弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

副業

公務員以外の副業については、法律では禁止されていませんが就業規則で禁止されている場合が多いです。副業にも様々な内容が考えられますが、ここでは主にトラブル対処法について確認しましょう。

副業に関する法律ガイド

「副業禁止」と言われたら守るべきなのか

就業規則によって従業員の副業を禁止し、許可がない限り副業してはならないとしている会社が多々あります。それでは、「副業禁止」と言われたら守るべ...

副業とは何か:なぜ副業は禁止されるのか?

副業とは、本業以外の収入が発生する仕事のことで、サイドビジネス、兼業ともよばれます。会社によっては、就業規則で副業を禁止しているところもあり...

副業がバレてしまったら

多くの企業では、就業規則によって従業員の副業を禁止あるいは許可制としています。それでは、就業規則で禁止されているにも関わらず副業がバレてしま...

副業に関する法律相談

  • 従業員の副業に対し、賠償金をとれるのか

    労働規則・条件副業

    弊社、健康食品の製造会社を経営しています お恥ずかしい話なのですが、 以前からある従業員(営業)の行為に不信感をもっており、調べてた結果 1.会社に内緒で副業をしている(同業種で...

    1弁護士回答
  • 出資金以外で株主になる事は可能でしょうか?

    労働規則・条件副業

    義理のご両親から会社に出資してくれないかと言われていますが 出資金には返金、返済義務がないと聞いていますので、不安です。 貸付金として、株を持つ事は可能でしょうか?

    5弁護士回答
  • ネットワークビジネスを始め、騙されたが起訴はできるのか?

    労働規則・条件副業

    ネットワークビジネスを始め、副業としてありと考え友人に誘われて始めました。 3ヶ月で200万の売り上げを出せたら昇格できると話がありました。今の状態で販売するより2倍収入として入るこ...

    3弁護士回答
  • 婚活投資マンションについての質問です。

    労働規則・条件副業

    2012年に婚活サイトで知り合った男性から 投資用のマンションを購入しました。彼は忙しい事を理由になかなか関係は先に進まず4年以上が経過しました。その間に何度も集客目的だったのではな...

    2弁護士回答
  • 正社員が副業していた場合残業代はどちらが払うのか

    労働規則・条件副業

    正社員て経済的に苦しい為副業をしています。 元々副業をしていて今の会社に正社員として転職しています。 会社に副業がバレ後から雇用した本業側が残業代を払わなくてならないといわれまし...

    2弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

副業に関する解決事例

鳥居 孝充

鳥居 孝充弁護士

超大企業である使用者から懲戒解雇を受けたものの、労働審判で解雇無効を主張し、懲戒解雇を撤回させ、依願退職に変更させる

在職中の副業が就業規則に違反していることを理由として、勤務先(日本を代表する大企業)から懲戒解雇を受け、退職金も至急されず、途方に暮れていた労働者の方からの相談です。ご相談者様はさして悪意のない行為を理由とした重い処分が納得いかず、住宅ローンの返済に充てることを予定していた退職金も支給されないため、1年以上悩...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. トイレに行くたび「殺すぞ」と暴言吐く上司...
  2. 酒席で会社から「解雇宣告」、「言った」「言...
  3. 改正「介護休業法」で取得の要件緩和…働く人...
  4. 「ほっともっと」店長は「名ばかり管理職」…...
  5. 「今日も会えて嬉しい」上司が恋愛感情むき出...
  6. 「会社員前提」の壁、乗り越えるための繋がり...
  7. まるで「道具扱い」、買い叩かれるクラウドワ...