弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

労働条件

労働者を採用する際は、使用者が賃金や労働時間についての労働条件を書面などで明示しなければなりません。 ここでは労働条件の内容や通知などの概要から、トラブル対処法に至るまでまとめました。

労働条件に関する法律ガイド

雇用契約書とは:書式や効力について

雇用契約書は、雇用契約において重要な証拠となるものです。しかし、雇用契約書がどのような形式で、何が書かれているのかはよく認識されていないのが...

労働条件通知書とは:必ず書面でもらうべき項目や書式について

労働条件通知書とは、労働条件について記載した書面のことです。入社する前に会社からこれをもらうことで、使用者と労働者の間で労働条件を明確にする...

雇用契約書がない場合はどうすべき?労働基準法を理解しておこう

雇用契約書は労働条件通知書と違い「契約書」のため、労働契約の内容について労使間で合意がある証明となります。雇用契約書がないという理由で労働契...

パート・アルバイトの雇用契約書:必ず記載する内容や書式について

アルバイトやパートも正社員と同じ「労働者」に該当し、同様の雇用契約を結びます。雇用契約書には必ず記載すべき事項が法律によって定められており、...

雇用契約書と労働条件通知書の違いとは

採用の際に会社から渡される書類には、契約書や通知書など様々なものがあります。中でも雇用契約書と労働条件通知書は、労使の合意があるか、使用者か...

「労働条件の明示義務」とは。書面で通知すべき労働条件の項目

使用者が労働者を採用する際に、労働条件をどのように示すべきなのか、また示す内容については法律で定められています。使用者から労動条件の明示がな...

労働条件に関する法律相談

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

労働条件に関する解決事例

齋藤 裕

齋藤 裕弁護士

交渉1月強で契約期間中の賃金総額に近い金額を解決金として支払うとの和解成立

 依頼者は有期雇用契約を締結していましたが、会社から途中で解雇をされました。 当方は有期雇用契約において途中で契約を解除することはよほどの場合でなければできないと主張し、交渉開始1ケ月強後に、ほぼ雇用期間中の賃金額の相当する額の解決金を支払ってもらうとの和解を成立させました。 事案に即した適切な法的主張により...

中村 信介

中村 信介弁護士

能力的にも問題はあるが、とりわけ性格的に問題がある社員の普通解雇の効力が争われた事案。

相当以前から日常の言動に問題があり、担当上司としても取り扱いに困っていただけでなく、日常業務にも多大な支障が生じていた。 平成22年、解雇無効を理由に雇用契約上の地位確認等を求めて提訴。 1審において請求棄却され、控訴審、上告審も1審の判断を維持した。問題社員の取り扱いについては、細心の注意を払いながら対応し、し...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「5回も退職勧奨」日立製作所の男性管理職が...
  2. 「お前の都合なんか知らん」子どもが生まれる...
  3. ファミマ過労死訴訟和解…コンビニFC本部は加...
  4. つわりで吐いても先輩女性からは「根性論」…...
  5. 2017年から「マタハラ防止措置」事業主に義務...
  6. 年末年始の休み希望出したら上司ブチ切れ…バ...
  7. 月100時間超の残業で「うつ病」、解雇された...