弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

労働条件

労働者を採用する際は、使用者が賃金や労働時間についての労働条件を書面などで明示しなければなりません。 ここでは労働条件の内容や通知などの概要から、トラブル対処法に至るまでまとめました。

労働条件に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

労働条件に関する解決事例

佐藤 孝丞

佐藤 孝丞弁護士

従業員の「解雇してください」には要注意

ご依頼主は、問題行動の目立つ従業員に注意をしたところ、「解雇してください。」と言われましたが、どのように対応したらよいかわからず、私のところにご相談いただきました。従業員が解雇を求めていることの意味を推察し、解雇を実施することが企業にとってデメリットである旨説明し、合意退職に持ち込むよう、ノウハウとともにアド...

中村 信介

中村 信介弁護士

能力的にも問題はあるが、とりわけ性格的に問題がある社員の普通解雇の効力が争われた事案。

相当以前から日常の言動に問題があり、担当上司としても取り扱いに困っていただけでなく、日常業務にも多大な支障が生じていた。 平成22年、解雇無効を理由に雇用契約上の地位確認等を求めて提訴。 1審において請求棄却され、控訴審、上告審も1審の判断を維持した。問題社員の取り扱いについては、細心の注意を払いながら対応し、し...

齋藤 裕

齋藤 裕弁護士

交渉1月強で契約期間中の賃金総額に近い金額を解決金として支払うとの和解成立

 依頼者は有期雇用契約を締結していましたが、会社から途中で解雇をされました。 当方は有期雇用契約において途中で契約を解除することはよほどの場合でなければできないと主張し、交渉開始1ケ月強後に、ほぼ雇用期間中の賃金額の相当する額の解決金を支払ってもらうとの和解を成立させました。 事案に即した適切な法的主張により...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 就活「Webテスト」で替え玉、偽アカウント受...
  2. 熊本・産山村「村内に住んで」職員通勤手当を...
  3. iPad、モバイルルーター、会社支給なく「自費...
  4. 勝手に「一人フレックス」勤務、早朝出勤して...
  5. バイト出勤1時間前に「やっぱり休みで」と店...
  6. 佐川「週休3日制」導入、副業OK…労働弁護士「...
  7. LGBT就活の乗り越え方「受け入れ企業を選ぶだ...