弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

懲戒処分

懲戒処分には、戒告から懲戒免職まで様々な段階があります。懲戒処分の基準や、処分を受けた場合の対処法について、解説記事や具体的な法律相談を通してまとめています。

懲戒処分に関する法律ガイド

懲戒処分とは?懲戒処分に相当する事項と有効性が認められる条件

懲戒処分は労働者の行為を原因として、使用者が与える罰則です。処分を行うためには一定の条件を守る必要があり、不当な処分は懲戒権の濫用に当たるた...

懲戒処分の種類:処分の重さで異なる内容と、それぞれの意味

懲戒処分は、懲戒対象となる行為の程度により7種類に分かれます。そのうち、最も軽い処分内容であるのは戒告や譴責であり、最も重い処分内容であるのは...

懲戒処分の基準の具体例とは。何をしたらどの処分に該当する?

懲戒処分は大きく分けて7種類あります。最も軽い処分内容であるのは戒告や譴責であり、最も重い処分内容であるのは懲戒解雇です。具体的にどのような行...

懲戒処分の不服申し立てをしたい。懲戒処分が有効となる条件とは

懲戒処分を受けた場合に、処分は覚悟していたが思ったよりも内容が重すぎると感じたり、処分の理由自体に納得がいかなかったり、というケースが考えら...

懲戒処分に関する法律相談

  • 管理職手当てのカットの労務的な違法性はないのでしょうか?

    労働規則・条件懲戒処分

    友人から相談を受けました。 友人の勤務する企業では 会社の役員でもないのに、また懲戒処分も受けてないのに、会社側から部門の業績の達成率が悪すぎると言うことで部門の管理職手当の減額...

    1弁護士回答
  • 民法と刑法での証人証言の信用性の違いについて

    労働規則・条件懲戒処分

    民法と刑法での証人証言の信用性の違いについて教えて下さい。 刑事事件では、証人や被害者の証言の信用性が問題視され上告審で一審二審の判決が覆される例がかなりあるようですが、民事事...

    2弁護士回答
  • 就業規則の解雇について教えてください

    労働規則・条件懲戒処分

    就業規則の服務規程にセクハラの件が記載され 職場のパンフレットには違反者は懲戒処分(訓告から懲戒解雇まで)と記載されています。 普通解雇になることもありませか

    1弁護士回答
  • 妥当な 処分を教えてください。

    労働規則・条件懲戒処分

    セクハラ加害者が会社に訴えられました。 行為を認め反省文を提出しました。 相手へは「数回の わいせつな言葉のメール、1度のつきまとい 仕事での注意」です。 就業規則では 訓告から懲戒解...

    2弁護士回答
  • 懲戒免職の影響について

    労働規則・条件懲戒処分

    懲戒について、ご教示ください。 1、懲戒には、譴責・戒告、減給、出勤停止・停職、降格、諭旨退職、懲戒免職の順で  レベルがあると思いますが、これは「最悪でも職を失う(だけ)」とい...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

懲戒処分に関する解決事例

岡本 直也

岡本 直也弁護士

【会社批判】従業員がインターネット上に会社の内部情報を書き込んでいる場合

従業員がインターネット上に会社の内部情報を書き込んでいるが、どうすればよいか。書き込んでいる従業員を特定した上で、懲戒処分・損害賠償請求を行った。 また書き込みの削除請求も行った。従業員が会社の内部情報をインターネット上に書き込むという事例が急増しています。 会社の社内統制のためにもリスク管理のためにも早急に...

齋藤 裕

齋藤 裕弁護士

早退等を理由とする解雇事件で職場復帰

 依頼者は、早退や職場での態度等を理由に懲戒解雇をされました。 当方は地位保全の仮処分申立と地位確認の本訴の申立をしました。  経過からして早退には合理性があったこと、従来懲戒処分を受けたことがないことなどを理由に解雇は不当であると主張しました。  仮処分については賃金仮払いが認められました。  また本訴では...

古屋 文和

古屋 文和弁護士

【会社側解決事例】勤務態度・勤務成績不良の従業員を早期に合意退職させた事例。

◇相談内容は、「勤務時間中にさぼっている従業員がおり、勤務と関係ない場所で数時間さぼっていることが判明した。このような問題のある従業員は即刻解雇したい。」というものでした。 ◇状況を詳細に確認したところ、この従業員の勤務状況の証拠が十分に揃っている状況であったため、普通解雇も念頭に入れながら、退職勧奨を行うこと...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. JR西「人為ミスは責めない」非懲戒制度、積極...
  2. 上司の私的な誘い拒否→「社会人失格」と書か...
  3. うつで「休職」、交通死亡事故で「罰金刑」…...
  4. 「強制参加の社員旅行」なのに「有休使って」...
  5. 赤字招いた同族経営批判で突然の解雇、上野学...
  6. MRから単純作業の職種に配転、降格・退職勧奨...
  7. 国会対応などで過酷な「霞が関不夜城」、過労...