため「頭ポンポン」したらセクハ...
  2. 働き方改革で置き去りの「教員の長時間労働」...
  3. 50代女性教師「子育ては女性がするもの。先に...
  4. 男性の育休申請「お前のガキなんか1円にもな...
  5. 「正社員よりも働いているのに…」東京メトロ...
  6. 恋人の有無、結婚予定、家族の職業・・・採用...
  7. WOWOW「6歳子役」を未明まで働かせ謝罪、「働...