弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺産分割協議書

遺産分割協議書は、遺産分割協議の内容を書面にまとめたものです。のちのトラブルを防ぐためにも、作成しておいたほうがよいでしょう。ここでは遺産分割協議書の書き方や注意点についてまとめています。

遺産分割協議書に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産分割を扱う弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

遺産分割協議書に関する解決事例

小松 礼人

小松 礼人弁護士

相続人間が疎遠な相続の事例

相談者の夫の相続について、夫には前妻との間に子がいたが、夫の前妻の子と相談者とはほとんど面識がなかったため、どのように遺産分割協議を進めるべきかという相談を受けた。相談者の夫の前妻の子の住所を調査し、連絡を取った上で面談を行い、遺産分割協議書を作成した。相談者と他の相続人との間が疎遠な場合、他の相続人からする...

宮田 百枝

宮田 百枝弁護士

【遺産を使われてしまった方】母親と同居していた弟が、母親の生前に、母親の多額の預貯金の払い戻しを受けていたので、弟の財産について仮差押えの決定をもらった後で、地方裁判所に提訴して和解した事例

弟は、当初、自己のために払い戻しを受けたことを認めておらず、姉に対しては、いわゆるハンコ代程度で事実上の放棄を求める内容の遺産分割協議書を持参して、印艦を押すことを強硬に求めてきました。金融機関の調査結果から、弟の関与が明らかになったので、弟の財産の仮差押えを行いました。その後、地方裁判所に、弟へ返還を求める...

神前 吾郎

神前 吾郎弁護士

遺産の帰属を巡るトラブル

依頼者は、父親の相続が発生して20年以上経ってから、その兄から、依頼者が相続した不動産はまだ遺産分割未了であり、その兄も持分を有しているとの請求を受けました。しかし、依頼者は、随分過去のことで記憶が不鮮明である上に、遺産分割協議書は紛失していたため、その対応に困っていました。当職から、相手方に対し、相手方の請...

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...