弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

試用期間

一般的には、従業員の採用後に一定の試用期間が設けられます。使用者は試用期間内に従業員の適正を確認できますが、法律の定めはないため就業規則で明記する必要があります。

試用期間に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

試用期間に関する解決事例

宮井 啓

宮井 啓弁護士

実績と能力を買って中途採用をした従業員を,能力がなかったことを理由に解雇した事例での和解の例

コンピュータープログラムを作成する会社で,能力も実績もあるという者を中途採用した従業員に能力がなかったという理由で解雇した後,解雇無効の訴訟が起こされました。会社の代理人になって応訴し,原告である元従業員には,会社が中途採用にした理由になった実績も能力もないことの証明はできましたが,裁判所から,解雇手続が十分...

鈴木 祥平

鈴木 祥平弁護士

(せっかく正社員になれたのに)試用期間満了後の本採用の拒否

Aさんは、大学を卒業した後、4年間、出版社の営業職を経験した後、現在の会社(外食会社)に転職し、いわゆる正社員(期限の定めのない労働契約)として勤務し始めました。 ところが、勤務開始から2カ月くらい経った頃、Aさんは、突然、上司に呼び出されて「試用期間満了で契約を打ち切りにさせて欲しい」という話をされ、書面を...

鈴木 優吾

鈴木 優吾弁護士

試用期間中に本採用を拒否された方の相談・解決事例

相談者の方は、中途採用で入社した会社の試用期間中、突然本採用を拒否すると通知されました。本採用が拒否されると収入が途絶えてしまうため、迅速な解決を目指し、労働保全を申立てました。その結果、労働保全の場で、会社から相談者の方に対して数ヶ月分の給与相当額の解決金を支払って労働契約を解消させる旨の和解が成立しました...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 残業170時間、休みほぼゼロ…自殺した医師の労...
  2. 就活「Webテスト」で替え玉、偽アカウント受...
  3. 熊本・産山村「村内に住んで」職員通勤手当を...
  4. iPad、モバイルルーター、会社支給なく「自費...
  5. 勝手に「一人フレックス」勤務、早朝出勤して...
  6. バイト出勤1時間前に「やっぱり休みで」と店...
  7. 佐川「週休3日制」導入、副業OK…労働弁護士「...