労働条件

労働者を採用する際は、使用者が賃金や労働時間についての労働条件を書面などで明示しなければなりません。 ここでは労働条件の内容や通知などの概要から、トラブル対処法に至るまでまとめました。

「労働条件」の法律ガイド

【労働条件通知書】労働条件を会社が明確に教えてくれないときの対処法

会社は雇用契約を結ぶ際に、「労働条件通知書」などの書面で、労働者に対して労働条件を明らかにすることが義務づけられています。この記事では、明ら...

労働条件に関する法律相談

  • 労働契約書と相違のある労働条件

    薬剤師のアルバイトをしています。 数か月前に店舗がM&Aにあい、ある程度の規模の会社に吸収されました。半年間は前会社の契約を維持するとの話でした。半年がたち、多くの正社員が契約...

    2弁護士回答
  • 不利益変更にともなう社労士の関わりについて

    相談させて頂きます。 現在、勤めている会社が昨年、株式譲渡を行い大手の100%子会社となりました。 株式譲渡実行の2ヶ月程前に社員を集めての説明があり勤め先社長と譲渡先社長より  株式...

    2弁護士回答
  • 雇用契約書の通称使用について。雇用側です。

    法人の代表者です。 銀行や登記などでは本名を使わざるをえないため使用していますが、それ以外は通称を使用しています。苗字は同じで名前のみが通称です。 従業員との契約の書類も通称で行...

    3弁護士回答
  • 雇用契約書に記載のない、長期休暇について

    現在、派遣社員として7/1から新しく紹介された職場にて働いてます。 以前の職場も同じ派遣会社を通して勤務しており、契約満了の為、新しい職場を紹介頂く際にこちらの条件として「以前の会...

    1弁護士回答
  • 外国人だけどキャバクラのキャストってできるの?

    19歳でキャバクラで働いてみようと思うのですが、外国人です。 在留資格は定住者 就労制限なしです。 これで働くことってできますでしょうか?

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す