弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

セクハラ

セクハラは「性的嫌がらせ」を指しますが、男女問わず加害者・被害者になりうるハラスメントです。ここではセクハラの定義や対処法について、解説記事や具体的な法律相談を通してまとめています。

セクハラに関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

パワハラ・セクハラを扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

セクハラに関する解決事例

永原 裕也

永原 裕也弁護士

会社代表者からのセクハラにつき慰謝料を請求した例

依頼者様は入社したばかりの会社で会社代表者からのセクハラで困っていました。依頼者様とお話させていただき,退社する決意を固められましたので,会社及び会社代表者に対して内容証明郵便を送り,損害賠償請求をしました。その後,会社と交渉をか重ねて,最終的に慰謝料を支払ってもらいました。セクハラやパワハラで悩まれている方...

金 京美

金 京美弁護士

セクハラ上司から300万円の慰藉料を取得した事例

相談者は上司にセクハラをされたとのことで相談に訪れました。上司はセクハラを認めておらず、これといった証拠もないので難航する事件かと思われました。弁護士の名前で内容証明を送ると上司はあっさりセクハラを認めました。その後その上司の方との話し合いで300万円の高額の慰藉料を取得することができました。確たる証拠がない...

簗田 真也

簗田 真也弁護士

上司からのセクハラ事例

会社の慰安旅行で、上司にセクハラをされたとのことで相談に来ていただきました。 上司はセクハラを認めていなかったため、交渉では解決できない事案かとも思われました。弁護士が代理人として、内容証明郵便を送ると、セクハラをした上司はセクハラをした事実を認め、素直に示談に応じ、100万円の慰謝料を取得しました。証拠がな...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. ベネッセ個人情報流出、東京地裁が請求棄却「...
  2. 過労死遺族、官邸前に座り込み…高プロに反対...
  3. メディア業界のセクハラ、半数が同業者から ...
  4. 日本郵政、正社員の手当廃止で論議…梅田弁護...
  5. 夜明け前から読経準備、お坊さんは修行者or労...
  6. 労組がHPに掲載した「管理職のセクハラ告発」...
  7. 若手アニメーター「独立して生計を立てるのは...