弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

懲戒処分

懲戒処分には、戒告から懲戒免職まで様々な段階があります。懲戒処分の基準や、処分を受けた場合の対処法について、解説記事や具体的な法律相談を通してまとめています。

懲戒処分に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

懲戒処分に関する解決事例

古屋 文和

古屋 文和弁護士

【会社側解決事例】勤務態度・勤務成績不良の従業員を早期に合意退職させた事例。

◇相談内容は、「勤務時間中にさぼっている従業員がおり、勤務と関係ない場所で数時間さぼっていることが判明した。このような問題のある従業員は即刻解雇したい。」というものでした。 ◇状況を詳細に確認したところ、この従業員の勤務状況の証拠が十分に揃っている状況であったため、普通解雇も念頭に入れながら、退職勧奨を行うこと...

宮田 直紀

宮田 直紀弁護士

懲戒解雇の無効についての解決事例

10年以上勤めてきた会社から職務懈怠を理由に懲戒解雇されました。確かに、業務中、細かなミスがあり上司から注意されることはありましたが、いきなり懲戒解雇というのは厳しすぎると思いますし、懲戒解雇の場合、再就職にも支障が生じるので、会社の決定には納得できません。多くの企業では、服務規律に違反したり企業秩序を乱す労...

宮井 啓

宮井 啓弁護士

セクハラをした従業員に対する懲戒解雇が有効とされた事例

女性従業員に対する接触や,待ち伏せを繰り返す男性従業員を懲戒解雇にした会社が,加害者従業員から解雇無効を理由に訴訟を起こされました。会社の代理人になって応訴したところ,加害者従業員はセクハラ行為を全面的に争いましたが,被害者従業員の詳細な状況描写(証言)が功を奏して,セクハラが認められ,全面勝訴をしました。こ...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 就活「Webテスト」で替え玉、偽アカウント受...
  2. 熊本・産山村「村内に住んで」職員通勤手当を...
  3. iPad、モバイルルーター、会社支給なく「自費...
  4. 勝手に「一人フレックス」勤務、早朝出勤して...
  5. バイト出勤1時間前に「やっぱり休みで」と店...
  6. 佐川「週休3日制」導入、副業OK…労働弁護士「...
  7. LGBT就活の乗り越え方「受け入れ企業を選ぶだ...