現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

副業

公務員以外の副業については、法律では禁止されていませんが就業規則で禁止されている場合が多いです。副業にも様々な内容が考えられますが、ここでは主にトラブル対処法について確認しましょう。

「副業」の法律ガイド

公務員が株式投資やアパート経営をすることは副業にあたるのか【弁護士Q&A】

公務員は副業を行うことが原則として禁止されていますが、投資などで収入を得ることも認められないのでしょうか。また、アパートのオーナーになって家...

副業に関する法律相談

  • 休職時の対応について

    【相談の背景】 現在企業で働いており、個人事業主として副業も行なっております。しかし、本業の方で仕事が辛く精神的に病んでおり、休職しようと考えております。 【質問1】 この場合休職...

    1弁護士回答
  • 就職中に副業をしたい

    【相談の背景】 去年の1月から保険会社に勤めているのですが、持病があり会社を休むことが増えてきて、先月緊急入院をしこのまま仕事に復帰するのは難しいということで診断書を書いてもらい...

    1弁護士回答
  • 副業について(副業の範囲)

    【相談の背景】 副業についてです。 現在入社を考えている会社の面接で現在役者の事務所に所属していて仕事の迷惑にならない程度でスクールに通いたいと思っておりますの旨を言おうか迷って...

    1弁護士回答
  • 法人向け無料チケットを配布する事の問題点は?

    【相談の背景】 会社で、レジャー施設を運営しています。 その施設では、1回のプレイが300円ほどかかります。 (一般人及び法人様(団体客)も利用します。) 平均ですが、一人当たり...

    1弁護士回答
  • 勤務外での顧客への技術提供について

    【相談の背景】 ネイルサロンに勤務しております。接客中に、顧客からお店では提供していない技術を希望され、ここでは出来ないこと、少し難しい技術のため、その技術については他のサロンに...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識