弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産分割協議書

遺産分割協議書は、遺産分割協議の内容を書面にまとめたものです。のちのトラブルを防ぐためにも、作成しておいたほうがよいでしょう。ここでは遺産分割協議書の書き方や注意点についてまとめています。

遺産分割協議書に関する法律ガイド

遺産分割協議書の書き方:書式や必要書類、記載事項

遺産分割協議書の作成は必須ではありませんが、登記や預金などの名義変更時に必要になる場合があります。正確な記録を残すとトラブル防止にもなります...

遺産分割協議書での預貯金の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、特に遺産分...

遺産分割協議書での自動車の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多く、自動車の名...

数次相続の場合の遺産分割協議書

相続開始後に遺産分割が必要な場合で、遺産分割が終わらないうちに相続人の誰かが亡くなってしまうと、新たな遺産分割が発生します。このような状況を...

遺産分割協議書での相続登記の記載方法

遺産分割にあたって、遺産分割協議や遺産分割協議書の作成は義務ではありません。ただし実務的には協議書を作成したほうがよい場合が多いです。特に遺...

遺産分割協議書に関する法律相談

  • 姉婿に出て行ってもらう為の策を考えています。

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    姉が今年4月に他界。家屋は故父と姉の共有名義であった。 ↓ 姉の家屋持ち分が法定相続人として一部 姉婿に転移する。 ↓ 遺産分割協議書にて家屋を母親単独名義にする事に判を押させる。 ↓ ゴ...

    1弁護士回答
  • 遺産分割協議後における財産の追加請求について

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    叔母の相続の相談です。 叔母夫婦には子供がなく、ご主人が不慮の事故で9月に亡くなったため相続が発生しました。 相続人は、叔母と叔父の妹3人の計4名になります。 遺産分割の協議を行い...

    2弁護士回答
  • 共同訴訟は可能でしょうか?

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    相続開始から3年 相続問題が発生しております 法定相続人はA、B、Cです 遺言書無し、遺産分割協議書も無し 登記変更も無し  原告側はA(1円も分割されておりません) Cが、遺産の殆ど...

    2弁護士回答
  • 不動産の相続申告はしたが、名義変更をしなかった場合のリスクについて

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    親が亡くなり、基礎控除枠を超えてますので相続税の申告手続き中です 相続税金申告上は父の居宅である土地不動産を私が相続してしかるべき相続税金を納税するのですが 登記名義の変更だけ今...

    4弁護士回答
  • 姉亡き今、姉婿を将来的に追い出したい

    相続遺産分割遺産分割協議遺産分割協議書

    先日姉が他界しました。ので現在実家には私の母親と姉婿の二人暮らしになりました。 私は他で暮らしているので 将来的には私が母親を引き取り実家は売却する予定でいます。 姉婿は人格的に難...

    1弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

遺産分割協議書に関する解決事例

大川 直

大川 直弁護士

相手方名義の預金が被相続人の遺産(名義預金)であることを認めさせ、民事訴訟(不当利得返還請求訴訟)と遺産分割を同時に解決した事例

相手方は相手方名義の預金を自己の財産であるとして、引き出して費消していました。しかし、依頼者は、その預金は被相続人が相手方名義で預金したものであるから、遺産であって、遺産分割の対象となるのではないかと考え、取り戻すことはできなかとの相談がありました。過去の経緯等を調査し、当該預金は遺産(名義預金)であると判断...

宮田 百枝

宮田 百枝弁護士

【遺産を使われてしまった方】母親と同居していた弟が、母親の生前に、母親の多額の預貯金の払い戻しを受けていたので、弟の財産について仮差押えの決定をもらった後で、地方裁判所に提訴して和解した事例

弟は、当初、自己のために払い戻しを受けたことを認めておらず、姉に対しては、いわゆるハンコ代程度で事実上の放棄を求める内容の遺産分割協議書を持参して、印艦を押すことを強硬に求めてきました。金融機関の調査結果から、弟の関与が明らかになったので、弟の財産の仮差押えを行いました。その後、地方裁判所に、弟へ返還を求める...

岡崎 仁美

岡崎 仁美弁護士

遺言がない場合の相続の手続

先日、叔父が急逝しましたが、叔父は結婚したことがなく、兄弟も私の母を含め他界しているので、相続人は私の兄弟や従兄弟らになります。遺言書はないようですが、遺産の状況もよくわかりません。借金もあったというような話も聞いたことがあります。これからどのような手続を進めて行けばいいか困っています。誰が相続人か調査し確定...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...