現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

副業

公務員以外の副業については、法律では禁止されていませんが就業規則で禁止されている場合が多いです。副業にも様々な内容が考えられますが、ここでは主にトラブル対処法について確認しましょう。

「副業」の法律ガイド

公務員が株式投資やアパート経営をすることは副業にあたるのか【弁護士Q&A】

公務員は副業を行うことが原則として禁止されていますが、投資などで収入を得ることも認められないのでしょうか。また、アパートのオーナーになって家...

副業に関する法律相談

  • 家業が所有する不動産に関する身内の権利について。家賃等の支払義務はありますか?

    【相談の背景】 父と私の兄が会社を経営しています。 会社の副業で、アパートの経営をしているのですが、このアパートに私が住む場合、家賃を支払う必要は出てきますか。 ちなみに、...

    1弁護士回答
  • 副業の長時間の労働について

    【相談の背景】 3年前に、職場に内緒で副業をしていました。 いまは、副業はしていません。 職場の服務規則では、申告して許可がおりれば可となっていますが無申告でしていました。 労働...

    2弁護士回答
  • 委託業務を受けている場合の副業について

    【相談の背景】 民間の会社で働いています。 業務の中で、行政の委託業務を行うときがあります。 副業を検討しており、職場では申告して許可がおりれば可能なのです。 【質問1】 公...

    2弁護士回答
  • 副業禁止の会社について

    【相談の背景】 副業禁止の会社て働きながら休日にメンズエステやキャバクラ、スナックで働きたいですが働いて大丈夫ですか? 【質問1】 副業禁止の会社だったらキャバクラ、スナック、...

    1弁護士回答
  • 株取引で知人に2000万以上損させた

    【相談の背景】 私の誤情報が原因で知人の株取引において2000万の損失が出ました。外国の公的機関の発表文の内容を即座に知らせて欲しいと知人にメールで依頼され瞬時に答えたのですが(〇〇...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識