弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

副業

公務員以外の副業については、法律では禁止されていませんが就業規則で禁止されている場合が多いです。副業にも様々な内容が考えられますが、ここでは主にトラブル対処法について確認しましょう。

副業に関する法律相談

  • 業務委託依頼、起業又は個人事業主になるべきか。

    労働規則・条件副業

    初めまして、立野と申します。 この度は、委託で仕事を依頼したいと思い知識不足ではありますがいくつかご質問がありご連絡させて頂きました。 現在やっている副業が起動に乗り、今回主に...

    2弁護士回答
  • 育休中の副業は問題がある?

    労働規則・条件副業

    副業が認められている会社で、育休を取得して、 育休中に副業をするのは、問題があるでしょうか?

    1弁護士回答
  • 顧客より損害賠償を受けた際の、代表取締役個人の賠償責任範囲につきまして

    労働規則・条件副業

    知人と私の2名で株式会社を設立する予定です。 代表取締役は私が務めますが、出資比率は私40%、知人60%となります。 何らかの理由で顧客からの損害賠償請求を受けた際の、代表取締役とし...

    2弁護士回答
  • 株式の買取義務が発生する場合

    労働規則・条件副業

    過半数に満たない所有の株主が株を会社に買ってほしいと思うとき 自社株を何割か持っていないと会社の買取義務は発生しないのでしょうか? 自社株の所有割合で何か変わるのですか? https:/...

    1弁護士回答
  • 投資のトラブルで困っています

    労働規則・条件副業

    こんにちは先生方是非話を聞いて助けてください。実は今年の春先に身近な友人と知人で車関係の仕事を立ち上げようという話になりました。それでお互い出資しあったんです。身近な知り合い同...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

副業に関する解決事例

鳥居 孝充

鳥居 孝充弁護士

超大企業である使用者から懲戒解雇を受けたものの、労働審判で解雇無効を主張し、懲戒解雇を撤回させ、依願退職に変更させる

在職中の副業が就業規則に違反していることを理由として、勤務先(日本を代表する大企業)から懲戒解雇を受け、退職金も至急されず、途方に暮れていた労働者の方からの相談です。ご相談者様はさして悪意のない行為を理由とした重い処分が納得いかず、住宅ローンの返済に充てることを予定していた退職金も支給されないため、1年以上悩...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. カラ出張対策、「領収書やICカード履歴を提出...
  2. 残業170時間、休みほぼゼロ…自殺した医師の労...
  3. 就活「Webテスト」で替え玉、偽アカウント受...
  4. 熊本・産山村「村内に住んで」職員通勤手当を...
  5. iPad、モバイルルーター、会社支給なく「自費...
  6. 勝手に「一人フレックス」勤務、早朝出勤して...
  7. バイト出勤1時間前に「やっぱり休みで」と店...