弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

懲戒処分

懲戒処分には、戒告から懲戒免職まで様々な段階があります。懲戒処分の基準や、処分を受けた場合の対処法について、解説記事や具体的な法律相談を通してまとめています。

懲戒処分に関する法律ガイド

懲戒処分とは?懲戒処分に相当する事項と有効性が認められる条件

懲戒処分は労働者の行為を原因として、使用者が与える罰則です。処分を行うためには一定の条件を守る必要があり、不当な処分は懲戒権の濫用に当たるた...

懲戒処分の種類:処分の重さで異なる内容と、それぞれの意味

懲戒処分は、懲戒対象となる行為の程度により7種類に分かれます。そのうち、最も軽い処分内容であるのは戒告や譴責であり、最も重い処分内容であるのは...

懲戒処分の基準の具体例とは。何をしたらどの処分に該当する?

懲戒処分は大きく分けて7種類あります。最も軽い処分内容であるのは戒告や譴責であり、最も重い処分内容であるのは懲戒解雇です。具体的にどのような行...

懲戒処分の不服申し立てをしたい。懲戒処分が有効となる条件とは

懲戒処分を受けた場合に、処分は覚悟していたが思ったよりも内容が重すぎると感じたり、処分の理由自体に納得がいかなかったり、というケースが考えら...

懲戒処分に関する法律相談

  • 過去の犯罪(警察沙汰になっていない)で、その後入社した会社をクビになるか

    労働規則・条件懲戒処分

    現在の会社に入社前、前職(アルバイト)で会社内で窃盗をし、警察沙汰にはならず一身上の都合で自主退職しました。 その後現在の会社に入社(正社員)。現在の会社で、過去の窃盗事実が発覚した...

    3弁護士回答
  • 懲戒事由に該当するかどうか。

    労働規則・条件懲戒処分

    懲戒処分について質問です。 私、従業員100名ほどの中小企業(製造メーカー)で課長職として海外営業の仕事に携わっております。 年齢は40歳です。 試用期間5ヶ月間の4ヶ月目です。 3月16日...

    3弁護士回答
  • 反省文の提出を会社に待ってもらうことはできますか

    労働規則・条件懲戒処分

    お世話になります。 会社の後輩Aより、パワハラの容疑をかけられ、反省文と降格の懲戒処分を受けました。 他の同僚と共に悪口を言った事実はありますが、Aとは直接話をすることはほぼないよ...

    1弁護士回答
  • パワハラの判断基準と処分の妥当性について

    労働規則・条件懲戒処分

    こんにちは。主人の仕事のことで相談させて頂きます。 ちょうど1週間前、同僚の部下Aから夫にパワハラを受けたとの旨の訴えがあり、呼び出しがありました。実際にこの同僚Aのことを主人は毛...

    2弁護士回答
  • 民事訴訟における立証責任について

    労働規則・条件懲戒処分

    民事訴訟における立証責任について 海外での勤務中の行動に対して、出張者から内部告発を受け懲戒処分を受けました。 問われている非違行為について事実無根なので、地位確認の訴えを起こし...

    3弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

懲戒処分に関する解決事例

佐久間 友則

佐久間 友則弁護士

【使用者】懲戒処分の通知による職場秩序の維持

A社は,従業員数十名を要する施設営業を行う法人です。 従業員数が数十名にのぼることから,従業員同士の諍いが発生し,喧嘩にまで発展してしまいました。 A社としては,社内秩序を維持するためにも,喧嘩をした当事者に対して何らかの処分が必要ではないかと考えましたが,具体的にどのような対応をするべきかがわからずに悩んでい...

古屋 文和

古屋 文和弁護士

【会社側解決事例】勤務態度・勤務成績不良の従業員を早期に合意退職させた事例。

◇相談内容は、「勤務時間中にさぼっている従業員がおり、勤務と関係ない場所で数時間さぼっていることが判明した。このような問題のある従業員は即刻解雇したい。」というものでした。 ◇状況を詳細に確認したところ、この従業員の勤務状況の証拠が十分に揃っている状況であったため、普通解雇も念頭に入れながら、退職勧奨を行うこと...

岡本 直也

岡本 直也弁護士

従業員がインターネット上に会社の内部情報を書き込んでいる場合

従業員がインターネット上に会社の内部情報を書き込んでいるが、どうすればよいか。書き込んでいる従業員を特定した上で、懲戒処分・損害賠償請求を行った。 また書き込みの削除請求も行った。従業員が会社の内部情報をインターネット上に書き込むという事例が急増しています。 会社の社内統制のためにもリスク管理のためにも早急に...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 男性の育休申請「お前のガキなんか1円にもな...
  2. 「正社員よりも働いているのに…」東京メトロ...
  3. 恋人の有無、結婚予定、家族の職業・・・採用...
  4. WOWOW「6歳子役」を未明まで働かせ謝罪、「働...
  5. 「有休消化して退職したい」→上司「前例ない...
  6. 昼休み中に電話番、来客対応を強制…その分の...
  7. 春から新社会人のはずが、まさかの「留年決定...