弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

就業規則

10人以上の労働者がいる職場では、就業規則の作成が義務付けられています。労働時間や給料、休暇、退社に関するルールをあらかじめ定めます。ここでは就業規則の概要やトラブル対処法を紹介します。

就業規則に関する法律ガイド

就業規則を変更できるタイミングと変更に関するルール

「常時10人以上の労働者」を使用する使用者は、就業規則の作成義務があり、所轄の労働基準監督署長へ提出しなければなりません。就業規則の変更時にも...

就業規則の雛形(モデル)と、絶対的・相対的必要記載事項について

就業規則の内容には必ず記載しなければならない事項と、会社で制度を設ける場合に記載すべき事項の2種類があります。作成・変更・届出義務に関する違反...

就業規則の作成義務とは

就業規則は必ず作成すべきものではなく、作成義務がある使用者には一定の条件があります。就業規則の作成義務がある場合は、合わせて所轄の労働基準監...

就業規則を不利益変更されたら?不利益変更のルールとは

就業規則の不利益変更とは、使用者が労働者の同意なしに、労働者にとって不利益になる就業規則の内容変更をすることです。高度な必要性・合理性のある...

就業規則が会社にない場合はどうすべき?就業規則なしのリスク

就業規則には作成義務があり、一定の条件を満たす事業所は必ず作成して労働基準監督署へ届け出なければなりません。ただし作成義務の有無にかかわらず...

就業規則に関する法律相談

  • 就業規則のコピーの件

    労働規則・条件就業規則

    私は派遣社員で働いている者です。 派遣元の会社に就業規則の配付若しくはコピーをお願いしましたが、以下の理由で拒否されました。 1、事務所に来ればいつでも見れるから 2、配付若しくは...

    1弁護士回答
  • 退職について(助けてください)

    労働規則・条件就業規則

    法律事務所に勤めていますが、職場の人間関係などの要因で、退職したいと考えています。 ただ、今まで退職を申し出たほかの社員が、 社長や上司からパワハラ(全員の前で大声で怒鳴る、退職...

    2弁護士回答
  • 就業規則代行作成時の版権は誰のものか?

    労働規則・条件就業規則

    ある社労士様へ自社就業規則等関連書類一式の作成を依頼したのですが、納品段階になって作成書類は編集不可能なPDF形式又は紙ベースでしか行わないと言われました。 当方は将来的に自社で修...

    1弁護士回答
  • 過去の就業規則違反行為について

    労働規則・条件就業規則

    同僚社員の就業時間中(休憩中)の飲酒と言う就業規則違反行為を機に、同様の行為を一掃する為に社内アンケートが実施されました。 私自身も、5年程前には同様の行為を行った記憶が有るので...

    2弁護士回答
  • 社内規定について社員が知らないのってどうでしょうか?

    労働規則・条件就業規則

    社内規定の相談です。 今正社員として働き三年経ちました。営業の会社で社有車を普段使用しています。 持ち込み車両制度なるものがあり、自己所有のマイカーを社有社として使用している社員...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

就業規則に関する解決事例

清水 廣人

清水 廣人弁護士

不払いだった退職金を支払ってもらった例

退職金のために積み立てているという説明を受けていたのに,退職したら,会社から,退職金は発生していない、支払う規定になっていないと言われて、退職金を払ってもらえていません。交渉してもらった結果、満額の支払いを受けました。 会社は、就業規則を有利に解釈していましたが、弁護士さんからの指摘で社内の決定が変更されたそ...

石下 雅樹

石下 雅樹弁護士

元従業員の競業行為に対する損害賠償請求

 取引先の事業所に常駐する形で開発受託を行う会社の従業員が、数カ月後に独立してその取引先との直接取引を開始するために動いているという情報が入り、相談者から相談を受けました。 調査の方法についてアドバイスを行い、クライアントは、実際に一部の従業員からの聴取を録音化するなどの証拠収集を行うとともに、実態に合い無効...

加藤 健一郎

加藤 健一郎弁護士

不当解雇だと言われ,地位確認や残業代の請求を受けた。

私は従業員100人程度の会社の代表者です。本人の健康状態の問題から,業務に就かせることができなかった社員を解雇したところ,ある日突然,その社員の代理人という弁護士から,「解雇は無効であるため,労働者の地位にあることの確認を求める。また,残業代の支払いも求める」といった書面が届き,大変驚きました。すぐに相談に伺...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 介護保険法改正で自己負担が2割から3割に…背...
  2. うつ病から復帰後、昇進の打診…「ストレス、...
  3. 社長が同僚に「お前は赤ちゃん以下」と罵声…...
  4. 「社会保険料が高くなるから、春に残業するな...
  5. 実績、選考状況の嘘…就活で経歴「盛る」学生…...
  6. ほっともっと店長「名ばかり管理職」訴訟、静...
  7. 残業、月100時間未満「過労死なくならない」...