弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

離婚・男女問題の「トラブル体験談」- case 03

育児・家事に無関心な夫と離婚
3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

主な争点
親権、養育費、財産分与、年金分割
解決手段
離婚調停を経ての、協議離婚
  • Cさん(40代女性 / 専業主婦)
  • 40代 / 会社員
  • 子ども3人 (9・12・16歳)
  • 婚姻期間18年間

離婚を決意した理由

育児に協力しない夫に募った嫌悪感が、離婚の原因に

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。
公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と期待したこともありましたが、夫は子どもの面倒もほとんど見ようとしませんでした。

Cさんの夫は家事や育児を手伝わず、家ではテレビばかり観ていました。子どもが悪いことをした時でも、その場で叱ろうとせずテレビを観たまま。「子どもをお風呂に入れてほしい」とCさんが頼んだ時には、子どもに「パパとママどっちと入りたい?」と尋ね、Cさんと入るよう促します。もし子どもが「パパ」と答えても、テレビが終わるまで子どもを待たせようとさえするのです。

Cさんはそんな夫を「不誠実な人だ」と感じるようになり、嫌悪感を覚えるようになりました。
18年間我慢していたCさんでしたが、徐々に募った嫌悪感が限界に達したある日、離婚を決意。Cさんの苦労を見て育った子どもたちも、Cさんの決意を後押ししてくれました。

弁護士に依頼したキッカケ

夫との交渉を有利に進めるため、弁護士に依頼

離婚しようと決めたCさんは、まず図書館やインターネットで離婚の方法についての情報収集をしました。Cさんの夫はとても弁が立つ人だったので、自分で交渉しては不利になると思ったCさんは、弁護士に交渉を依頼しようと考えました。

弁護士との初回相談の場では、離婚したいこと・3人の子どもの親権と養育費を獲得したいこと・子どものために有利な財産分与を実現したいこと、などを希望として伝えました。
Cさんの状況なら「退職金の一部支給」や「年金分割」についても交渉可能性がある、と弁護士に教えてもらったため、最終的にはそれらも含め夫との交渉を弁護士に依頼しました。

弁護士のサポートを得て、解決へ

交渉や書類作成を弁護士に代行してもらい、スムーズに決着

その後、家庭裁判所での調停をスタートしました。

Cさんの夫が「自分だけが悪いわけではない」と金銭的な要求をなかなか受け入れなかったため、養育費・財産分与に関する交渉は難航しました。

Cさんは当初、ローン完済済みの持ち家を譲って欲しいと希望していましたが、夫も「家は渡したくない」と譲らず両者の対立にはなかなか折り合いがつきませんでした。そこで弁護士は、現在の持ち家の価値を調べ、「家は夫に譲り、代わりに相応のお金を受けとって新生活を始めてはどうか」とCさんに提案。Cさんは「それならば」と提案を受け入れ、それが交渉の着地点となりました。

その他にも、婚姻期間を考慮した妥当な夫婦共有財産の分割案の提示や、子どもの貯金を財産分割対象とせず子どもに残す交渉など、弁護士は粘り強く話し合いを進めてくれました。

調停はひと月おきに何回も開催されましたが、交渉や書類作成を弁護士に代行してもらったため、Cさんは安心して条件を詰めることができました。その後、Cさんの夫が解決を急いだこともあり、途中で調停は取り下げとなりました。
調停開始から数えて約半年で協議離婚が成立となり、公正証書を作成して交渉は終了しました。

弁護士に依頼した結果

Cさん
  • 協議離婚の成立
  • 3人の子どもの親権を獲得
  • 希望額の養育費 (月13万円)を獲得
  • 退職金の一部支給を含む、納得の行く財産分与を決定
  • 将来的な年金分割の取り分を決定
かかった時間約半年間
かかったお金約120万円

離婚を決めた時には、親権を獲得できるか、希望額の養育費を払ってもらえるかなど不安でしたが、弁護士さんに依頼したことでうまく解決することができました。

担当してくれた弁護士さんは少し厳しい方でした。苦手意識を感じたこともあったのですが、後から思えば、その厳しさのお陰でよい結果を得ることができたのだと思います。特に、金銭関係に関してあまり損にならないように交渉してもらえたことが、子どもを育ててていく上で良かったと感じています。

Cさんの弁護士活用ポイント

弁が立つ夫との交渉を弁護士に代行してもらった

Cさんのように、離婚条件の交渉という慣れない状況に不安を感じる方は多くいらっしゃいます。相手に言い負かされそう・気が弱くて言いたいことが言えない……という場合には、法律のプロである弁護士に交渉を代行してもらうことで、ご自分に不利なことを口走ってしまったり・損になる条件でうっかり合意してしまったり……といった事態を防ぐことができます。

持ち家の所有権で揉めた際、
Cさんが損をしない第3の案を提示してもらった

ローンの返済が済んだ自宅について、Cさんと夫のどちらも「譲りたくない」と主張したため、意見が衝突してしまいました。このような場合に、経験に基づいて依頼者が損をしにくい代案を提案してもらえるのも、弁護士を活用するメリットです。
Cさんのケースに関わらず、「自分で調べただけではわからなかった知識や提案を得られたことにメリットを感じた」という依頼者の声は多くあります。

専門家の力を借りることで、
時間や気持ちに余裕を持つことができた

離婚調停は、約1~2ヶ月に1回程度のペースで進められます。
各調停の間には、次回の調停までに意見をまとめたり書類を準備したりする必要があります。また、調停は平日に開催されるため、特に平日仕事を持っている場合には精神的・肉体的に相当な負担を感じるケースが多いようです。
Cさんの場合は、弁護士の全面的なサポートを受けることができたため、比較的余裕を持って調停を進めることができました。

「弁護士に依頼してみようかな」と思ったら……

まずは気軽に法律相談をお願いしてみましょう。あなたの抱えている問題に対して法律観点での判断や、とれるアクションの選択肢、費用・期間の見通しなどをアドバイスしてもらえます。
初回相談の料金は30分5000~1万円程度が相場です。足を伸ばしやすいエリアで、あなたに合う弁護士を探してみましょう。

あなたの近くで「離婚・男女問題」を扱う弁護士を探す

弁護士費用の相場と選び方

離婚の弁護士費用の相場はいくらか?離婚問題を弁護士に依頼する際に知っておきたい基礎知識

離婚したい場合や慰謝料の請求がしたい場合には、訴訟にまで発展するケースも多く、弁護士に依頼することが多い分野となっています。弁護士に依頼する際に重...

離婚に強い弁護士の選び方

一口に離婚すると言っても、離婚の是非だけでなく、財産分与や慰謝料などのお金の問題、親権や養育費といった子どもに関する問題など、様々な問題が伴います...

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

おすすめの法律ガイド

離婚原因・離婚が認められる五つの理由

話し合いによって夫婦双方が納得して離婚する場合には、いかなる理由であっても離婚することが可能です。しかし、片方が離婚したいと思っても、もう一...

協議離婚・話し合いで円満に離婚するために

いざ離婚しようと決心しても、パートナーに切り出すタイミングや話し合うべきことがわからず、本当に円満に離婚することができるか不安に思うこともあ...

離婚と子どもの親権・監護権

未成年の子がいる夫婦が離婚をする場合に最も重要なのは、どちらが親権を持つかを決めることでしょう。親権者が決まっていなければ、離婚届が受理され...

養育費の相場や計算方法などの基礎知識

離婚は子どもに大きな影響を与え、時には子どもを不幸にしてしまうことさえあります。子どものために少しでも良い環境を整えてあげるならば、養育費を...

財産分与の相場や時効、調停の進め方

離婚する際にトラブルとなる原因の一つに、財産分与の問題が挙げられます。どのような財産が分与の対象になるのか、相場はどのくらいか、時効はあるの...

年金分割の割合や手続き方法

離婚、特に熟年離婚する際に最も重要なことは、年金分割の手続きでしょう。年金分割を受けられれば、離婚後の生活がグッと楽になります。年金分割は手...

退職金を財産分与する際の計算方法

財産分与を決める際には、退職金が対象になるかどうかで争いとなることも少なくありません。勤務期間が長い場合には、退職金の額も大きくなり、分与さ...

離婚したいと思ったら - 離婚方法・手続き・流れ

幸せになるはずだった結婚生活、始めてみたら相手の態度が急変した、小さなすれ違いが積もり積もって不仲になってしまった、パートナーに浮気されてし...

離婚・男女問題のトラブル体験談

DVを繰り返す夫から自由に

DV、親権、養育費、面会交流

性格の不一致から夫との生活が苦痛に

性格の不一致による離婚、うつ病、新居の処分

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 娘と「6年会ってない」父に親権認めた裁判、2...
  2. 「離婚後の養育費を1.5倍に」日弁連の新算定...
  3. テレ朝アナ「職場不倫」発覚…同僚の「秘め事...
  4. 「離婚後の養育費1.5倍に」日弁連、新たな算...
  5. ガッキー、ドラマ「逃げ恥」で契約結婚…扶養...
  6. 婚約者が「専業主夫になりたい」と退職したの...
  7. 「ダブル不倫」の法的リスク「いったん泥沼化...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

イチオシの弁護士